リスフィルムで撮影
新規投稿者 れんずまにあ  投稿日 2019/01/19(土) 22:12:53  返信も含め全削除
リスフィルムってご存じでしょうか。

印画紙並みに低感度のモノクロネガフィルムです。
昔、暗室で印画紙の代わりに引き伸ばし機でリスフィルムに露光して得たネガ像をさらに印画紙に密着焼きし、合成やアート的作品に使う用途だったと思います。
サイズは4x5からそれ以上だったはず。
私は使ったことがありませんでした。
そして、何年も前にほとんどの銘柄が生産中止になったはずです。

最近期限切れのコダック製Kodalith Orthoという35mmフィルムを取り寄せました。
35mm判があったことにまず驚きました。
私が知っている用途には、もっともそぐわないフォーマットです。

さて、ネットは偉大なもので、これをカメラに詰めて一般撮影されている方がおられますね。EI6くらいだそう。
私も真似してみたくなりました。
最近ミニコピーやテクニカルパンをかじっていて、低感度フィルムに抵抗がなくなっていましたし。

返信 6 kan  投稿日 2019/02/23(土) 11:40:23  削除
投稿しようとしたらPC変更でクッキーが移行せず、パスワードを
求めたら届かずでタイミングを失ってしまいました。Awane様の
お手配で何とか復帰です。

コダリス、10年位前にいろいろやって、薄めたので感度設定を守って
写すしかないなと思ったところでとどまっています。まだどこかに
フイルムは残っていますがもちろん駄目でしょう。
確かに圧倒的な粒状性はちょっと魅力ですが、スナップしにくいので
私にはほとんど用途なしでした。
返信 5 れんずまにあ  投稿日 2019/01/31(木) 00:44:24  削除
いつか使おうと確保していたキヤノンの手ぶれ補正35mmf2をEOS620に付けて、ISO6対策。
2段分の効果がえられるとして1/8秒が1/30秒相当、ISO25相当の使い勝手に。
結局慎重にシャッターを押すべきなのはいわずもがな。
返信 4 れんずまにあ  投稿日 2019/01/23(水) 21:41:19  削除
ふくちょうさま、誰も興味を抱いてくれないかもしれない独言に、温情レスを頂いてありがとうございます。

>> 感度6でAEできるカメラ
> 私の手元にあるカメラではニコンF2フォトミックとF2フォトミックAはASA6まであります。
> フォトミックS系は確認していませんが、後で実家へ行くので確認してみます。

EEコントロールユニットですか、私持っていません(爆
いや、測光系をもつマニュアルカメラであれば、例えば25で測光して出た目から2段落とせばいいのでそれほど悩む必要はありません。
絞り優先AEを持つカメラでASA6まであるのは非常に少ないということです。

仰るように、マニュアルを前提にしたら何の問題もありませんね。
極論すれば、単独露出計でもいいのですが、撮影が軽快ではなくなりますね。気合いを入れた撮影ならそれでもいいのですが、ちょいと出してちょいと撮るとなると億劫で。

> モードラを付けていなければもちろん手巻きです。

F, F2系のモードラ持ってないんですよ...

> 明るいレンズも揃っているので条件が良いかも知れません。

これはちょっと拘りがあり、コピー系フィルムの解像力はレンズの解像力を上回っていますから、そのレンズの最高平均解像力が出る絞りで撮影しようと考えています。
たいていのレンズは、中心の解像力はf2.8-4くらいで最高になりますが、四隅まで締まった像を望むならf8-11くらい(一部の高性能レンズはf4-5.6くらい)に絞る必要があります。

つまり、あまり明るいレンズを付けても結局f8に絞ってしまうので明るくする意味がありません。
勿論明るいレンズは高級な構成で、絞った時の性能も素晴らしいので、そういう意味では条件がよいと言えるかも知れませんが。
返信 3 スポック  投稿日 2019/01/20(日) 12:58:30  削除
れんずの神様

非常に興味深いお話をありがとうございます。
これほど濃い話は他ではなかなか聞けません。

> 感度6でAEできるカメラ、他にも探せば沢山あるかもしれませんね。
> ただ自動巻き上げはちょっとやばかった。
私の手元にあるカメラではニコンF2フォトミックとF2フォトミックAはASA6まであります。
フォトミックS系は確認していませんが、後で実家へ行くので確認してみます。
モードラを付けていなければもちろん手巻きです。
明るいレンズも揃っているので条件が良いかも知れません。

返信 2 れんずまにあ  投稿日 2019/01/19(土) 22:24:57  削除
で、カメラ側が問題です。非常にラチチュードが狭い、というか自然光での撮影は考慮されていないので、露出計は内蔵されている方が便利。願わくばAEであれば嬉しい。

ところで、感度6でAE出来るカメラ、探すとなかなか無いんですよ。
今のところ、EOS620は出来ます。

ニコンF3はASA感度12までしかありません。
コンタックス139Qは25、オリンパスOM1も25です。
露光補正マイナスにすればいいだろうって?
試したわけではありませんが、感度の両端って露光補正が制限されるカメラが多いんです。
最小値が25なら、さらにマイナスには出来ないかもしれません。
上のカメラがそうとは言いませんが試していませんので...

EOS620は、感度6にしたままブラケット3枚できます。つまり自動でEI3, 6, 12 の露光ができる。便利。
感度6でAEできるカメラ、他にも探せば沢山あるかもしれませんね。

ただ自動巻き上げはちょっとやばかった。スプールにフィルムをテープで貼り付けてたら、最後スプールからもぎ取って巻き上げちゃった。四苦八苦してダークバッグ中で剥がせましたが、マニュアルカメラのような巻き取りスプールが見えているカメラならそうなっても剥がすの簡単ですが、オートロードのカメラはスプールが見えていないので、内部に巻き込まれたままテープがくっついてたら、引き出せなくなる所でした。
もう620怖いから他のカメラ探そうとしたら、感度6があるカメラってあんまり無いんだなとわかったので投稿。
返信 1 れんずまにあ  投稿日 2019/01/19(土) 22:13:38  削除
ネット情報で得たミクロファイン2倍希釈5分ではEI6出ますがガチガチの硬調。現像時間を短縮すれば多少諧調はでるかもしれませんが、感度低下は不可避です。

ミクロファイン3倍希釈では硬調なのは改善せず、最大濃度が薄くなるのでこれ以上薄めるのは無理っぽい。
ミニコピーで使っているロジナール超希釈なら、諧調と感度を両立できますが、黒が黄褐色になってしまう。まあ焼けますが。
チャートテストではEI6が適正でしたが、実写では暗部を出そうと思うとかなり厳密な測光が必要でした。
粒状性は素晴らしいですね。EI25出るミニコピーが十分凄いので比較は意味がないけど、少なくともミニコピー同等かそれ以上かな。
わざわざEI6のフィルムを使う意味はないですね。ここからは趣味の世界です。

返信する

パスワード

一覧へ戻る】 ※最新の画面を表示するには再読み込みしてください.

以下は広告です。