巨星逝く
新規投稿者 スポック  投稿日 2021/04/20(火) 22:41:19  返信も含め全削除
awane総帥閣下から哀しいお知らせが来ました。

マミヤプレスファンクラブ掲示板でお世話になっていた,
kanさんの訃報がありました。

返信 7 スポック  投稿日 2021/04/20(火) 23:25:53  削除
誤:マミヤプレスオートマットを貸してくれました。
正:マミヤシックスオートマットを貸してくれました。

↓訂正(返信 4 )
返信 6 スポック  投稿日 2021/04/20(火) 22:52:01  削除
続きです。

それから何日かしてKanセンセからカメラが返送されて来ました。
何と3台ともレストアに成功したと書かれていました。
1台目 = レンズを分解して研磨した。それと蛇腹の修復もした。
2台目 = 簡単な整備だけで完調に。外観を気にしなければ問題無し。
3台目 = ガバナの清掃と注油でシャッターは復帰した。
3台目の方がきれいなので、2台目を貰っとくということで、
2台のマミヤシックスオートマットが完全な状態で戻って来ました。
正確には1台目は研磨によってコーティングが失われていますが、
私が「出来るだけ部品を活かして欲しい」というお願いをしたので、
それを汲み取っていただいた最善の結果でした。

これらのレストアの記録は"Kan's Room V" に詳しく書かれていたのですが、
残念ながら、もう読み返すことは叶いません。

私がずっと使っていたマミヤシックスオートマットは、
父親の形見の品になるはずのカメラです。
その父親より先にKanセンセが他界されるとは・・・
Kanセンセにレストアしていただいたマミヤシックスオートマットは、
Kanセンセの形見の品にもなりました。私の宝物です。
ずっと、ずっと、たぶん私が死ぬまで、大切にします。
合掌
返信 5 スポック  投稿日 2021/04/20(火) 22:48:17  削除
続きです。

この掲示板でKanセンセと出会いました。
Kanセンセはレストアの大家であられることはすぐに判りました。
そこで恐る恐るメールを書いて次のような相談をしました。
(その直前に3台目のマミヤシックスオートマットを格安で買いました。)

相談(お願い)内容

不具合のあるマミヤシックスが3台あるのですが、
そこから良さげな部品を集めて実用レベルの2台にまとめて欲しい。
1台目 = レンズが白濁している。
2台目 = 貼皮がボロボロ。
3台目 = シャッターが引っ掛かる。
「1台目」は父親の形見なので、可能な限り部品を活かして欲しい。
「2台目」と「3台目」はドナーとして買ったので、どうなっても良いが、
できれば2台目として活かして欲しい。この2台目はKanセンセがお使いください。
なお、父親の形見と書きましたが、父親はまだ生きています。
それでも、将来間違いなく「形見の品」になると思います。

このように、こちらの都合ばかり書き連ねたのですが、
「とにかく送ってみろ」というお言葉に甘えて、
ニコイチならぬサンコニのお願いをして3台を送りました。

続きます。
返信 4 スポック  投稿日 2021/04/20(火) 22:45:05  削除
私の個人的な思い出話で失礼します。

私が初めて使ったカメラはオリンパスペンだったのでした。
このカメラは文句無しに使いやすく初心者には良かったのですが、
当時のネガフィルムでハーフサイズはさすがにきつく、
キャビネくらいでも粒子が目立ってしまいました。
それで私が文句を言うと親父が昔使っていたという
マミヤプレスオートマットを貸してくれました。
このカメラは中判としては使いやすいカメラだったのですが、
さすがにオリンパスペンのようなわけにはいきません。

それでも四苦八苦しながらも使いこなして、私のメインカメラになりました。
大学に入学したときにニコンFEを買ってもらって以後のメインカメラになったのですが、
それでも「ここ一番」というときにはマミヤシックスで撮っていました。
後年、中古のマミヤプレスを買うまでは、私の「とっておき」でした。
マミヤプレスは 6x9 なので、それを買ってからは、マミヤシックスの出番は無くなりました。

何年か経ったある日のこと、久しぶりにマミヤシックスを取り出して見ると、
レンズが完全に白濁していました。レンズクリーナーでは曇りは取れませんでした。
懇意にいsていたカメラ屋さんに聞くと、諦めるしかないと言われました。

マミヤシックスオートマットは中古市場でも結構な人気機種で、
中古相場も同クラスのカメラとしてはかなり高額でした。
ところが、皮貼りがボロボロになった中古品が格安で売られていました。
レンズはきれいだったので買って帰り、いつか載せ替えようと目論みました。
ただ、レンズの移植となると、生半可な技量で出来る話ではありません。
いつか自分にも、そんなことが出来る日が来たらやろうと思っていました。

続きます。
返信 3 スポック  投稿日 2021/04/20(火) 22:43:54  削除
Kanセンセのカメラに対する評価は総じて辛口で、
たとえ一流メーカーの高級機でも良くないものは一刀両断に切り捨てられました。
ところがマミヤプレスに対しては非常に高い評価をしてくださりました。
特に堅牢さや耐久性については、
「車で轢くくらいのことをしなければ、ほとんど壊れるところがない」
とまで書かれていました。

当マミヤプレスファンクラブについても、
「ここで判らないことは、メーカーでも判らないだろう」
と最上のお褒めをいただきました。
返信 2 スポック  投稿日 2021/04/20(火) 22:42:56  削除
現在はもう拝見することも叶いませんが、
生前 "Kan's Room V" というサイトを開いておられました。
そこに書かれていたものは幅広く奥深く、とても読み切れませんでしたが、
中でも私にとって興味深ったのはカメラレストアの記録でした。
幅広い機種もさることながら、
普通の人なら投げ出してしまうような酷い状態のカメラでも、
やりくりしながら実用レベルにまで修繕してしまわれる技量と情熱は、
ただただ感嘆するばかりでした。
返信 1 スポック  投稿日 2021/04/20(火) 22:42:22  削除
Kanセンセは当掲示板にも数多くの書き込みをいただきました。
いずれも奥深い知識と豊富な経験に裏打ちされた有意義なものばかりです。
あまりに早過ぎる御逝去は残念至極ではありますが、
御生前の御高徳に深謝いたしますとともに御冥福を心より御祈り申し上げます。
合掌

返信する

パスワード

一覧へ戻る】 ※最新の画面を表示するには再読み込みしてください.

以下は広告です。