カメラ博物館
新規投稿者 MATIA  投稿日 6/15(日) 20:27:50  返信も含め全削除
そんなことより,ちょっと聞いてくれよ。
今日,カメラ博物館に行ったんです。半蔵門の。
そしたら,日本の歴史的カメラの中に,マミヤプレスがないんですよ。
マーシャルプレスはあったのに。
でわでわ。

返信 40 MATIA  投稿日 6/22(日) 01:42:41  削除
★大真面目さま

> 携帯電話のカメラは、どういった位置付けになっていくのでしょうか?

というか,コンパクトカメラ型ディジタルカメラの多くは,携帯電話のカメラ機能にとってかわられるのではないかと思われます。コンパクトカメラ型ディジタルカメラは,「充電し忘れた」というトラブルがありがちですが,携帯電話なら,基本的にみんないつも充電していますし。


★ゼットンさま

> 配慮だったのでしょう。

たぶん,そうでしょう。


> 現存してますか?

もちろんです。レンズは少し曇がはいってますけど(古いズイコーって,マミヤ6用に限らず,こうなのか?)。
http://camera.awane-photo.com/3/1/olym_w/



★kanさま

> そう考えると、今の電子カメラはあと何年使えるでしょうね

ディジタルカメラに至っては,どんなもんでしょうか?
メカニズムや回路は生きていても,専用バッテリーの寿命が尽きて,しかも供給停止なんて笑えない状況だって,十分に予想されます。


★れんずまにあさま

> Fって外国で大受けしたし、日本カメラ世界制覇の起点になったから
> 歴史的意味があるんでしょう。

マミヤプレスは,外国でウケなかったということか (^-^;


返信 39 大真面目  投稿日 6/21(土) 18:47:42  削除
>これからは、「初めて使うカメラがデジカメ」って人も増えるでしょうね。

>レンズ付きフィルムを「カメラである」とすれば,まだまだでしょう。

携帯電話のカメラは、どういった位置付けになっていくのでしょうか?
数でいったらかなりの台数が出ていると思うのですが・・・。
最近は100万画素のカメラを搭載しているものが出て話題になっていますが、
これから200万画素300万画素となっていくのでしょうか?
ちなみに携帯用のズームカメラも試作品が出来ているそうです。

返信 38 ゼットン  投稿日 6/21(土) 18:17:55  削除
おおお、オリンパスワイドも、名機50選に入っています。
でも、MATIAさんの年代にしては、古いカメラですね。

ピント合わせは目測ですが、F8で5mにセットすれば、2.5mから先がパンフォーカスになるから、失敗しないだろうというお父様の配慮だったのでしょう。

現存してますか?
返信 37 MATIA  投稿日 6/21(土) 16:00:29  削除
レンズ付きフィルムから,写真にハマるケースは多くないかも知れませんね。
むしろ,チェキとかからの方が多いかも(単にそういう気がするというだけですが)。

ちなみに,私が中学校の修学旅行に持っていったカメラは,なぜかオリンパスワイドでした。
露出は,F8の1/125にしておけばいい,とかなんとかそういうレベルだったような気が。
返信 36 ゼットン  投稿日 6/20(金) 17:19:55  削除
MATIAさま

>レンズ付きフィルムを「カメラである」とすれば,まだまだでしょう。

そっかー。レンズ付きフィルムを忘れてました。
でも、将来「思い出のカメラ」になれるでしょうか?
レンズ付きカメラがきっかけで、写真の道に入る人はいるかなあ・・・?
しかし最近は、ヒロミックスにあこがれて写真家を志望する女の子が多いそうですから、レンズ付きカメラもひとつのきっかけになるかも知れませんね。
操作としてはまったくプリミティブなだけに、逆に撮影だけに集中できるというメリットはありますね。

私が小学生校の修学旅行で、日光に行った時に持っていったカメラは、ペンタックスのS2でした。ペンタプリズムの上に、シャッター軸連動の外部メーターを載せていましたね。
カラーで20枚撮りを2本撮ったと思うのですが、まだ当時は写真に目覚めるまでは行ってませんでした。
返信 35 kan  投稿日 6/20(金) 12:07:53  削除
1968年にFを買いました。F1.4月などとても手がでず、F2.0でしたがそれでも52Kほどでした。20kにとどかない初任給の時代でしたから、それでも清水の舞台でした。

フォーカルプレンとペンタプリズム、クイックリターンミラーと巻き上げとマウント、これらがしっかりしていれば、100年前のカメラでも現役で使えます、もちろんミラーはワンウェイですが。まして50年に満たないFは最先端です。

そう考えると、今の電子カメラはあと何年使えるでしょうね、プレスやFは生き残っても、電子カメラは駄目でしょう。部品の供給はありえないし、あのペラペラの配線ではただの断線でも終わってしまいます。
完全機械式カメラの方が、耐久力でははるかに上ですね。特にプレスなどは壊れるところが無いから200年は使えますな。たとえシャッターが駄目になっても代わりはありますし、ソルントンシャッターでも写せますから。(実は実行しています)
返信 34 れんずまにあ  投稿日 6/20(金) 11:54:50  削除
Fって外国で大受けしたし、日本カメラ世界制覇の起点になったから歴史的意味があるんでしょう。マミヤRBもそうじゃないかな。
ニコンFはじつは触ったことがありませんで、私の初めての新品カメラはF3でありました。散々アルバイトした覚えがあります。最高級機だから、ではなくその当時ストロボTTL自動調光が使えるニコンマウントカメラはF3ただ一つだったので...
親父のFEで5年ばかし撮影してた頃、友人のF2はでかいだけで別に羨ましいとは思いませんでした。後に仕事場でF2など触るようになって、基本機能はいいなあ、と憧れます。多分Fも撮影するという基本原理は今のごてごてAFカメラと変わらないのでありましょう。銀塩フィルムあるかぎり現役を張れる機材ですね。
カタールとかバーレーンに飛ばされたらFかF2買っていこうと思っていました(笑)
返信 33 kan  投稿日 6/20(金) 10:18:48  削除
ベストカメラ50選にマミヤプレスが選ばれていないのはずいぶん前から知っていました。観光地の記念写真屋などで多く使われ、「職業写真家のパン」と呼ばれていましたから、いわゆる「映像作家」から低く見られていた証拠でしょう。そう言うマイナーさが今となっては貴重だと思います。マミヤは必要に対して真面目に取り組んで、見掛けはまったく考慮しないが機能は確かなカメラを作ったと思います。

ニコンFが自分で買った最初のカメラで、初任給の3倍以上でした。それ以来35年間二度のオーバーホールを経て、トラブルも無く今も一番信頼して実用にしています。ニッコールの画質が好きなわけではありませんが、今もメーカーでメンテナンスできるというのが心強いです。性能より信頼感という点と、高く売れるという実利があるから名機でしょう。ただそれがベストかと問われれば、イエスとは言えません。その時代の35ミリSLRとしての価値ですね。カメラに順列をつけるのは意味が無いとも思います。
返信 32 MATIA  投稿日 6/20(金) 07:44:20  削除
ゼットンさま

ニコンFが第一位というのは,そのころ活躍していた写真家の多くは,ニコンFの世代ということでしょうか。

また,アマチュア向けの雑誌ですから,アマチュアに興味のないカメラを取り上げてもしかたない,という意味もあったのかも (^-^; 写真家自身は,マミヤプレスになんらかの思い出があっても,編集サイドから注文がついたとか(そこまでしないか (^-^;)。


> 高校が横須賀にある学校だった

そうだったんですか。


> まあ、あるとしたら、学研の「科学」の付録でしょうなあ・・・。(ないと思うけど。)

「大人の科学」シリーズでやってくれないかなぁ・・・・(電子ブロック復刻版に興味があれども,ちと高いかも)


> あったら使ってみたいのですか?

ええ,実験は楽しい(笑)


> これからは、「初めて使うカメラがデジカメ」って人も増えるでしょうね。

レンズ付きフィルムを「カメラである」とすれば,まだまだでしょう。
昨日,鎌倉近辺を通りましたが,修学旅行か遠足っぽい小学生っぽいこどもたちは,みんな「レンズ付きフィルム」を使っているように見えました。

大人たちは・・・・・キヤノンEOSが目立ちますね (^-^)


> 50年後に語られる「私の思い出カメラ」にリストアップされるのは、

わたしには,やはり,マミヤユニバーサルプレス,ニコマートFT,ニコンFM,これらは忘れられないでしょう。

返信 31 ゼットン  投稿日 6/20(金) 06:55:15  削除
カメラレビューネタの続きです。

いい話と悪い話。

件の29人のアンケートでは、18人がニコンFをリストアップしており、アンケート第1位だそうです。

一方、「名機50選外カメラ総まくり」というページが後半にあり44機取り上げられていますが、そこにも!マミヤプレスは登場しません。
馬男プレス、マーシャルプレス、コニカプレスも出てこないので、アマチュアにあまり関係のないカメラは取り上げなかったんでしょうね。

ですが、表紙写真のコラージュの中には、マミヤプレスが写っています!RBも。
おそらくは撮影小道具として、表紙を取ったカメラマンの所有機なども含めてレイアウトしたのではないでしょうか。
それとよく見ると、ライカはじめ外国カメラも多数写っていたりして・・・。
このあたりは銀一から借りてきて、員数あわせをしたようですね。
返信 30 ゼットン  投稿日 6/20(金) 01:40:28  削除
個人的郷愁にふけってしまって恐縮なのですが、高校が横須賀にある学校だったので、三笠は懐かしいですね。
はじめて行ってみたのは中学の時だったかな?三笠の脇から出る船に乗って、向かいの猿島(トーチカの跡がある無人島)にも、何度か行きました。

>じゃ,トヨビューとか,タチハラとか,ニコンF様も選ばれないべきではないかと思われ。

いやいや、ニコンFは選ばれてますよ。これが名機50選から落ちたら、抗議の電話がかかってくるのでわ?某信者会あたりから・・・。(w

>トウゴーカメラのようなカメラおよび薬品などのセットって,今では売られていないんでしょうかねえ・・・・・?

・・・・
まあ、あるとしたら、学研の「科学」の付録でしょうなあ・・・。(ないと思うけど。)
あったら使ってみたいのですか?
トウゴーカメラがヒットした理由は、即時性、簡便性だと思うのですが、現代ならさしずめデジカメがその機能を有しているのではないでしょうか?
私もはじめてデジカメを使った時は、カルチャーショックがありました。
これからは、「初めて使うカメラがデジカメ」って人も増えるでしょうね。
50年後に語られる「私の思い出カメラ」にリストアップされるのは、果たしてどんなカメラでしょうか?
返信 29 MATIA  投稿日 6/19(木) 20:48:45  削除
ゼットンさま

へい,三笠公園のすぐそばにも用事があって行きましたので。
まあ,「三笠」と東郷元帥は,日本史の重要タームでしょう。

ところで,マミヤプレスが「日本のカメラ名機50選」に入らないとわ (T^T)
やはり,趣味性の薄い,業務用,実用一本槍な存在だったんでしょうかねえ。
じゃ,トヨビューとか,タチハラとか,ニコンF様も選ばれないべきではないかと思われ。

> 思えば、こんなにも話題に上りにくいカメラも珍しいかも。

ですねえ。
ということで,我々でマミヤプレスの本など自費出版しますか?(笑)


kanさま

参考になるURLの紹介をありがとうございます。


ところで,トウゴーカメラのようなカメラおよび薬品などのセットって,今では売られていないんでしょうかねえ・・・・・?
返信 28 れんずまにあ  投稿日 6/19(木) 20:38:38  削除
検索サイトでも、マミヤプレスを主体に据えたファンクラブサイトは世界でここだけです。
しかしマミヤプレスって昭和50年以前生まれの中判好きなら皆一度はお世話になったはず。改造ベースとしても確固たる地位を占めて21世紀にもパーツが高額で取り引きされる、これを名機といわずして何と言うのか!!
返信 27 ゼットン  投稿日 6/19(木) 17:32:36  削除
そんなことより、ちょっと聞いておくんなまし。

そのカメラレビュー創刊号は、「日本のカメラ名機50選」という特集なのですが、フジカG690、バケペン、コンバーチブル馬男、ボロニカEC、それにハセミのフィールドまで出てるのに、マミヤプレスは取り上げられていない!
マミヤで取り上げられているのは、マミヤシックスとCシリーズです。
50選を選ぶに当たって、おそらく参考にしたと思われる、当時の写真関係者29人のアンケートが載っているのですが、各人10機ずつあげてもらっているのに、だ、だ、だれも、マミヤプレスを推薦してる人がいません!
やっぱな〜、マミヤプレスって、業務用カメラで作画用カメラって認識ではないんですかねぇ。
ちなみにマミヤシックスは、29人中、12人が名前を挙げています。

やっぱ、マミヤプレスは非歴史的カメラなんですかねぇ。
思えば、こんなにも話題に上りにくいカメラも珍しいかも。
返信 26 ゼットン  投稿日 6/19(木) 17:01:56  削除
MATIAさま
>東郷元帥にあやかった名前ですかねえ?

飲尿、もとい、引用になりますが、カメラレビューによりますと、トウゴーカメラの由来は会社創立者のうちの一人が鹿児島出身だったため、東郷平八郎元帥にちなんで付けられたそうです。
ですんで、ミカサは戦艦三笠でしょうね。
カメラの名前については、一時当局から改めるように命じられたそうですが、元帥の許可を得て、特に許されたらしいです。

MATIAさん、三笠も見に行ったのですか?
返信 25 kan  投稿日 6/19(木) 10:33:58  削除
東郷堂など日本のマイナーカメラはJapan Family CameraのHiroaさんか、Range Finderのビュッカーさんあたりなら詳しいのではないですか。特にHiroaさんは凄まじい台数を集めて研究していますから判るでしょう。あまりに多くてどこにあるかわからないですが、このページにも東郷堂のカメラが一つ出ています。おそらくご本人は一杯持っているのでわかると思います。ただ今多忙だそうで、質問してもすぐにレスがつくかどうか判りませんが。

http://www.asahi-net.or.jp/~rd2h-ari/OTHERS_LIST.htm
返信 24 MATIA  投稿日 6/19(木) 07:23:53  削除
ゼットンさま

トウゴーカメラですが,「ミカサ号」ってのは,横須賀に保存されている旗艦「三笠」に由来すうんでしょうかねえ?で,「トウゴー」ってのは,その前に銅像の立っている,東郷元帥にあやかった名前ですかねえ?昭和初期という時代を考えれば,そういう名前の付け方も十分ありえるのではないかと。
返信 23 ゼットン  投稿日 6/19(木) 05:06:34  削除
トウゴーカメラ(ローマ字だとTOUGO CAMERAと表記されてます)の話は、ネットで検索するとやはり、「思い出のカメラ」「写真に興味を持つことになったきっかけ」という話が出てきますね。
昭和初期の話なので、もちろん私の思い出カメラではありませんが、たまたま買ったカメラレビュー創刊号(これを買ったのは昭和52年なので、こちらのほうが「思い出の本」になってますが)に出ていたので、記憶していました。

れんずまにあさんのおっしゃる通り、赤い現像液と緑の定着液のセットになっていたようですね。夜店などで売られていたようです。
記事によると、ミカサ号、スピード号、ファースト号、ヒット号、ライト号、ジャバラ付きタイプなどがあったようです。
一番安いやつで付属品ひとそろい付きで1円だったそうです。
引用ですが、トウゴーカメラの説明書には、
「上品な趣味は人格を向上し、良い娯楽は人生を明るくいたします。カメラの楽しみは人生に於ける最も良い伴侶であり、趣味深い記念を残します。」
と書かれていたそうです。
みなさんも、「人生に於ける最も良い伴侶」は1番がカメラ、2番が奥さんという人が多いのでわ・・・?(^_^;)
返信 22 MATIA  投稿日 6/18(水) 23:39:19  削除
ゼットンさま

たしか,そんな名前だったような気がします。
東郷堂ですかね?(HOBIXとかを発売したとこでしたっけ)


れんずまにあさま

そのへんまでは,説明がなかったです (^-^;
返信 21 れんずまにあ  投稿日 6/18(水) 17:46:44  削除
明室現像つっても、薄暗い電灯光の下で、真っ赤に着色された現像液でオルソクロマチックの印画紙を現像するんでしょ?
返信 20 ゼットン  投稿日 6/18(水) 17:16:21  削除
>明室現像のできるフィルムなどとセットで売られたカメラ

トーゴーカメラのことですかね?


返信 19 MATIA  投稿日 6/18(水) 15:48:29  削除
kanさま

ISO6ですか,ありがとうございます。
フジのアートエマルジョンも,似たようなものかしら?

で,カメラ博物館には,明室現像のできるフィルムなどとセットで売られたカメラも展示されていました。画質はイマイチだが,これで写真にハマった人も多かったはず,みたいなコメントがついていましたね。

また,堆錦カメラ関係の展示のまわりでは,「頭を固定する器具」のついた椅子も展示されていましたよ。
返信 18 kan  投稿日 6/18(水) 09:30:43  削除
リキッドライトは印画紙並ならISO6程度ではないでしょうか。シルクスクリーン用のジアゾ化合物なら太陽写真並みの感度ですが、暗室無しでも使えますね。数十分体を止める道具が必要でしょう・笑
返信 17 MATIA  投稿日 6/18(水) 07:20:00  削除
れんずまにあさま

近代インターナショナルの「リキッドライト」は,おもしろそうですね。
その場合,感度はどれくらいのものと考えればいいのでしょか?
返信 16 MATIA  投稿日 6/18(水) 07:16:57  削除
kanさま

なるほど,明治20年代の湿板写真とは,たしかに貴重なものですね。
そして,博物館に寄贈,という方法がありましたか・・・。
いえ,私の父親の叔父にあたる人が亡くなったとき,その人が撮った昭和初期のムービーフィルムが大量にでてきたらしく,映写機をどこかから借りてきて,親戚の間で上映して回っていたことがありました。あのフィルム,どこかに返したらしいのですが,博物館とかできちんと保管してもらった方がいいのかな?という気もしたりします。

ゼットンさま

そうですか,ネコですか(笑)

返信 15 kan  投稿日 6/17(火) 23:46:33  削除
「祖父が写っている写真」です。御本人は機械音痴でしたからカメラには縁がありませんでした。明治20年代初頭と30年代のものです。幼い頃の祖父の写真とか、東京から箱根を越えてのサイクリングの記念写真なんてのが残っています。
母の方がカメラに縁があり、バルダとかツァイスのセミとか数台残っています。この時代(大正から昭和初期)の女学生でカメラを持っていたのは珍しいようです。
返信 14 ゼットン  投稿日 6/17(火) 22:39:59  削除
そういえば、私のところに父が残したガラス原板がたくさんあります。
カメラは何を使ったのかは不明です。
ベスト版と思われるネガもあるのですが、こちらは虫が食ったり傷みが出ています。
ガラス原板は整理しようと思いつつ、自分の写真すら整理できていないので、そちらまで手が回りません。

MATIAさま
>なんか最近,えらく早朝が多いですね。。。

バレてましたか。σ(^◇^;)
4時とは人間の起きる時間ではありませぬ。
猫の起きる時間なのです。
猫腹減る>起きる>人間起こす>人間眠くて起きない>猫にゃあにゃあ鳴く>それでも起きない>猫枕元に来て人間引っ掻く>仕方なく起きる>時計を見ると4時半・・・

で、餌やって、ついでにPCのスイッチを入れるのでした。
返信 13 MATIA  投稿日 6/17(火) 18:57:21  削除
kanさま

細かいことですが,その湿板写真は,「御祖父様が撮影した作品」なのでしょうか,「御祖父様が写っている作品」なのでしょうか?

ゼットンさま

なんか最近,えらく早朝が多いですね。。。

返信 12 れんずまにあ  投稿日 6/17(火) 08:27:30  削除
kan様失礼、よく拝読したら銀板ではなくガラスに感光剤を塗布した湿板写真のネガを反射で反転するタイプですね。何故銀板なのに引き延ばし機にかかるのかな?と疑問に感じちゃいました。勘違いでした。
返信 11 れんずまにあ  投稿日 6/17(火) 01:52:54  削除
kan様御祖父様の銀板写真とはすごいですね。
幕末から明治初期に掛けてのものですか。たしか沃素と水銀蒸気で現像するのでしたっけ。すばらしい限りです。おそらく銀を直接使った写真は何百年も残り続けることでしょう。色素画像はもろく、さらに電子画像ははかない。
ジョークで数千年後地球を訪れたエイリアンが人類の遺跡を発掘したが21世紀の記録は何一つ残っていなかった。CDなど光学記録体はすべて劣化して読めず、辛うじて紙は部分的に判別できるが風化が激しい。しかし紀元前の記録は克明だった。石に彫られた碑文はすべて解読できた。ちゅーのがあります。笑えませんねえ。
返信 10 れんずまにあ  投稿日 6/17(火) 01:45:16  削除
ガラスは特別に平面性がいい写真用のものがあったそうです。
湿板写真の後に、感光剤を予め塗布して乾燥させた乾板写真がロールフィルム登場まで続きました。連続撮影のための乾板10枚装填チェンジャーもありました。
乾板は今でも高度の平面性を要する撮影や、特殊な感光波長をもった材料として現行です。
また多様なマテリアルの上に塗布して乾燥後感光材として使用できる薬液*が販売されています。元来焼き付け用なので感度は非常に低いでしょうが、写真用ガラスに塗布すれば乾板の真似ができるかもしれません。オルソクロマチックで低感度も昔をしのばせますよ。
*近代インターナショナル,「リキッドライト」
返信 9 kan  投稿日 6/17(火) 01:11:53  削除
湿板カメラと作品を持っています(写真は祖父のものでした、地元の博物館に寄贈しました)
湿板は銀系の薬を調合して現場で塗りつけ(もちろん暗室にて)それをカメラに装填したようです。祖父の初期の写真(110年ほど前)は起毛紙のようなベルベットの貼られた箱の中に入れて、銀面の反射で逆転して見るようになっています。見る角度は難しいですが、確かに見えます。上野池之端の写真館で撮影となっていました。薄いですが今もそのまま引延し機にかければプリントできます。
しっかり処理されたものは、デジカメのデータよりずっと強いのではと思います。
返信 8 かず  投稿日 6/16(月) 23:54:43  削除
>カメラ博物館?アホ抜かせ、カメラがわからない奴発表会だよ、まったく!
以前、書き込みましたが常駐の学芸員(?)の方には聞いても、解らないわで聞いても無駄のように感じますね。あそこに書いてある説明も眉唾物かも??

うーん、以前見たガラスのフィルムは湿板カメラで撮るのですね。フィルムが手に入らないのは解ってても、湿板カメラを購入してみようかな??
って、昔の初期の活版外の印刷の用に、ガラスを一生懸命削るんじゃ無いんですよね??
返信 7 ゼットン  投稿日 6/16(月) 22:44:25  削除
しもた!

「どてんかいめい」で、合ってるやんけ。
昔が、「めいかい」だったんか。(^_^;)

酔っぱらってるんで、メンゴ。
返信 6 ゼットン  投稿日 6/16(月) 22:36:06  削除
ああん?
いってぇ〜、ぜんてぇ〜、何の話だい?

ついきん?
「ついきん」てぇと、「ついきんちかもくどてんかいめい」ってやつぢゃあねぇのかい?
あのよぉ、おれっちがガキのころはよぉ、確かそう習ったはずなのによぉ、それがおめぇ、いつの間にか「どてんめいかい」になっちまいやがってさ。
ええっ!どうしてくれるんだよっ!
責任者っ、出てこい!

>ええかげんにしなさい!
おかあちゃん、ごめん。
返信 5 MATIA  投稿日 6/16(月) 06:47:41  削除
わいおかさま

続きもお願いします(w

kanさま

コレにはフォーマットがありますので,誰にでもできます(w

かずさま

堆錦(ついきん)カメラですが,湿板カメラではなく,銀板カメラ(ダゲレオタイプ)のようです。詳しい説明は覚えていません f(^^;
1台は,三脚も残っていたとのことです。
返信 4 kan  投稿日 6/15(日) 22:24:05  削除
続けます

大体マーシャルプレスなんて、あのニッコールだぜ、わかってんのかよ〜〜
マミヤプレスとどっちがたくさん売れたか調べてみろよ
これじゃあハーフカメラはチャイカだけ並べてるようなもんだ。

カメラ博物館?アホ抜かせ、カメラがわからない奴発表会だよ、まったく!


なんてとこでしょうか、日ごろ上品なので、
この手の書き込みは真似をするのにも疲れます・笑
返信 3 かず  投稿日 6/15(日) 22:22:24  削除
 で、来週までの企画展「日本カメラ(雑誌じゃないです)創生展」の堆錦(ついきん)カメラ成る物ははどんな物でしたでしょうか??案内状ではボックスカメラのような写真ですが。フィルムは以前見た、ガラス板なのかな??
返信 2 わいおか  投稿日 6/15(日) 22:09:00  削除
MATIAさまの書き込みをアレンジしてみるテスト。

そんなことより,ちょいと聞いてくれよ。
今日,カメラ博物館に行ったんです。半蔵門の。
そしたら,日本の歴史的カメラの中に,マミヤプレスがないんです。
で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、プレスカメラの代表マーシャルプレス、とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、マーシャルプレス如きで普段来てないカメラ博物館に来てんじゃねーよ、ボケが。
なんか親子連れとかもいるし。親子4人でカメラ博物館か。おめでてーな。
よーしパパ帰りにマーシャルプレス買っちゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、アサヒカメラ1966年9月号ニューフェース診断室のコピーやるから、マミヤプレスも飾れと。
プレスカメラってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
ヤフオクでGアダプター競り落としたヤツといつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。


・・・難しくなってきたので、続きは次の方に任せます。
返信 1 MATIA  投稿日 6/15(日) 20:29:47  削除
ちなみに,昨日は岡本太郎美術館へ。
今日の午前中は,ちひろ美術館へ行ってました f(^^;


一覧へ戻る】 ※最新の画面を表示するには再読み込みしてください.

以下は広告です。