「チェキ」は,フィルム界さいごの希望か?
新規投稿者 MATIA  投稿日 2016/09/13(火) 19:57:38  返信も含め全削除
最近,フィルム関係では,価格の見直し(値上げ)やラインアップの整理(廃番)が相次いでいます。
そんななかで,「チェキ」だけは元気がよいらしいですが。。。。

返信 17 MATIA  投稿日 2016/09/27(火) 19:43:36  削除
PENTAX 645Dには,従来のPENTAX 645シリーズのレンズが使えるようですね。
これは,中判フィルムカメラから,中判ディジタルカメラへ移行できる,大きなアドバンテージかと思われます。

Mamiya ZDは,時期尚早だったのでしょう (^_^;

それだけにフジのは,マウントアダプタ遊びの母艦として注目されるのではないかと。
返信 16 れんずまにあ  投稿日 2016/09/25(日) 11:53:53  削除
>そのうち「中判フルサイズ」なんて謳うデジタルカメラが出てくるかも。

来年の4/1に出るんじゃないですか。

仰せのとおり藤はちと中途半端なフォーマットですね。
まあペンタ645Dの画質評価を見ると、それでも現在の24x36フォーマットカメラよりアドバンテージがありそうですが、これまた逆転もあるでしょう。
多数枚ステッチの回数が減るかなとも考えましたが、それに大枚払うのもなあとか。
APS-C同様、過渡期の製品という印象。
金銭的なことを無視しても、少なくとも6x4.5が出るまでは、手を出さないかなあ。
返信 15 スポック  投稿日 2016/09/25(日) 11:14:05  削除
MATIA大元帥閣下

> マウントアダプタ経由で各種中判カメラ用レンズを楽しむ母艦としての用途
なるほど、そういう用途もありますね。

ただ、それならなおさら、センサ板の大きさが中途半端に感じられますね。
周辺が切れてもいいのなら、(画角が狭くなっていいなら)
マウントアダプタ経由で使えるデジイチやミラーレスが山ほどありますから。
切られてしまう周辺部が比較的少ないので、それが「許せる範囲」なのか?
それとも「五十歩百歩」なのか?捉え方によって、
このカメラの存在価値が決まってくるのでしょうね。

そのうち「中判フルサイズ」なんて謳うデジタルカメラが出てくるかも。
返信 14 MATIA  投稿日 2016/09/24(土) 06:35:41  削除
フジのあれは,一眼レフではなくいわゆる「ミラーレス」ですから,マウントアダプタ経由で各種中判カメラ用レンズを楽しむ母艦としての用途が流行りそうに感じます。

まあそれでもニッチ的なものであり,数は知れているような気が。
返信 13 スポック  投稿日 2016/09/23(金) 22:45:29  削除
MATIA大元帥閣下

> 全体に小さいほうにシフトしている,とすれば,
でもまぁ、フィルムをセンサ板に置き換えた上で、呼び方を継承しているのですから、
中判と言えば、フィルムの中判と同じ大きさでなければ、理屈が通りませんよね。

ところで、フジGFXとかライカSのような、なんちゃって中判デジタルって、
どんなメリットがあるのでしょうね?

35mmフルサイズなら、フィルムカメラ時代に構築した膨大なシステムを継承できるという、
極めて大きなメリットを享受できるのですが、
それより少しばかり大きくして、まぁその分だけ画質も向上しているのでしょうけど、
交換レンズからナニから全部買い直しになりますでしょ。
そのデメリットを甘受してまで買ってくれる人がどれくらいいるのでしょうね?
もし大して数が売れないとなれば、次機種に対する投資も抑制されてしまうワケで、
すると、次かその次くらいの世代になれば、画質で逆転されることは必定になります。
勝算があるようには、到底思えないんですけど。
返信 12 MATIA  投稿日 2016/09/23(金) 02:16:21  削除
副長様

全体に小さいほうにシフトしている,とすれば,たしかにまあ中判カメラ相当ということでしょうか。

44mm×33mmというサイズだけ見れば,「ベスト半裁判」相当ですから,中判と呼ぶには少々抵抗を感じますね(^_^;
返信 11 スポック  投稿日 2016/09/22(木) 23:01:11  削除
誤:全体的が小さい方にシフトしていると考えると、やはり、まぁ中判なのかな?と。
正:全体的に小さい方にシフトしていると考えると、やはり、まぁ中判なのかな?と。
返信 10 スポック  投稿日 2016/09/22(木) 22:59:11  削除
MATIA大元帥閣下

> 大判ディジタルがないのに,中判ディジタルがあってよいのか?
> という疑問があるわけです。
マミヤやハッセルはフィルムサイズとしては中判ですが、
デジ(デジバック)としては大きいので、それを大判デジタルと定義するなら、
今回のフジやライカSは、それらより小さくて、
35mmやフォーサーズよりは大きいので、中判なのかな?とか、

コンデジや携帯電話のイメージセンサはミノックス判より小さく、
また、バイテンくらいのイメージセンサは存在しない(はず)ので、
全体的が小さい方にシフトしていると考えると、やはり、まぁ中判なのかな?と。
返信 9 MATIA  投稿日 2016/09/22(木) 06:42:44  削除
副長様

カメラが小さくなって,小型カメラが登場した。
旧来の大きなカメラは業務用として残り,いつしか大判カメラと呼ばれるようになった。
だからその中間のものが中判カメラと呼ばれるようになった…

とすれば,

大判ディジタルがないのに,中判ディジタルがあってよいのか?という疑問があるわけです。それとも,4×5で使っていた3ショットのディジタルバックなど「大判ディジタル」がすでにある,という前提での中判ディジタルかしら?

まあ,撮像素子サイズも,カメラサイズも,わざわざ「中判」と呼ぶには,ちょっと物足りない大きさだな,とf(^^;
返信 8 スポック  投稿日 2016/09/21(水) 23:30:09  削除
MATIA大元帥閣下

> フィルム関係で元気なのは,「チェキ」だけか?
チェキで撮った写真は焼き増しがきかないから、
「世界で一枚だけの写真」が撮れると宣伝しています。
実に上手い売り方だと感心させられます。
デジタル写真なら、コピーし放題、写メで送り放題、ネットで広め放題と、
何でもありの便利さがあるのを逆手に取って、不便を売り物のするのですから、
大したものだと思います。

房総半島いすみ鉄道の売り文句「ここには何も無いがあります」もそうですが、
「便利過ぎるのにも疲れた」という人を癒すのには適しているのかも知れません。

ところで、富士フィルムと言えば、
このところ、磁気テープの出荷量が過去最高を記録してるのだそうです。
返信 7 スポック  投稿日 2016/09/21(水) 22:46:44  削除
MATIA大元帥閣下

> これを「中判」と呼んでよいかどうかは別問題として,
まぁ、ライカS(45mmX30mm)を中判というのと同じようなもんですかね。

大きいとか小さいとかいうのは相対的で、
マミヤとかハッセルのデジに比べれば小さいし、
フォーサーズやAPSや35mmに比べれば大きいから、
中くらいといば、そうかも知れません。
返信 6 スポック  投稿日 2016/09/21(水) 22:40:07  削除
> 「Gマウント」採用の大口径フジノンレンズ
> 新開発「Gマウント」の大口径「フジノンGFレンズ」は、
> フランジバック(*3)の短いミラーレスシステムのメリットを活かし、
> バックフォーカス(*4)を可能な限り短縮。
ここまでは解るのですが、

> 周辺光量の低下を防ぎ、画面のすみずみまで精細な描写を実現します。
これ、ワケ解らん。
返信 5 MATIA  投稿日 2016/09/21(水) 00:09:58  削除
中判ディジタルカメラ,開発発表。
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1111.html?_ga=1.254609480.1948553482.1472251748

これを「中判」と呼んでよいかどうかは別問題として,この発表と,「チェキ」の元気さを見ると,チェキ以外のフィルムは,やめる気まんまんではないか?という気が,なんとなく。
返信 4 MATIA  投稿日 2016/09/21(水) 00:08:35  削除
チェキ用「モノクローム」発売開始。
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1108.html?_ga=1.158278522.1948553482.1472251748

チェキのスクエアフォーマット登場予告。
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1109.html?_ga=1.251413574.1948553482.1472251748

フィルム関係で元気なのは,「チェキ」だけか?

返信 3 MATIA  投稿日 2016/09/13(火) 20:02:38  削除
ただ,この「チェキ」のモノクロフィルムが,国産さいごのモノクロフィルムの新製品,ということになってしまうような気がする。それは,ちょっとさびしいことですが。
返信 2 MATIA  投稿日 2016/09/13(火) 20:01:48  削除
約1年前に,こんなことを書きました。

http://diary.awane-photo.com/2015/150609.htm

>ともかく,「チェキ」フィルムは,アトム判やとくに大名刺判の乾板カメラの
>救世主である。いま,フィルムのラインアップを縮小しつつある富士フイルム
>さんにはもうしわけないのだが,私はモノクロの「チェキ」フィルムを発売
>していただけないものかとひそかに期待している。

このささやかな要望をくみ上げていただいた,というわけではないと思いますが。
(たぶん,こういう用途は「想定外」と思われる。)
返信 1 MATIA  投稿日 2016/09/13(火) 20:00:11  削除
富士フイルムのサイトより。

http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1105.html?_ga=1.194219501.1309455805.1417761009

>「Photokina 2016」 出展概要について
>2016年9月6日
>富士フイルム株式会社

(略)

>【展示概要】

(略)

>2)フォトイメージング
>■ instax
>(略)Photokinaで初披露となる「instax mini」シリーズ用フィルム「モノクローム」や

要するに,「チェキ」用のモノクロフィルムが発表される,ということですね。

返信する

パスワード

一覧へ戻る】 ※最新の画面を表示するには再読み込みしてください.

以下は広告です。