おニコンF401Xさま
新規投稿者 れんずまにあ  投稿日 2011/05/22(日) 01:54:06  返信も含め全削除
こちらはおニコン様に堪能な方も大勢いらっしゃいますのでお目汚しの愚痴(大帝に投稿すべきかも...)

ジャンク箱に奇麗なF401Xがあって2野口様で救出。
Xちゅうから最終型、シャッターと絞りのアナログダイヤルが(小さいけど)一目でわかり、サブにいいかもと。
ところが連れ帰ってみるとかなりのだだっ子。

AFあるいはPニッコール以外ではAEも露出計も作動しないし、AEではシャッターが切れないのですね...
マニュアルフォーカスニッコールは厳しい状況に。ああ、Aiカプラーがないので自動絞測光が無理なのか。
絞り込み測光くらいできたらいいのに。AE時の露出情報は表示されないけど、+と−はあるんだから。
後の初級デジタルSLRでマニュアルレンズ時露出計ギブアップの萌芽がここに。

というわけで絞り優先AEでAiニッコールを使う目論みは挫折。
露出計なし、フルマニュアルではシャッター作動するのですし、1/2000あるということは、F2アイレベルにモータードライブMD3(遅い方)とSB7を装着したのと同じか(笑)
そう思えば、2000円安かったな(爆)フォーカスエイドも使えるし。いや測距は低性能すぎて使えねえ(自爆

返信 298 awane-photo.com  投稿日 2018/10/15(月) 08:53:44  削除
ただ,いずれによせ「Gレンズ」がずいぶんと「後だし」なわけですが,
動くのも動かないのも「たまたま」という可能性は,否定できませんね(^^;
返信 297 awane-photo.com  投稿日 2018/10/15(月) 08:52:30  削除
副長さま

まだまだ,よくわからないことだらけですが,
もしもGレンズが初期のAFボディに「悪さ」をするのであれば,
F-601ではGレンズが使えないように「エラー」を出し,
F-601MではGレンズを使ってもいいように「エラー」を出さない,
という差をつけていることと整合します。

ただし,F-601より前に発売された,F-401やF-801などではGレンズが使えることと整合しません。

このあたり,AFセンサあるは内部のプログラムなどに,なにか関係があるのかなと想像できますが,それ以上のことはたぶん私にはわかりません^^;
返信 296 スポック  投稿日 2018/10/14(日) 23:27:37  削除
awane総帥閣下

> F-301には,マウント内の電気接点はありません。
ということは、
電気的な通信で悪さをするから使用不可という訳では無さそうですね。

> F-501にGレンズを装着した場合,露出のばらつきはありません(想定通り)。
たまたま、そのレンズがOKなのか?
Gレンズは万遍なくOKなのか?が気になるところですが、
少なくともF-501で使えるGレンズが存在することは間違い無さそうですね。
返信 295 awane-photo.com  投稿日 2018/10/14(日) 18:22:47  削除
副長さま

とりいそぎ,2点。

1 F-301には,マウント内の電気接点はありません。
2 F-501にGレンズを装着した場合,露出のばらつきはありません(想定通り)。

返信 294 スポック  投稿日 2018/10/13(土) 23:30:13  削除
awane総帥閣下

> そうだとしてもF-501では納得できても,F-301では関係ないですよね。
私はF-301を持っていないので判らないのですが、
F-301にはマウント上部の電気接点は付いているのでしょうか?

全く裏付けの無い話なのですが、
F-501AFにGレンズを装着してプログラムオートが働くというのは、
もしかしたら、たまたま、なのかも知れません。
ひょっとすると、理屈の上では、動作が予想できない、
何が起きても不思議ではない、という状態なのかも知れません。

F3AFを例外扱いすれば、
F-501AFはニコン初のオートフォーカス一眼レフです。
オートフォーカスの精度を高めるためには、
焦点距離や絞りの情報が必要なので、
電気接点を設けて、ボディとレンズが通信してます。
このとき、やり取りされる情報は多岐に渡りますが、
最初から固まっていたのではなく、製品を発売しながら、
徐々に仕様が拡張されてきた可能性は十分にあります。

F-501AFを発売したときに、
Gレンズの仕様は想定されていたのか?といえば、
想定されていなかったとしても、何ら不思議ではありません。
それなら、挙動不審に陥っても無理からぬことだと考えられます。
返信 293 awane-photo.com  投稿日 2018/10/13(土) 20:27:47  削除
F-501にGタイプのAF Zoom-NIKKOR 28-80mm F3.3-5.6Gを装着して,フィルム1本を撮ってみました。

で,使っているときに,違和感が。

ピントが,あわないのです。
F-501のAFは,いまとなっては残念な性能ですが,とにかくあわない。
ピントが迷う,迷う。そして,ずれたところで,あってしまう。
何度もあわせなおせば,それなりのところであいますが。

そこで,DタイプのAF Zoom-NIKKOR 28-80mm F3.5-5.6Dを装着したところ,
多少遅いものの問題なくピントがあう。

理由はよくわかりませんが,このあたりが「Gタイプは使えない」とされている理由?
ただし,そうだとしてもF-501では納得できても,F-301では関係ないですよね。

露出がどうかは,未確認。
明日にでも,現像を依頼の予定(カラーネガですが)。
返信 292 スポック  投稿日 2018/10/12(金) 21:42:28  削除
awane総帥閣下

> F-301とF-501が「使用不可」とされている理由として考えられるのは,
> 「じつは絞りの制御が正確にはできていない」
> ことがあります。
それはちょっと考え難いですね。

> 絞りが制御されているが,じつはテキトーである可能性です。
それはそうかも知れませんが、それを言い出したら、
G以外のレンズもプログラムオート不可にしなければなりません。
Gレンズだけが特別テキトーになる訳ではないでしょう。

> もう1つ考えられるのは,これらの機種では「プログラムシフト」が使えません。
> 任意の絞り値あるいはシャッター速度値を選択できないので,
> 「実用上使えません」
> として扱われている可能性です。
これも理由としては考え難いですね。
プログラムシフトという機能はF-501AFが発売されていた当時にはありません。
プログラムシフトが導入されたのは多目的ダイヤルが装備されてからです。
もしプログラムシフトが使えないのが理由であるなら、
F4もGレンズでプログラムオートは使用不可になっているはずです。
返信 291 awane-photo.com  投稿日 2018/10/12(金) 08:39:07  削除
F-301とF-501が「使用不可」とされている理由として考えられるのは,
「じつは絞りの制御が正確にはできていない」
ことがあります。

絞りが制御されているが,じつはテキトーである可能性です。
ただしご存じのようにこれらは「瞬間絞り込み測光」ですので,
おそらく実用的に写るでしょう。

もう1つ考えられるのは,これらの機種では「プログラムシフト」が使えません。
任意の絞り値あるいはシャッター速度値を選択できないので,
「実用上使えません」
として扱われている可能性です。

このあたり,どうでしょう?
返信 290 awane-photo.com  投稿日 2018/10/12(金) 08:36:25  削除
http://www.nikon-image.com/products/nikkor/combination/#section05

メーカーが「使用できない」としている機種のうち,
AとMしか使えない機種(大半のMF機)では,常時最小絞りになるので,動くとしても実用的に使える場面がごく限られるため,事実上「使えない」となります。

F-601は,PとSが使えるので,上記のF-601Mと同条件に思えますが,Gレンズを装着するとエラーになって使えません。なぜ,F-601とF-601Mとでこのような差が設けられているのかは,謎ですね。

さて,PあるいはSがあるのに「使用不可」とされている機種としては,
F-601のほかに,FA,FG,F-301,F-501があります。これらはメーカーの表記としては「使えない」ものになります。

ところが,F-301とF-501は,P(P Dual,P Hiを含む)モードで,使えているように見えます。露出計表示などにエラーが出ることもなく,ほぼまっとうそうなシャッター速度値を表示し,絞りもそれなりに制御されています。なお,FAとFGは,所有していないため,挙動は未確認。
返信 289 awane-photo.com  投稿日 2018/10/12(金) 08:34:10  削除
Gレンズについて。
まず,ボディ側のダイアルで絞り値を設定するタイプのユーザインタフェースをもつ機種は,問題なく使用できます(Dシリーズ,F401シリーズ,F50,F60,F80,F100,F5,F6)。

レンズの絞りリングで絞り値を設定するタイプの機種では,使用に制限が生じます。
そのうち,F-801シリーズ,F90シリーズ,F70,F4,F-601Mでは,「PとSのみ使用可」とされています。これらは,メーカーも公表していることです。
返信 288 スポック  投稿日 2018/10/11(木) 23:33:10  削除
誤:F-401系は電池接点の付いたAFレンズだけで測光が働きます。
正:F-401系は電気接点の付いたAFレンズだけで測光が働きます。

↓訂正
返信 287 スポック  投稿日 2018/10/11(木) 22:46:58  削除
れんずの神様

> F401XでもSは使えそうな気がします。
OKです。

F-401系は電池接点の付いたAFレンズだけで測光が働きます。
また、絞り環があっても必ず最少絞りに固定して、
ボディ側から絞りを操作しますから、Gレンズでも何ら問題無く使えます。
返信 286 スポック  投稿日 2018/10/11(木) 22:41:42  削除
れんずの神様

F-301は手元に無いので確認できませんが、
F-501AFのプログラムオートは"P Dual", "P", "P HI"の3通りです。
"P"は昔ながらのプログラムオートです。
"P HI"は同じようなプログラムオートですが、シャッター速度が速いめになります。
"P Dual"は焦点距離が望遠系レンズは"P HI"で、それ以外のレンズは"P"と同じ。

なお、F-501AFやF-301とGレンズの組み合わせは不可です。

F-501AFのプログラムオートは柔軟性が高く、
絞り環を必ずしも最小絞りにする必要はありません。
たとえば、開放F/2.8のレンズで絞り環をF/8にしておくと、
絞りはF/2.8〜F/8の間で明るさに応じて変化して、
シャッター速度はその絞りと明るさに応じて変化します。
非常に明るいときにたとえばF/4にセットしておくと、
最高シャッター速度でも露出オーバーになりますので、
そのときは、FEというエラーがファインダーに出ます。

それらのプログラムは電気接点の付いたAFレンズだけではなく、
MFのAI(AI-S)ニッコールでも同じように動作しますので、
たぶん、絞りの設定値はレバーの位置で決まるのだと思われます。
ですから、絞り環の無いGレンズが使えないのではないか?
と推察されます。
返信 285 れんずまにあ  投稿日 2018/10/11(木) 19:06:31  削除
Gタイプレンズ、例えばF301,501のPとPh,PLでは違うのでしょうか。
F401XでもSは使えそうな気がします。試してないけど。
返信 284 スポック  投稿日 2018/07/31(火) 22:26:52  削除
れんずの神様

> ニッコール千夜一夜物語43夜、ニッコール135mmf4の回で、
> 佐藤治夫さんが「ドンシャリ」という用語をお使いです。
私はニコンのHPで読みましたが、全く気が付きませんでした。
つまり「何の違和感も感じずに読み流した」ということです。

> レンズ設計の方でもお使いになる、
> 普遍的な共通認識をもった言葉であることがわかります。
でも、共通の感覚を持てるのは、旧人類の間だけかも知れません。(^^;
返信 283 れんずまにあ  投稿日 2018/07/30(月) 23:02:14  削除
アサカメ8月号のニッコール千夜一夜物語43夜、ニッコール135mmf4の回で、佐藤治夫さんが「ドンシャリ」という用語をお使いです。
ニコンのHPで原典に当たってみましたが、書かれた当初からその記載がありました。
ttp://www.nikon-image.com/enjoy/life/historynikkor/0043/index.html

正式用語かどうかはわかりませんが(多分比喩に過ぎない)レンズ設計の方でもお使いになる、普遍的な共通認識をもった言葉であることがわかります。
返信 282 awane-photo.com  投稿日 2018/06/05(火) 23:03:16  削除
副長さま,神さま

「ドン舎利」の件,その背景などわかりました。
そのまあ,ちょっと高級を謳うラジカセなんかもやりそうな手口ですね^^;
返信 281 スポック  投稿日 2018/06/05(火) 22:28:19  削除
れんずの神様

いえいえ、

> 如何にも「シャープ」画像処理
ドンシャリの喩えとしては、この方が判りやすいです。
返信 280 れんずまにあ  投稿日 2018/06/05(火) 22:09:56  削除
おお、副長様が格調高い解説を!私のは読まないでください<(_ _)>
返信 279 スポック  投稿日 2018/06/05(火) 22:08:49  削除
アイフォンの画質ってどう思いますか?
私はそれなりに立派なものだと感じています。
「きれいな写真」を撮りたいのなら十分なのかも知れません。
でも不自然にきれいですよね。
そりゃぁそうです。思いっきり塗り絵をしてますから。
できるだけ「きれいに」見せるような絵作りをしていますから。

カメラ(写真)に何を求めるのかにもよりますが、
趣味人が重視するのは「きれい」よりは「忠実」ですよね。
デジカメは如何に高級機と言えどもセンサから読みだしただけでは駄目で、
画像エンジンの優劣が画質を最も大きく左右します。
優劣って書きましたけど、何が「優」なのでしょう?
趣味人なら「忠実」を求めるでしょうけど、
一般人なら「きれい」が優先でしょうね。

ニコンやキヤノンでも、
そのカメラを買いそうな客層に応じて「絵作り」を変えています。
大衆向けのカメラなら「きれいに撮れる」ことに重きを置きます。
ドンシャリでもいいのではなくて、ドンシャリの方が良いのです。
返信 278 れんずまにあ(おーでぃおまにあにあらず)  投稿日 2018/06/05(火) 22:07:01  削除
ふくちょうさま、MATIA主さま。

ドン舎利(と変換されてしまいましたが、全部カタカナが正しく仏教用語ではございません)を画像関連で使っているのは見たことがありません。

でもおわかりのかたもおられますように、結構概念が共通するようで。

ドンは重低音。シャリは高音域のことで、その間のいわば中間域の再現性は無視された状態を言います。つまりよい評価ではなく蔑みの表現です。安価な音響機器がそのような傾向と考えられています。
大口径スピーカーを備えた黒いミニバンの窓から漏れてくる音楽を想像されたら。

画像に適用すると、無闇にコントラストが高く、諧調は飛んでしまってエッジのみが突出している如何にも「シャープ」画像処理が高度に行われたような画質と私は勝手に定義しています。
返信 277 スポック  投稿日 2018/06/05(火) 22:06:59  削除
安物のオーディオ装置は周波数特性が良くありません。
そのために低音や高音はきちんと再生されません。
ですからうんと低い音や高い音は聞こえ難いことになります。
1980年代あたりがオーディオブームの最盛期でしょうか。
日本橋の電気屋さんはこぞって高音質なオーディオ装置を並べていました。
お店屋さん同士は競争相手でもありますから客を引き留めるのに必死です。

オーディオ装置の周波数特性が良くても(平坦でも)環境によっては、
低音や高音のレベルが下がったり、逆に上がり過ぎたりすることがあります。
それを補うために、トーンコントロールというものがあります。
低音だけを上げたり下げたり、高音だけを上げたり下げたりできます。

装置はめざましく改良されてゆき、
どれを買ってもそこそこ満足できる程度の音質は得られるようになりました。
それでも当然ながら優劣はあるもので、各社各店は我こそはと音質を競います。
しかし超低音や超高音は再生も難しいけど聞き取るのも難しいので良く判りません。
少々安物でも低音を持ち上げて、高音も持ち上げてやると、どうなるでしょう?
バスドラは「ドンドン」と腹に響くような重低音に、
シンバルは「シャリシャリ」と脳天を突き抜けるような高音になり、
なんちゃってハイファイオーディオの一丁あがりです。
日本橋の多くの店でこんなことをやっていたのです。特に大手量販店は。
さすがにオーディオ専門店ではそんなみっともないことはしませんでしたけど。

いくら涙ぐましい努力をしても、耳の肥えた人には丸わかりです。
本当に超低温から超高音まで伸びているのか?
適当に低音と高音を持ち上げているだけなのか?
そんなものは、よほどの初心者以外は騙されたりしません。

安物のくせに、下手な小細工をして高級っぽくして、
「ドンドン」「シャリシャリ」と鳴らしているオーディオ装置を、
軽蔑の意味を込めて「ドンシャリ」と呼んでいたのです。
返信 276 awane-photo.com  投稿日 2018/06/05(火) 06:44:47  削除
>「ドン舎利」

わかりません(^^;
かつてオーディオブームがあったのでしょうけど,私はラジカセしか経験していないので(^^;
返信 275 スポック  投稿日 2018/06/04(月) 22:19:09  削除
れんずの神様

> 液晶チルト便利っちゃ便利なんだけど物凄くフォーカス遅いし実用性低っ。
> 画質もカリカリドン舎利。
この「ドン舎利」という言葉ですが、
画像にも使えるのでしょうか?

もちろん私には解りますよ。
とっても良く解る表現です。
それにしても「ドン舎利」って、
かつてのオーディオブームのときに流行った言葉ですよね。
今どきの若い人に通じるかなぁ?→awane総帥閣下

れんずの神様にも旧人類な一面があると垣間見ることができて、
なんだかとても親近感が湧きました。私はもちろん旧人類です。
返信 274 スポック  投稿日 2018/05/30(水) 22:32:54  削除
続きです。

では、一回目の画像と、二回目の画像は、
どれくらいの時間間隔で読み取ることが出来るのでしょか?
これをリフレッシュレートというのですが、
少なくとも連写間隔より短いことだけは間違いありません。
しかし、たいていは、それより少し短い程度です。

ライブビューにおける、コントラスト方式による焦点合わせは、
画像読み込み

ピントリングを少し回す

画像読み込み+コントラスト検出+先の画像と比較(これまでで最高か?)

ピントリングを少し回す

画像読み込み+コントラスト検出+先の画像と比較(これまでで最高か?)

これを繰り返して、コントラストが低下した時点で「ピークが過ぎた」と判断して、
最高だったところまで、ピントリングを戻すことによって合焦とします。→※

ここまでの処理は、たいていのデジイチならば、
ソフトウェアを追加するだけで対応できます。
ローエンドのデジイチは、似たり寄ったりです。

しかし、ちょっと考えただけでも、
おびただしい時間が掛かることが想像できるできるでしょう。

ミラーレス機も基本的には同じです。
しかし、この方式を焦点調節のメインにすると、
そのままでは遅くて使い物になりません。
そこで、本来の撮影画像を読み出すのとは別に、
フォーカスポイント付近の少数の画素だけを高速で読み出す回路を設けて、
リフレッシュレートを大幅に短縮するようにしています。
最近のデジイチでは、動画撮影もある程度は実用レベルにしたいので、
画素を端折って短時間で読み出す回路を設けたり、
焦点調節用の別回路を設けたりするるようになりました。

低級機のデジイチでライブビューで焦点を合わせようとするとき、
手持ち撮影だと条件は非常に厳しくなります。
行って戻ってこのあたりがコントラストのピークだな、と検出する前に、
カメラ自体が動いてしまいますから、
下手をすると、いつまで経っても、焦点が定まりません。
三脚に据えると、かなり条件が良くなるのですが、
チルト液晶が欲しいときは、たいてい手持ちなんですよね。


ステップを細かくして高度な処理を施せば、コントラストの上昇カーブが、
平坦に近づいた時点でピークを予測して、戻さずに止めることも可能です。
最近のミラーレスはたいていそのように処理しています。
返信 273 スポック  投稿日 2018/05/30(水) 22:23:04  削除
MATIA総帥閣下
れんずの神様

ニコンに限らず、オートフォーカス一眼レフにおいて、
焦点検出は位相差方式が大半です。
あっさり言ってしまえば、スプリットプリズムみたいなものです。
これはフィルム一眼レフでもデジイチでも同じです。
基本的には受光体とは無関係なところで検出しています。

フィルムカメラでは不可能ですが、
デジイチでは撮影前にミラーを上げて受光板に光を当てて、
画像を見るという芸ができます。いわゆるライブビューです。
正確に言うと、そのとき既に撮影自体は連続的にされていて、
得られた画像データを保存していないだけのことです。

そのライブビューの画像がボケていたら、
ピントが合っていないことが「見たら」判ります。
ピントリングを回していくと、だんだん鮮明になり、
さらに回し続けると、まただんだんボケてきます。
これをマイコンに判断せればオートフォーカスが一丁上がりです。

ピントが合っているのか?合っていないのか?
これは一枚の画像だけでは簡単には判断できません。
ピントリングを少し回して、だんだん鮮明になってくれば、
合焦点に近づいていると判断できますし、
だんだんボケてくれば、ピントが外れていくと判断できます。
鮮明かボケているかの判断は、たいていコントラストを測ります。
被写体や光線状態によってコントラストはさまざまですから、
絶対的な閾値でピントが合っているか?外れているか?は判断できません。
あくまで相対的に「さっきより鮮明か?ボケたか?」しか判りません。

続きます。
返信 272 スポック  投稿日 2018/05/30(水) 22:16:30  削除
れんずの神様

> どんなに破滅的な画質でも、少なくとも粒状性は6x6のアドバンテージがあるでしょうね。
私は父親のカメラを借りて写真を始めたのですが、
最初はオリンパスペンEE2で、次がオリンパスペンFTでした。
フィルムはフジカラーN100の時代です。
修学旅行のとき、やっとの思いで、好きな女の子の写真を撮ったものの、
プリントの顔がざらざらで幻滅したことがあります。
その次に貸してもらったのが、マミヤシックスオートマットで、
汽車の写真を撮ってみて、次元が違う高画質に感激しました。
私が初心者の頃から、生意気にも画質に拘っていたのは、
そんなコンプレックスがあったからです。
ようやく自分用の35mmフルサイズのカメラ(オリンパス35UC)を入手したとき、
コダカラーIIとかフジカラーF-IIとか、いわゆる超微粒子フィルムが発売されました。
35mmフルサイズカメラに超微粒子フィルムを詰めて撮ると、
6x6でN100を詰めて撮ったときと粒状性は同じくらいだと感じました。
フィルムの性能が上がると、今度はレンズの良し悪しが気になります。
幸いオリンパス35UCのGズイコーは立派なものだったのですが、
昭和40年台の「まともなカメラ」はどれも、超微粒子フィルムに見合う程度には、
しっかりした写真が撮れていたように思います。
テレコン付きブロニカで35mmカメラよりましな写真が撮れたのは、
超微粒子フィルムが出るまでの話だったのでしょうね。

蛇足ですが、
オリンパスペンFTにネオパンSSSを詰めて撮ると、
非常にざらついた写真になるのですが、
それが必ずしも悪くないということも多々ありました。
ただしピントもコントラストもしっかりしているときに限ります。
ぼぉーとしていて粒子が荒れていたら見れたものではありません。
だから35UCを買ってからもペンFTにモノクロを詰めて使っていました。
でもペンEE2はずっとカラー専用で使っていました。
4メートルの固定焦点でしたから遠景は甘い画像しか得られず、
モノクロだとハーフサイズの悪いところばかりが目立ちました。
初代オリンパスペンにモノクロを詰めたら、
きっと感激するような写真が撮れたのでしょうね。
返信 271 awane-photo.com  投稿日 2018/05/30(水) 08:45:14  削除
神様,副長様

D5300様でも,ライブビューは使いモノにならないレベルですか?
価格にひかれてD5000様をお迎えしなくて,正解だったでしょうか(^o^;

あのあと,いろいろありまして…

結局,Nikon D300様をお迎えしました(^_^;
見やすいファインダーとAiレンズ連動が目的。
Nikon D1様でTAMRON SP 90mm F2.5 (52B)の試し撮りをおこなったのが,きっかけです。

これ,じつはライブビューができるんですね。
ちょっと使ってみましたが,たしかに反応が遅い。
D5000様がこれと同等程度であれば,ちょっときびしいかな…
静止した被写体であれば,じゅうぶんに使えるとは思いますが。

返信 270 れんずまにあ  投稿日 2018/05/29(火) 23:13:02  削除
冷静に、ニコンFマウントニッコールをニコンFに付けて撮影した画像と、シグマx3テレコンバーターを介してブロニカ6x6で撮影した画像を比較したら、例え当時の粗い粒状性のフィルムを使ったとしても、35mm一眼レフで使うべきだと思い至るのに時間は要しないでしょう。

事実、このN-Bコンバーターの画質は、どうしようもないレベルです。
当然レンズボディ間に何の連動もなく、使いにくいですが、画質がここまで乱れては、実用から遠いと言わざるを得ない。
ですから、全く売れなかったわけです。今では珍品の部類でしょう(それでもブロニカに入れ込んでいる人は結構持っているか経験している)が、大して高価でもありません。

画質比較が出来るなら買うひとはいないレベルの出来ですが、ふくちょうさまのように使う前からそれを看破できたなら、この世に1個も残らず廃棄されたことでしょう。でもそうではない。看破できないから買うのです。淡い(深いか?)期待を抱きつつ。そういう方々が最初のプリントを見た時の気持ち、想像できます。

でも、意地悪い言い方ですが、どんなに破滅的な画質でも、少なくとも粒状性は6x6のアドバンテージがあるでしょうね。

さて、ニコン普及機デジタルに多くの期待をしてはいけないことを学びました。或いは最新型は違うのかもしれませんが。その点キヤノンは上手ですね。
レンズは最も普及レベルのニッコールでも、画質は見事です。プラマウント、酷使するほどのユーザーはどんどん買い換えていくから問題ないのかも。
返信 269 スポック  投稿日 2018/05/29(火) 22:53:44  削除
れんずの神様

> APS-C用レンズが宙に浮いてますが、レンズは気に入っています。
ニコンでいうところのDXフォーマット用のレンズですが、
標準ズーム系が極度に発達していますね。
11倍越えズームでも実用的な大きさで、それでいて画質もまぁまぁ。
ローエンドの標準ズームも、暗いことを除けば画質は立派なものです。
ただ、プラマウントは、さすがに酷使には耐えません。
付けっぱなしにするのならいいのですが。
→やっぱりコンデジの代わりかな?
返信 268 スポック  投稿日 2018/05/29(火) 22:46:02  削除
れんずの神様

いつもお知恵を授けていただいいて、ありがとうございます。

> やっとこ標準セットを買えたものの、
? ウルトラ高価なニッコール交換レンズを揃えるのは大変。
> 幸いニコンFレンズは持っている。
それは判らないではないのですが、
ニコンFレンズを持っている人は、
たいていニコンFマウントボディを持っているはずで、
高画質を期待できないのに、わざわざ6x6ボディで使うのは、
フィルムの無駄遣いに思えて仕方ないのです。

> でも、背面液晶でライブビュー撮影すると、途端に遅くなる。
あ、ライブビューで使うときの話でしたか。

デジイチのライブビュー、特に低級機のそれは、
はっきり言って、おまけみたいなもので、
カタログに「〜もできますよ」と書くためだとしか思えません。
ミラーレス機になると、ライブビューがメインというか、
それしかないので、フォーカスも真面目に作っているようです。

でも、それならチルトできる液晶モニターは何のためにあるのでしょう?
画面を見ながらピントを合わせるなんで、ほとんど不可能ですから、
オートフォーカスに頼るしかないのにね。
返信 267 れんずまにあ  投稿日 2018/05/27(日) 00:21:26  削除
すみません、3倍テレコンなら35mmと同じ画角で使えると書きましたが、それはAPS-C用レンズの話でした。どうも1年以上経ったら色々忘れてしまって。

ハーフサイズじゃないニコンF用のレンズなら、3倍にすると66なら少し長くなってしまいますね。
50mm標準だと150mm、おお、ニコン標準しかもっていなくても、丁度ブロニカユーザーが望むような交換レンズになるじゃない。
ああ、固定絞りが入っているようなもので、f2より明るくてもf2になっちゃいます。そして3段暗くなるからf2でも5.6になります。
次に人気がある135/3.5なら、405mmf9だ。凄いな。ははは。
広角系はイマイチになります。20mmでようやく60mmだ。35mmf2.8で105mmf8...メリット無い。
返信 266 れんずまにあ  投稿日 2018/05/27(日) 00:06:43  削除
ふくりょうさま、

>> ブロニカS2用のニコンFレンズアダプタ(3倍テレコンつき)
> ニコンFマウントレンズのイメージサークルを拡大して、
> ブロニカS2ボディに装着して使おうとする物ですか?

ご明察です。

> 用途としては判らんこともないのですが、
> 何だかすごくフィルムの無駄遣いのように思えてしまいます。

逆を考えるのです。
当時のブロニカユーザー、
やっとこ標準セットを買えたものの、ウルトラ高価なニッコール交換レンズを揃えるのは大変。
幸いニコンFレンズは持っている。
焦点距離3倍だと、ほぼ35mmでの画角と同様の画角で66フォーマットが使える。

俺凄い天才じゃん。大ヒット不可避!(と当時のシグマは思った...と邪推する)
現実は、ニコン生き字引の副長様でも知らなかった。押して知るべし。

> GPS付きで便利そうに思えたので、
> コンデジの代わりに買おうとしたたことがあったのですが、
> 何だかストレスが溜まりそうなボディですね。

まあ私スマホもっていないのでGPSはあまり恩恵感じませんで。
コンデジ代わりという使い方ならよい選択かも。軽く小さい。

> D5300でしたよね?
> レンズ内モーター(超音波モーターとか)のレンズしか使えませんよね?

そうですよ。レンズ内モーターレンズで評価しています。

> フォーカスが遅いって、D5300ボディの問題なんでしょうか?

ボディの問題です。
普通にファインダー覗いて撮影するなら素晴らしく速いし迷わない。いいカメラです。

でも、背面液晶でライブビュー撮影すると、途端に遅くなる。
タッチパネルでフォーカスポイントを選べたと思いましたが、正直、使いたくありませんね。
同時代のEOS接吻X系とは雲泥の差です。*
わざわざチルト液晶を重視するなら、もう2世代くらい進歩してもらわんと、私はイランです。**

* Kiss9Xiを短期間使いました。ライブビューのレスポンス良いです.結局ファインダーつかわねえと自分の使い方を自覚でき、直ぐ返品してMを買い直し現在に至ります。
** これはれんずまにあ個人の評価です。普通の使い方ではないことを申し添えます。
返信 265 スポック  投稿日 2018/05/26(土) 23:23:59  削除
れんずの神様

> ブロニカS2用のニコンFレンズアダプタ(3倍テレコンつき)
これ、何ですの?
もしかして、
ニコンFマウントレンズのイメージサークルを拡大して、
ブロニカS2ボディに装着して使おうとする物ですか?

もしそうなら・・・
用途としては判らんこともないのですが、
何だかすごくフィルムの無駄遣いのように思えてしまいます。

> 出来心でキタムラに出ていたD5300に手をだす。
> 液晶チルト便利っちゃ便利なんだけど物凄くフォーカス遅いし実用性低っ。
> 画質もカリカリドン舎利。
GPS付きで便利そうに思えたので、
コンデジの代わりに買おうとしたたことがあったのですが、
何だかストレスが溜まりそうなボディですね。

んんっ!?
> じゃあAPS-C用レンズ使えばいいじゃん、
> 物凄くフォーカス遅いし
D5300でしたよね?
ということは、
レンズ内モーター(超音波モーターとか)のレンズしか使えませんよね?
フォーカスが遅いって、D5300ボディの問題なんでしょうか?
フォーカスに「迷いがある」とか?
起動がワンテンポ遅れるとか?
返信 264 れんずまにあ  投稿日 2018/05/26(土) 21:18:06  削除
すみません、D70, D80じゃなくフィルムのF70, F80でった。
私のニコンデジ初体験は以下のD5300です。あ違う、ファインピックスS1だ。
返信 263 れんずまにあ  投稿日 2018/05/26(土) 21:12:15  削除
初期AFニッコールが結構安いので時々摘み食い。

敷居が低くなって頂き物のD70やD80を活用しだす。

出来心でブロニカS2用のニコンFレンズアダプタ(3倍テレコンつき)なるものを入手。

どうも中心部ハーフサイズくらいのイメージしか使っていない模様。

じゃあAPS-C用レンズ使えばいいじゃん、で2−3本安いのに手を出す。

APS-Cデジタル一眼レフの敷居が低くなる。

出来心でキタムラに出ていたD5300に手をだす。

液晶チルト便利っちゃ便利なんだけど物凄くフォーカス遅いし実用性低っ。画質もカリカリドン舎利。

気に入らないので返品期間以内に返品。良い経験させて頂きました。

APS-C用レンズが宙に浮いてますが、レンズは気に入っています。
返信 262 スポック  投稿日 2018/05/23(水) 22:55:14  削除
むかしむかし、一眼レフはオートフォーカス以前の話

ローライ35SやコンタックスTで悦に入っていたのに、
ヤシコンを使っている連中に「いーだろ、いーだろ」と見せびらかされる。
 ↓
真剣にヤシコンに乗り換えることを検討するものの、
どうしてもボディが好きになれず腰が上がらない。
 ↓
ハッセルは意外なくらい故障が少ないよ、と唆され、
そうだ、ツァイスのレンズは中判でこそ真価を発揮すると、思い直す。
 ↓
格安の中古ボディを見つけたものの、
レンズを揃えるのに10年くらい掛かりそうだと溜息が出る。
 ↓
M645の中望遠系レンズは非常に優秀であることを思い出す。
これなら、もっと早く揃えられそうだと喜び勇む。
 ↓
マミヤ645で満足できるのなら、ニコンで何が不足なのだと思い直す。
ニコンにもツァイスに負けない優秀レンズがあることを聞くに及び、
それをゲットするように方針転換する。
 ↓
こちらでお世話になるより前の話です。(でした。)
返信 261 awane-photo.com  投稿日 2018/05/23(水) 12:33:09  削除
邪な考えがあり,PENTAX K100Dよりもあとに発売されたNikon様をお迎えしようと考えた。
 ↓
チルト液晶がローアングル撮影に好都合かなと,D5000様を見に行った。
 ↓
価格は魅力的だが,ファインダーの「しみ」が気になる。
 ↓
バッテリーがD70様と異なるし,AF-SレンズしかAFで使えない。
 ↓
ならば,D90様はどうか。レンズ交換式ディジタル一眼レフカメラとして,はじめて,ムービー撮影ができるようになった,として歴史的意味がある?
 ↓
D70様にくらべて劇的に進化したともいえない。
 ↓
D300様なら,価格も安く,いちおう高級モデルだ。
 ↓
EN-EL3eが使える最後の機種は,高くなるが,D700様だ。
 ↓
もうちょっとプラスすれば,D600様やD3様も狙えるぞ。
 ↓
待て,いまはKodak機とFinePixに満足している。無理に,お迎えする必要はない。
 ↓
病の峠は,越えたようです(^_^;
返信 260 れんずまにあ  投稿日 2018/03/04(日) 23:16:01  削除
ふくちょうさま、毎度深いご考察をありがとうございます。
私はそんなに突き詰めて考えたことはありませんので、頭が下がります。
以前申し上げたとおり、ミノルタXD以降に採用されたアキュートマットはファインダーでソフトの度合いを確認しづらいため、非アキュートのファインダースクリーンを持つカメラをわざわざバリソフト85には使っています。
そしてソフトを掛けても掛けなくてもスプリットは使わず、マット面で焦点合わせするようにしています。
XG-Eではスプリットありますね。SR-1sでは中心部マイクロプリズムだけでマット面が大きいです。
XG-EはAEが使えますが、ストレートで撮影するとソフト3ではアンダーになります。
これは球面収差フレアと結像部の光量の合計を測光してAEを行うと、結像部の光量が不足するためで、フレアに応じてプラス補正しないと濁った色調になりがちです。

X-600は私の初めてのMDマウントカメラで、1986年からのつきあいですが、何故かはわからずバリソフトを装着撮影した記憶がありません。残念。

ただし今回、テスト撮影母機にしたのはソニーα7Rというミラーレスデジタルカメラでして、ふくちょうさまが仰るスプリットイメージや、位相差検出を再現することはできませんでした。
拡大表示14倍を行いますので、焦点のズレはソフト位置でも認識可能です。
当初ソフト目盛を変えた際に焦点を合わせ直していましたが、結局ソフト0と変化が認識できないことがわかり、やはり0で合わせた後にソフトリングを変更し、焦点位置は変えない使い方で合っていると思いました。
ただし、コントラスト最大の位置(拡大無しで判断)と、解像力最大の位置(拡大表示で判別)とのズレはあるかもしれません。その点については今回の調査対象ではないため検討はしませんでした。
返信 259 スポック  投稿日 2018/03/04(日) 13:33:06  削除
X-600は初期のフォーカスモジュール(たぶんハネウェル製)を搭載しており、
矢印が出るからには、前ピンなのか?後ピンなのか?を認識できているはずです。
これは位相差方式以外にはあり得ない話です。
初期の製品ですから、感度も精度も大したことはないはずで、
かなり外周の光で測距しているはずなのです。(たぶんF/5.6くらい)
それなら、スプリットプリズムで起きたのと同じ現象が出るはずです。
でもX-600では、現実にそんな現象は発生していません。
マニュアルにも「ソフト目盛=0でピントを合わせろ」とは書かれていません。

また、頭がこんがらがってきました。
たぶん知識が不足しているからだと思います。
どなたか無知蒙昧な私に知恵を授けていただけないでしょうか?
返信 258 スポック  投稿日 2018/03/04(日) 13:32:41  削除
ただ、もう一つ謎が残っています。
実はXEはすぐに故障したのでX-600に買い替えたのです。
ボディの感触としては、X-500かX-700の方が好ましいと感じたのですが、
X-600には"SF"と書いてあるからソフトフォーカスレンズには持ってこいだろうと思い、
X-600を選びました。"SF"は"Speed Focus"の略だそうで"Soft Focus"ではありません。
MC,MDレンズ用のボディですから、当然オートフォーカスにはなりません。
オートフォーカス機のフォーカスエイドのような機能が付いています。
両側に赤い矢印と中央に緑の合焦インジケータが表示されます。
赤い矢印はピントリングを回すべき方向を示しています。
X-600の取説にはVari-Soft 85mmF/2.8について言及されており、
「普通のレンズと同じようにピント合わせできる」と書かれています。
謎はここからです。

1.ソフト目盛=0にして、無限からピントを合わせても、最近接からピントを淡わせても、
  同じところで緑の合焦インジケータが表示されて、そこでピントが合ったことを示します。
  (これは当然です)マット面で見てもピントが来ています。
2.ソフト目盛=3にして、無限からピントを合わせても、最近接からピントを淡わせても、
  同じところで緑の合焦インジケータが表示されて、そこでピントが合ったことを示します。
  (これも当然です)マット面で見ると判りにくいですがピントが来ているように感じます。

何が謎なのか?というと、
「1」と「2」の合焦位置が全く同じなのです。(距離環に印を付けました。)
そして、
「1」でピントを合わせてから、ソフトリングを3方向へ回しても、
「2」でピントを合わせてから、ソフトリングを0方向へ回しても、
緑のフォーカスインジケータは点いたままです。(つまり合焦を表示している。)

これは実際に操作して何度も確かめた事実です。
勘違いとか、思い込みとかではありません。
返信 257 スポック  投稿日 2018/03/04(日) 13:29:47  削除
それから何年も経ってから、ファインダースクリーンの調整をするときに、
レンズの近軸焦点と最良像面にはズレがあると知りました。
このスレッドの 返信18〜返信21 にそのあたりのことが書かれています。
このときに、私はようやく球面収差というものを理解しました。
同時にソフトレンズについての謎もやっとこさ氷解しました。

ですからソフトレンズの取説に書かれていたことは、
決して「ちょっとくらいピントがズレてもいい」という意味で、
「ピントを合わせ直す必要は無い」と書かれていたのではなく、
どの絞りで撮影してもピントの芯を保つには、
ピントを合わせ直さずに撮影しなければならかったのです。
もし私がソフト効果を出してからスプリットでピントを合わせ直して、
F/8とかF/11とかで撮影したら、ピントの芯が出ていない写真になっていたのです。
盲蛇に怖じずとは正にこのことです。
幸か不幸かF/2.8〜F/4でばかり撮影していたので気付きませんでした。

ここまでは、まぁ現在の知識では、全部説明できることばかりです。
ソフトリングを回してからピント合わせ直しを、しても、しなくても、
どちらも、ピントの芯はしっかり出るということも、
合わせ直さない方がソフト効果が高く感じるのも納得できています。
返信 256 スポック  投稿日 2018/03/04(日) 13:29:03  削除
下衆の勘繰りです。

1.ピントを合わせ直す必要は無い、と書いてあるが、
  ピントを合わせ直してはいけない、とは書かれていない。
2.ソフトにするとピント合わせが難しくなるのは確かだから、
  ソフト目盛=0でピントを合わせろ、というのは合点がいく。
3.ソフトにするのだか、ちょっとくらいピントがズレても、
  ソフト効果を高めるのに役立つから、そうしろということか?
4.自分が欲しいのは、しっかり合焦した芯のまわりに、
  ふわっと被さるようなソフトなのだからピントは厳密に合わせたい。
5.それなら多少難しくてもソフト目盛=3にしてから
  ピント合わせをし直す方が「より良い」のではないか?

無知とは恐ろしいもので、このような妄想を抱いて撮影に臨みました。
取説の通りに、まずソフト目盛=0にしてしっかりとピントを合わせます。
そして、ソフトリングを回してソフト効果を出してから、
まずそのままでシャッターを切り1コマ目を撮影して、
次にスプリットの上下像が合うようにピントを合わせ直してから、
もう一回シャッターを切り、2コマ目を撮影しました。

仕上がりのプリントを比較して見ると、
1コマ目(ピントを合わせ治さない)の方がソフト効果が高く感じます。
2コマ目(ピントを合わせ直す)の方がピントの芯が強いように感じます。
私は「我が意を得たり」と早合点して「自分の考えは正しい」を思い込みました。
本当に無知とは恐ろしいものです。
それでも、どうも納得できなかったのは、
1コマ目の写真でもピントの芯はきっちりと出ていたのです。
それについては「ソフトレンズは合焦位置を散らす」のだろうと推測しました。
それはまぁ、あながち間違いとも言い切れないのですが、
「散らす」というのは明らかに不適切な表現ですね。
返信 255 スポック  投稿日 2018/03/04(日) 13:27:27  削除
れんずの神様

> 目盛り0でかなり画面全体にフレアが乗っていて、
> f5.6-8に絞るまで晴れません。
やはり、そうでしたか。
目盛り=0でファインダーを覗いて見ても、
何となく「シャキッとしない」という印象でした。

ところで、レンズの問題ではないのですが、
このレンズを使うにあたり、よく解らないことがあります。

私は一眼レフに関しては基本的にニコン使いなので、
ミノルタのボディはこのレンズのためだけに持っています。
レンズを買ったときに一緒に買ったボディがXEでした。(もちろん中古)
XEはスクリーン中央がスプリットプリズムになっています。

Vari-Soft 85mmF/2.8の取説を読むと、
ソフト目盛=0でピントを合わせた後にリングを回してソフト量を調節するように
と書いてあります。
そして「このときスプリットイメージはズレますがピントを合わせ直す必要はありません」
と書いてあります。
実際にソフト目盛=0にして主要被写体を中央に置いて、
スプリットイメージできっちりピントを合わせた後に、
ソフトリングを回すと、確かにスプリットイメージは見事にズレます。

恥ずかしながら、
このとき私は球面収差というものを何となくしか理解しておらず、
さらに愚かなことに、スプリットプリズムの原理もきちんと理解していませんでした。
理解していれば、前述の現象(ソフトレンズでスプリットがズレる)ことは、
何の不思議も感じずに受け入れることができたのでしょうが、
そのときは「何でだろう?」と訝っていました。
返信 254 れんずまにあ  投稿日 2018/03/01(木) 23:08:23  削除
随分間が開きましたが、ミノルタバリソフト85mmf2.8のテスト撮影を行いました。
他の85mmf2.8と較べるまでもなく、目盛り0でかなり画面全体にフレアが乗っていて、f5.6-8に絞るまで晴れません。
これを球面収差と言い切れるか自信がありませんが、絞ると晴れるから球面収差だと思います。
ただし大拡大した時に気になる程度なので、常識的なプリントではまあ十分シャープで少しソフトが乗るくらいではないかと。
比較したのはゾナー85mmf2.8と、シグマ70mmf2.8マクロで、特に70mmは凄い切れ込みでした。

この1本で断言することはできませんが、ミノルタMC85/2.8と、α100/2.8を見ると可変ソフトレンズは0位置にしても完全にシャープにはならないと総括できそうです。
どちらかというと、α100のほうが0の時の滲みは少なめかな。

他に可変ソフトレンズはキヤノンFD85mmと、EOS135/2.8が存在しますが、試したことありません。
ペンタックスやキヨハラは絞りによるソフト量コントロールなので、比較できません。
返信 253 れんずまにあ  投稿日 2017/10/05(木) 00:29:30  削除
続けて失礼します。
ミノルタバリソフトの0目盛りで球面収差が消えるか、ですね。
ソフト専用だと思っていたので一般レンズとしては試したことがありませんが、一度普通の85mmと較べてみましょう。

α用AFレンズに、100mmf2.8ソフトがありました。
これはα100/2の後継機で、ソフト目盛り0ではf2.8に絞った100/2と同等以上の性能と言われています。
しかし、私が試した2本は、目盛0でもハイライトにふわっと滲みがあり、シャープネスでは100/2に勝るわけではありませんでした。2本とも同じだったので、個体差ではないと思っています。
勿論100ソフトを貶めるつもりはありません。

100/2.8ソフトの前玉はf2.8としては不要なほど大きく、開放でもビネッティングがないように設計されています。
ソフトレンズはタダのボケ玉ではなく、球面収差以外の収差を極限まで除去しないと美しいソフトにならないそうです。
バリソフト85も無駄に大きいわけではなく、サイズに必然性がある高級レンズであることは言うまでもありません。
返信 252 れんずまにあ  投稿日 2017/10/05(木) 00:18:25  削除
ふくちょうさま。
小さなファインダー像では収差やボケがわかりにくいという件は多分2つの要素が重なっています。

ひとつは副長様ご指摘の、スクリーンの拡散性。
端的には最近のAF機にある素通しスクリーンは、焦点が外れていても像が尖鋭に見える範囲が広いというもの。
同様に、球面収差において結像していない光も結像しているかのように見えてしまうのも拡散性が弱いスクリーンで起こりがちでしょう。
実は、私はミノルタバリソフト85/2.8用に、わざわざアキュートマットでないSR-1sや、XG-Eを使っているくらいなのです。それでも仕上がりとスクリーン像には乖離がありますが、アキュートよりはよほどソフトの具合を確認しやすいので。

もうひとつは、多分最初よりもっと効いてくると思うのですが、単に像が小さいから。
例えばサービスサイズでボケボケの画像のサムネイルは結構見られるでしょう?
最小錯乱円というやつだと思いますが。
同様にサービスサイズでこれはイケたと思ったコマが、全紙に伸ばすとなんともダルなイメージだったことはありませんか?

私はマットスクリーンでの焦点合わせが好きな方ですが、それでも絞り込めない時は補助的にスプリットも加味します。さらにデジタルでしたら拡大表示をできるだけ使うようにしています。自分の目が信用できなくなってきたのです。大判ならルーペを使うのは当たり前ですしね。
返信 251 スポック  投稿日 2017/10/03(火) 22:31:49  削除
れんずの神様

> ただしファインダー像は引き伸ばしプリントより随分シャープに見えることも差し引いて考えるべきでしょう。
あ、そうか!

85mmF/2でもファインダー像が十分にシャープに見えたのはそのせいかも知れません。

でも、どうして?

ここから先は、あくまで無知なる邪推なのですが、
ピントを外しているのは論外として、

たとえ、ピントをきちんと合わしているとしても、
レンズの諸収差がゼロでない以上は、
レンズ全面の透過光が薄皮一枚に合焦している訳ではなく、たとえば、
近軸を通って来た光と、外周を通って来た光とでは、合焦位置は微妙に違います。
収差が多いレンズは、その分だけ不鮮明な像になる訳ですね。
ところが、ファインダースクリーンは受光を拡散しているとはいえ、
やはり、かなりの指向性が残っています。ということは、
覗いている人の目には、レンズ全体の光が平均して届いているのではなく、
どこか一部の光が重点的に届いていることになるので、
それが、たとえ合焦位置と多少ずれていても、
「ずれているところだけ見れば」その中では完結しているので、
鮮明に見えるのではないでしょうか?

ミノルタSRマウントのバリソフト85mmF/2.8というレンズを持っているのですが、
このレンズは、球面収差を意図的に増やしたり減らしたりすることでできる仕組みになっています。
ソフト目盛=0では、球面収差がゼロということになっているのですが、(かなり怪しいですが)
この状態でピント合わせをするように推奨されています。実際にファインダー像は鮮明です。
メインの被写体にピントを合わせた状態で、ソフト目盛を上げて行くと、
ファインダーのマット面はふわっとボケていくのに、
スプリットプリズムは「鮮明なままで」左右に大きく外れていきます。
これは、F/5.6に相当する外周の透過光を「素通しで」見ているからです。
これは極端な例ですが、マット面と言えども指向性はそれなりにあるので、
外れていても鮮明に見えるという現象があるのではないか?
無知蒙昧な邪推ですが、なんとなく、そんな気もします。
返信 250 れんずまにあ  投稿日 2017/10/01(日) 15:35:25  削除
副長様
1980年代、キヤノン使いの友人達はニコンは色目がばらばらで鮮やかでないと公言していました。ついでにペンタックスは甘く、オリンパスは色が浅い、ミノルタは鮮やかだがシャープじゃないと。まあその辺聞けば何の根拠もなさそうですが、Ai50/1.4と135/3.5オーナーの私はよくわからんけど、へー、て思ってました。

恐らく色目が不良だったのは60年代の製品なのでしょう。キヤノンも同時代はRやFLですから大して自慢できなかったはずですが。
さて前述したようにデジカメなら自動ホワイトバランス補正してしまうので、レンズの色目の影響はゼロじゃないにしても大きな問題にはならない可能性が高いです。

但し、AiS含めデジタル以前のレンズをデジカメに付けると、確かに解像力などは素晴らしいのですが、絞りを絞っていくにしたがって天空光の影響が相当あるレンズがあります。
例えばN・C35/1.4はf5.6から真ん中にフレアが乗って、絞る毎に強くなる。そうならないレンズもあり、撮像素子からの反射と内面反射の相性なんでしょう。
やはりAiSまではフィルムで使用するのが第一でしょう。私もデジタルに旧レンズを装着するのはテストであって、最終目標はフィルムであります。

105/2.5はゾナー型初期のクローム鏡胴を入手しましたが、改設計のほうも欲しいですね。Ai以後のほうが何にでも使えて一番良いのがわかってますが、最近はメタルリング黒マルチコート非Aiを探しています。もう同一か近似焦点距離のAiは充足していますので。
返信 249 れんずまにあ  投稿日 2017/10/01(日) 00:30:40  削除
副長様。

85mmf2の件ですが、確かに明るいレンズは良くない条件で使う事が多いため、高性能であっても高画質の作品が生まれにくいことは納得出来ます。
以前資料作成など記録のために、明るいレンズのハーフサイズカメラ、ペンF+40/1.4ですとか、べんD32/1.7を使っていたことがありましたが、暗い条件で手持ちするためアンダー露光承知、手ぶれ承知、低コントラスト粒子荒れ、目測失敗などが重なりろくな画像になりませんでした。
勿論記録ですので、文字が読めて外観がわかれば目的としては成功ではあるのですが。
そういう作業から解放され、陽光下で存分に露光したときの素晴らしい写りに目から鱗が落ちた思いでした。

ただしファインダー像は引き伸ばしプリントより随分シャープに見えることも差し引いて考えるべきでしょう。
端的にはソフトレンズ。フィルターでもよいのですが、ファインダーでソフト具合が不足していると思って多めに掛けると出来上がったプリントではボケボケ。
球面収差は(多分他の収差も)小さいファインダーでは少なく見えるのです。
優秀なニコンF2のマットでも、α7のデジタルライブビューでも、SC55/1.2開放ハロはほとんど認識できませんでした。α7モニタを14倍に拡大したらわかりますけども。
返信 248 れんずまにあ  投稿日 2017/09/29(金) 23:01:28  削除
副長様、お相手有り難うございます。
SC55/1.2のカラーフェリアですが、それほど暖色系に寄っていないようです。
レンズを通して白い壁を覗くと、黄色い着色が感じられますが、実写ではそこまで寄りません。
これには2つ理由が考えられまして、
最近ポジを使っていない。ネガスキャンかソニーα7R なので自動補正が掛かっている。
明るい開放値でシャッター最高速が不足しないよう夕暮れ時に撮影しているので、元から色温度が低く、メインレンズを先に撮影し、比較対照を後にしたら対照のほうが余計に色温度が低い条件になる。

当てになりませんね。
気になったのでα7Rでオート28/2とAis28/2.8、オート35/1.4とAi35/2の比較をしましたが、色目はほとんど変わりませんでした。
28/2と35/1.4は初期型なので思い切り黄変しています。元からかも。

マクベスチャートを詳細比較するプロのお仕事では問題になっても、屋外風景ではそれほど大きく気にならないかもしれませんね。

Ais28/2.8は名レンズということを再認識しました。
28/2や35/1.4は、少し絞ると非常に優秀なので、開放と使い分けができますね。
返信 247 スポック  投稿日 2017/09/27(水) 22:26:05  削除
ところで、私が吹き込まれていた「new以降は色の癖が統一された」という話ですが、
今にして思えば、もう少し信憑性を疑うべきでした。

金属鏡筒オートニッコールの末期あたりに、28mmF/2とか35mmF/1.4のように、
新種ガラスを採用したハイスペックレンズが華々しく登場しましたが、
こっそりと、105mmF/2.5, 135mmF/3.5, 200mmF/4も光学系が新設計になりました。
新105mmF/2.5は現在の水準で見ても素晴らしいレンズなので有名なのですが、
135mmF/3.5と200mmF/4は何が変わったのでしょうか?
それは、旧レンズが冷色に偏っていたので、
カラー時代になって問題視されたからだと言われています。つまり、
1.オートニッコール末期にはカラーバランスに配慮されるようになった。
ということになります。その後、ほとんどのレンズに多層膜コーティングが施され、
2.多層膜コーティングのCオートはカラーバランスが良くなった。
とも言われています。そして、さきほどの、
3.ニューニッコールではカラーバランスが統一されるようになった。
という訳で、カラーバランスの改善には、段階があったようなののです。
ただ、新種ガラスを採用した28mmF/2と35mmF/1.4は激しく黄変するレンズで、
これがまたスペック的に目立つレンズのせいか、ニッコール全体の評価を下げていました。
この2本のレンズはnewになったときに、こっそり黄変しないガラス材に変更されました。
そのため、「3」の評価が通るようになったのではないか?と私は推測しています。
28mmF/2と35mmF/1.4は最初に登場したときから多層膜コーティングが施されており、
それでも、カラーバランスがあの通りですから、
多層膜コーティングは必ずしも、カラーバランスを改善するとは限らないようです。
ただ、レンズ毎,、個別にカラーバランスを改善し続けた結果、
newの時代に、ニッコール全体で完成の域に達したというのが実情なのかも知れません。

私は深く考えることなく、ガセネタを信じていたのですが、
結果的には、大きな間違いではなかったが幸いでした。
返信 246 スポック  投稿日 2017/09/27(水) 22:25:37  削除
オールドニッコールを愛でる人にもいろいろ違った拘りがあるようです。
やはり、金属鏡筒が好きだという人が多いのですが、
私はニコンFEから入ったこともあって、Aiニッコールが一番好きです。
前もって、オートニッコール頃はレンズ毎に色の癖が違っていたが、
newになったときに色目が統一された。と吹き込まれていましたので、
買うならnew以降にしようと、さらにAiは従来ボティとも互換性があるので、
Aiを第一に選ぶようにしていました。外観も好きでしたので。
返信 245 スポック  投稿日 2017/09/27(水) 22:24:34  削除
れんずの神様

ニッコールCオート55mmF/1.2のカラーバランスはどうでしたでしょうか?
一度、ウチのC無しオートと、newの3本で比較をしてみたいですね。
返信 244 スポック  投稿日 2017/09/26(火) 23:47:16  削除
続きです。

ずっと後になって、ようやく判りました。
このレンズの特性として、開放近くで甘いというのは事実でした。
ただ、それだけのことではなく、このレンズを開放近くで撮影するときは、
そもそも、被写体がかなり暗くて、コントラストが低下しているときでした。
その両者が合わさって「何じゃこれは」という撮影結果になっていたのでした。
レンズはとんだ濡れ衣を着せられたものです。

評価をするためには、条件を同じにしないと意味がない、と思い知らされました。
返信 243 スポック  投稿日 2017/09/26(火) 23:46:40  削除
れんずの神様

> 実写で得られた経験のフィードバックが何より重要。
> 本番を繰り返すことが最大の経験であることは言うまでもありません。
これも、たしかに、まぁ「ある一面から見た評価」ですから、無意味ではありません。
ただ、客観的とはほど遠い評価結果なので「だから?」と問われれば、何も言えません。

こんなことがありました。

鉄道写真がメインであったころ、(最近は撮影していませんが、今でもメインです。)
私にとっての標準レンズは85mmでした。ですから、85mmには強いこだわりがあります。
ところが、Ai85mmF/2は、どうもパッとしないのです。

レンズ白書を見ると、
F2   = 良像面積100% 平均画質6.7 コントラストが良くなく、像もたるんでいる。
F2.8 = 良像面積100% 平均画質7.5 だいぶ向上はするが、像はあまい。
F5.6 = 良像面積100% 平均画質8.3 シャープな感じはないが、全面均質な良い画像となる。
以下、省略。
ここに書かれていたコメントは、私の使用感とピタリと一致しました。
F2   = ピント合わせにしか使えない。
F2.8 = ぎりぎり妥協して撮影に使える。
F4   = とりあえず安心して使える。
F5.6 = まずまず不満が無くなる。
これが私の感想です。

しかし、それにしても、レンズ白書の数値は何なのでしょう?
数値を見る限りでは、十分に優秀なレンズのように見えてしまいます。

当時、私の手元にあったニコンの一眼レフで最もファインダーが良さげなのがF3だったので、
全面マットスクリーンに入れ替えて、Ai85mmF/2を取り付けて、しかと観察しました。
手持ちで、三脚に据えて、いろいろな被写体に向けて見たのですが、ぜんぜん悪くないのです。
木の葉の微妙なグラデーションが過不足無く見えて、エッジは非常に切れが良く見えます。
プレビューボタンを押していませんから、これは絞り開放での画質のはずです。
撮影結果とはあまりにも違って見えるのです。このことは私にとって、長いこと謎でした。
返信 242 スポック  投稿日 2017/09/26(火) 23:44:58  削除
れんずの神様

> ただフィルムを無為に使うことになり、
> 批判を受けたこともあります。
> 全く意味がないと言われたことも。
いや、それは話が逆でしょう。

機材の特性を正しく知ればこそ、
フィルムの無駄を減らせるというものです。
しかも、本人だけでなく。

自分が持っている機材を低く評価されて「気分が悪い」という人もいますが、
そう思うのなら、読まなければいいだけのこと。

> しかしあくまで恵まれた条件:屋内から順光で無限遠を撮影する;での試写に過ぎません。
それは、たしかに「ある一面だけの評価結果」なのかも知れません。
しかしながら、結果を「相対評価」や「比較」に使うのであれば、
いつも同一の条件で試さなければ、話になりません。

私とて、如何に、れんずの神様の評価であっても、
それを以って「全てを知り尽くした」とは解釈しておりません。
ある特定の一面から見た評価に過ぎないということは百も承知しています。
それで「全く意味がない」と思うのなら、自分で納得がいくまで調べればいいだけのこと。
返信 241 れんずまにあ  投稿日 2017/09/26(火) 21:33:18  削除
度々失礼します。

>外観では圧倒的ににAi55mmF/1.2の方が好きなのですが、
>50mmF/1.4とイメージを揃えるために50mmF/1.2を選びました。

1.2は重く、毎日白書ではf1.4や1.8に全ての絞りで画質が劣っているような評価でしたので
最近まで顧みることはありませんでした。
友人がF2に50/1.2を使っていましたが、ふーんと何の感慨もなく。
その後、MFレンズ価格が下落し、気紛れに入手した他社1.2は必ずしも低画質ではなく、
比較的短焦点ながら明るく被写界深度が浅い特異な描写をする標準1.2に興味が湧いて来た次第です。

>ところが、50mmF/1.4が小型化されたときに、被写界深度の目盛線が銀環上に移されて、
>Ai-Sになると、大半のレンズが同じようになってしまいました。

FE+Ai50/1.4+Ai135/3.5で始まったニコン道でしたので、それが普通だと思っていました。
確かに視認性はあまり褒めたものではありません。

>後年にnew55mmF/1.2を入手したのも、そこへのこだわりです。

成る程、わざわざnewを何故、という疑問は氷解しました。
私がNewを選択するのは、F2フォトミック黒とマートFT2黒に似合う多層膜だからなのですが
変な拘りをさせて貰えるのもNikonだからかなと、楽しんでいます。

>28mmF/2 と 35mmF/1.4 と新しい方の 105mmF/2.5 は、
>黒塗装の上に被写界深度の目盛線があり、私は最も美しいニッコールだと思っています。

美しいニッコールという視点は初めてですが、確かに眺めて美しいのは大事ですね。
私もメタルリングでは白鏡胴より黒鏡胴のほうがどちらかといえば好きです。
手元のAuto28/2(Ai改)Auto35/1.4を改めて眺めてみます。
拙宅のメタルリングはヘリコイドスカスカばかり。SSに持ち込んでみましょうか..
返信 240 れんずまにあ  投稿日 2017/09/26(火) 21:13:19  削除
副長様たいへん面白いお話を伺えて嬉しいです。

私がテスト撮影をやりだしたのは、本番撮影のために所持機材の長所と欠点を知っておきたい欲求からでした。
どの絞り値でどう描写するのか、事前情報があれば憂い無し。
そのうち機材が増え始め、どう使い分けるのか見極めるため、定点を撮影。
途中定点方向にビルが建ってしまい、方向を変えざるを得なくなりましたが、その後25年くらいは同じ尺度で比較できます。
勿論少しずつ街や季節は移ろい、それを見るのも楽しいものです。

ただフィルムを無為に使うことになり、批判を受けたこともあります。全く意味がないと言われたことも。
まあ、好きでやっていますのでお許しください。
最近はα7Rにほとんどのマウントが変換できてしまい、出費は随分楽になりました。

しかしあくまで恵まれた条件:屋内から順光で無限遠を撮影する;での試写に過ぎません。
実写で得られた経験のフィードバックが何より重要。本番を繰り返すことが最大の経験であることは言うまでもありません。
そのため主観であろうが無かろうが、副長様のご経験は何より為になり、毎回真剣に拝読しています。
返信 239 スポック  投稿日 2017/09/24(日) 20:00:26  削除
れんずの神様

私はレンズを評価するための撮影はほとんどしていません。
ですから、私の評価は主観のカタマリのようなもので、アテになりません。
まぁ言ってみれば「感想」ですね。

> そうですか、55のAiがあるのですか、以後注意してみます。
> しかし50/1.2も、やはり良いのですね。
私の手元にある55mmF/1.2は、
多層膜コートになる前の"Nippon Kougaku Japan"表記のニッコールオートとnewです。
はずかしながら、両方ともまだ撮影に使っていません。
オートはニコンフォトミックFTnと組み合わせて、
newはF2フォトミックSと組み合わせて飾る目的で入手しました。
両方とも、中学・高校の頃、カタログを眺めて溜息をついていた意趣返しです。

実用としては、Ai55mmF/1.2かAi50mmF/1.2かで、随分迷いました。
外観では圧倒的ににAi55mmF/1.2の方が好きなのですが、
50mmF/1.4とイメージを揃えるために50mmF/1.2を選びました。

Fマウントのニッコールは絞り数字に色付けされていて、
被写界深度の目盛線が絞り数字と同一色で判りやすく色付けされていました。
しかし、オートニッコールの大半は銀色メッキのところに被写界深度の目盛線があり、
せっかくの色付けがあまり良く見えません。
ゴム巻のnewニッコールになると、そこが黒塗装になりましたから、
被写界深度の目盛線が非常に美しく見えました。
Aiニッコールもそれを継承していたので、私はこの時代のニッコールが一番好きでした。
ところが、50mmF/1.4が小型化されたときに、被写界深度の目盛線が銀環上に移されて、
Ai-Sになると、大半のレンズが同じようになってしまいました。
Aiの55mmF/1.2と50mmF/1.2は、被写界深度の目盛線の位置が違っていて、
ほとんどの人にとっては、どうでもいいようなことですが、
私にとっては、重大な差に感じていました。
ですから、後年にnew55mmF/1.2を入手したのも、そこへのこだわりです。

どうでもいい話ついでに、オートニッコールの中で、
28mmF/2 と 35mmF/1.4 と新しい方の 105mmF/2.5 は、
黒塗装の上に被写界深度の目盛線があり、私は最も美しいニッコールだと思っています。
返信 238 れんずまにあ  投稿日 2017/09/24(日) 10:55:38  削除
ふくちょうさま、毎度正確なご訂正をありがとうございます。
そうですか、55のAiがあるのですか、以後注意してみます。
しかし50/1.2も、やはり良いのですね。

今回同時に(NEW)Micro55/3.5も撮っていまして、流石に開放近くの無限遠の切れは55/1.2など普通レンズに負けるなと思いました。
そこは55/2.8Sのフローティングが劇的に威力を発揮するところです。

人から頂くなど縁があり、Micro55/3.5オートは初代絞り自動補正、二代目チェッカーラバー、3代目NEW(緑コート)が手元にあります。初代プリセット等倍は何時も気になりますが高価なので手を出していません。Aiは55/2.8Sがあるからもういいかなと。

Noct58はそのような比較レポートがあったのですね。私のが特別スカポンじゃないので少し安心しました。
現役末期、10諭吉さんをだいぶ切った底値のとき天体用に入手しましたところ、ディスコンになってあれよあれよと値上がりしてしまいました。
同じような経緯を辿ったのはUV105です。友人に勧めた28/1.4初代もそうでした。

Noctは本来の使用目的範囲では悪くないので保持していますが、多分最近のAF58/1.4のほうが優秀なんだろうなあと思っています。

性能は新機種の方が高いのは当然ですが、代わりに値段も高く、副長様が仰るように最近は特に肥大化し、操作感は劣る場合もありますね。
フィルムカメラで使う場合、性能と操作性、値段を考えるとAiS辺りが最も良いバランスかもしれません。
返信 237 スポック  投稿日 2017/09/23(土) 22:36:35  削除
れんずの神様

> この後f1.2はラバー巻(New)まで55mmがありますが、Aiは50mmになっています。
> Ai前から50があったか知りません。
55mmF/1.2 は1977年3月にAiになって発売されています。
50mmF/1.2 は1978年7月に発売されており、Ai以前のものはありません。
58mmF/1.2 は1977年3月に発売されました。

> Noct-Nikkor58mmf1.2と較べると、
> これは一般被写体では圧倒的にSC55/1.2のほうが高画質です。
これらのレンズが現役商品だった頃、たしか50mmF/1.2が発売された直後くらいでしたか、
カメラ毎日に50mmF/1.2と58mmF/1.2を徹底比較した記事が載っていたので、
食い入るように読んだ記憶があります。
その記事でも、夜の街中を開放で撮影した写真を、
全体、中央拡大、周辺拡大のそれぞれで比較していましたが、
どれを見ても50mmF/1.2の方が「しっかりした描写」だったように思います。
ただし、50mmF/1.2はコマ収差の影響で周辺部の点光源が流れていました。
その点だけは58mmF/1.2の方が良いと感じました。れんずの神様と同じ印象です。

58mmF/1.2は「ボケた感じではないけれども、何となく締まらない」と感じました。
ですから、柔らかいというよりは、ブレたような、あまり感じが良くない印象でした。
その記事を見て、無理をしてまで58mmF/1.2を買うのは止めることにしました。
結果論ですが、そのとき無理をしてでも買っておけば、私もオーナーになれたのに、
中古価格が暴騰した今となっては、もう無理しても手が届かないレンズになりました。

でも、50mmF/1.2は良いレンズでした。
まだカラーフィルムの感度がASA100がメインだったころ、
35mmF/1.4と50mmF/1.2と85mmF/1.8は銀箱の常連でした。
とびきりシャープではなくても、いつでも安心して撮影できました。

これらのレンズが画質で引けをとると感じるようになったのは、
28mmF/2.8S, 55mmF/2.8S, 105mmF/2.8Sを常用するようになってからで、
さすがに新設計のレンズには敵わないと思いました。
それでも、大口径が必要なときには、結構出番がありました。
返信 236 れんずまにあ  投稿日 2017/09/23(土) 18:33:15  削除
Nikkor-S・C Auto 55mmf1.2を入手。黒メタルリング、クローム鏡胴。
昔から気になっていて、ようやく試すことが出来ました。
旧式なので危惧していましたが、大変画質が高くて驚いています。
開放からf1.4まではハロが多いのですが周辺まで像が整っており、f2でハロが晴れてf2.8で周辺光量低下が解消,f4で周辺が締まります。f5.6-11では目がさめるような高画質です。
Ai50/2と較べf2からf5.6まで55/1.2の画質が上回る予想外の結果でした。
普通は明るいレンズは無理しているので、f2クラスの方が高画質のはずですが、重量と最短0.6mを厭わなければ55/1.2を持ち出す価値があります.

この後f1.2はラバー巻(New)まで55mmがありますが、Aiは50mmになっています。Ai前から50があったか知りません。50mmのほうは未経験。
Noct-Nikkor58mmf1.2と較べると、これは一般被写体では圧倒的にSC55/1.2のほうが高画質です。
個体差なのかもしれませんがNoctは非常に癖がある画質で、開放からf8まで周辺画質が不安定で、
開放ハロもほとんどSC55と同程度に過ぎず、売りのコマ収差補正以外は見るべきところがないと思いました。
珍しいレンズなので複数検討できず、私が試した1本だけがスカポンなのかもしれませんが...
返信 235 awane-photo.com  投稿日 2017/09/11(月) 04:55:50  削除
副長さま

なかなか凄惨な光景を目撃されたようで。
「アリが群がる」というと,「アンダルシアの犬」のワンシーンを思い出してしまいます(あれもたいがいエグイですが)。

昨日,地面すれすれに抜け殻をみましたが,これは無事に旅立ったように見えました。
返信 234 スポック  投稿日 2017/09/09(土) 13:48:37  削除
狛犬に登って脱皮するとは、なかなかお茶目な蝉ですね。
実はこの夏、えぐい物を目撃しました。

出勤途上に病院の前を通るのですが、
街路樹の根本付近に変な物が付いてるのを発見しました。
地面から50cm弱といったところでしょうか。
それは脱皮の途中で息絶えた蝉でした。
殻から半分ほど出た中身に大量の蟻がたかっていました。

死んだのが先か、蟻が喰ったのが先かは判りません。
地面の近くですから、脱皮中に蟻に襲われて死んだ可能性もあります。
どうして、そんなに低いところで脱皮を始めたのかも判りません。
登ることに関して、障害になるような物はありませんでした。

気になったので、退勤時に再び観察してみたら、
中身はきれいに食べ尽くされて、蟻は一匹もいませんでした。

数日後、会社製品のカタログを撮るためにデジイチを持参した日、
まだ、抜け殻が残っていたので、写真を撮りました。
幹をしっかりと掴んだ幼虫の抜け殻と、
そこから出ようとして、身をのけぞらした成虫の殻が残っていました。
たかが蝉一匹ですが、凄惨な様子でした。

後日に強い雨が降って、どこかへ消えていました。
返信 233 awane-photo.com  投稿日 2017/08/27(日) 02:52:42  削除
IX-NIKKORを使うメリットは,強いて言えば,そのコンパクトさ軽量さでしょうか。
現代の廉価版を使用しても,大差ないかもしれませんが。

ただ,「もう,使えないだろう」という理由で捨ててしまうのが,しのびないのです♪
返信 232 awane-photo.com  投稿日 2017/08/27(日) 02:34:32  削除
「そこにレンズがあるから使う」のです(^^)/
返信 231 スポック  投稿日 2017/08/26(土) 23:26:53  削除
awane総帥閣下
れんずの神様

IX-NIKKORでもフルサイズで撮影できることが証明されたのは医大だと感服するのですが、
じゃぁ、何故わざわざIX-NIKKORを使うんだろう?という素朴な疑念は消えないワケでして・・・
返信 230 れんずまにあ  投稿日 2017/08/26(土) 00:56:13  削除
おそれいりました。ネジで外れるんですね。切ったのは徒労か。
ま、もう切っちゃったんだから仕方ない。
返信 229 awane-photo.com  投稿日 2017/08/25(金) 08:36:02  削除
ということで,IX-NIKKOR 60-180mm F4.5-5.6の,マウント後部のカバーを撤去しました。
これは,ネジ3本をはずすだけで,簡単にはずれました。
これをはずしても,とくに動作に影響はなさそうですが,いろいろな機構がむきだしになるので,気持ちはよくないですね(^^;
ネジをはずしただけですから,いつでも復元可能です。

さて,ここをはずすと,PRONEA以外のボディにも装着できるようになります。
いまのところ,実際に装着を確認したのはKodak DCS Pro 14nだけですが,ほかのボディでも大丈夫でしょう。とくに,F80あたりなら(^^;

さて,後部のカバーをはずしても,まだレンズの後群がミラーと干渉するようです。
ズームを60mm側にすると,ごく一部しか露光されません。
しかし,85mmよりちょっと短焦点側から180mmの間では,ミラーとの干渉もないようで,きちんと露光されました。
IX-NIKKORはAPS-Hサイズ対応レンズですから,ライカ判で使用すると周囲が少しケラレるのではないか?という懸念がありましたが,それは杞憂に終わったようです。

昨夜は室内で手元にあるものを試し撮りしただけですが,今日は屋外での試し撮りをするつもり。
返信 228 れんずまにあ  投稿日 2017/08/23(水) 22:56:47  削除
副長様
八はJR・阪神梅田で上下車する場合は避けては通れぬ関所でござる。
ただし、最近は阪急梅田を使う事が多く、少し足が遠のいて居ります。
そのかわりに、ナニワ買い取りセンターでジャンクを漁るので御座る。
返信 227 れんずまにあ  投稿日 2017/08/23(水) 22:51:37  削除
おお、主様ときおりいらしてるのですね。
といってもここ2ヶ月私は全く西宮から東へ足を踏み入れておりませんが。

>ゴールは近い?

笑)
がんばりませう。

ところでIX-Nikkorのフードは珍しい。ほとんど生き別れ行方不明になっているでしょう。
60-180は大変優秀。
といってもProneaで使ったことは1度もなくて、アダプタでSonyEに付けて試しました。

今拙宅のIX-Nikkorは(文化財破壊ではありますが)マウントに邪魔なレンズ後端の張り出しを切断しています。
Nikkor-GーEOS アダプタ+EOS-PenFアダプタを介して、PenFで使っているのです。
絶対性能は現行品のDXニッコールには劣りますが、フィルムではそこまで高性能である必要は薄く、DXより軽量で気兼ねありません。

20-60と60-180は特に優秀ですし、24-70は画角変化が広くペンFの活動範囲を広げてくれます。
その際絞り調整は山勘になりますし、絞り込むとファインダー像は暗くフレーミングも山勘ですが、ネガなのであまり気にしないでパチパチ撮っています。

後部張り出しで注意すべきはIX30-60です。プラの中に鋼板が入っていてカミソリ鋸の刃がダメージを受けてしまいました。
返信 226 スポック  投稿日 2017/08/23(水) 21:47:59  削除
awane総帥閣下

> そこが不思議なんです。なぜだか気がつくと,○に八の看板のところを通っているのです。
となれば、考えられる可能性はふたつ。

1. 店のどこか(右手奥が怪しい)にブラックホールが仕組まれている。
    →しかし、そうだとすれば 吸い寄せられたが最後、脱出は絶対に不可能で、
     新幹線に乗れなくなり、この掲示板への書き込みもできないはずだから、
     この可能性は考え難い。

2. 異次元空間においては、あそこを通るのが近い。あるいは楽。
    →閣下の脳内地図では、そのルートしか有り得ないのかも知れない。
返信 225 awane-photo.com  投稿日 2017/08/23(水) 19:03:35  削除
副長様

>特急は南方に停まりませんが、淡路で準急か普通に乗り換えれば、

目的地の最寄り駅が準急停車駅だったので,じつは,準急に乗っていたのです。
つまり,南方に停車したのです。
でも,西中島南方から新大阪までの運賃がもったいないというか,なんというか。


>切符(大阪市内→)の都合でJR大阪駅を目指すにしても、素直な経路ならあそこは通りませんから、

そこが不思議なんです。なぜだか気がつくと,○に八の看板のところを通っているのです。
返信 224 スポック  投稿日 2017/08/23(水) 18:23:20  削除
awane総帥閣下
れんずの神様

> F2は,「値段もこなれてきたし,まあ,いつでも買えるだろう♪」と考えているうちに,
> 無理に買う必要もないなあなどと思いはじめ…(^_~; そして,今に至ります。
そそ、無理して買わずに、三人寄れば持ちもんの知恵をメザシましょう。

> 一眼レフコンプリートまでは,まだ遠い。
> ヒトケタ:F2,F5,F6
> ニコマート:FS,FT2,FT3,ELW,EL2
> Ai:旧FM2,FE2,FA,FG,FE10
> そういえば,F100が未入手でした。。。

F2とFM2とFE2とFAとFGは、れんずの神様が御餅で、
ヒトケタとFT2とF100はスポックが捕まえていますから、
ゴールは近い?

> 京都方面から阪急で帰ってくると,どうしても梅田に着いてしまうのです。
> わざわざ,南方で降りて,さらに御堂筋線に乗り換えるようなことは,いたしませぬ。
特急は南方に停まりませんが、淡路で準急か普通に乗り換えれば、時間的には早いはず。

> 阪急梅田からJR大阪駅を目指すと,なぜだかあそこを通ります。
> 時間に余裕がなくても,立ち寄ってしまいます。
梅田に着いて御堂筋線に乗り換えるのなら、あそこを「通る」というのは無理が蟻杉升。
切符(大阪市内→)の都合でJR大阪駅を目指すにしても、素直な経路ならあそこは通りませんから、
「なぜだか」というよりは「わざわざ」という気がしてしょうがないのですが・・・
返信 223 awane-photo.com  投稿日 2017/08/23(水) 12:18:20  削除
れんずの神様

昨日は,京都方面阪急沿線に日帰り出張の新幹線車内だったので,1行だけで失礼しました♪

>F2やFT2は比較的集めやすいと思いますので意外でございましたが

F2は,「値段もこなれてきたし,まあ,いつでも買えるだろう♪」と考えているうちに,無理に買う必要もないなあなどと思いはじめ…(^_~; そして,今に至ります。

FT2というか,ニコマートはそもそも,あまり真剣に探索しておりませんでしたゆゑ。

で,京都方面から阪急で帰ってくると,どうしても梅田に着いてしまうのです。
わざわざ,南方で降りて,さらに御堂筋線に乗り換えるようなことは,いたしませぬ。
阪急梅田からJR大阪駅を目指すと,なぜだかあそこを通ります。
時間に余裕がなくても,立ち寄ってしまいます。

そして,じつはいままで1本も入手していなかった,IX-NIKKOR様を救出しました。
とはいえ,IX Nikkor 60-180mm F4.5-5.6ですから,PRONEA以外ではまったく使い道がないわけで…

フードがついていなかったら,たぶん,救出をためらっていたことでしょう。
ヽ(´ー`)ノ
返信 222 awane-photo.com  投稿日 2017/08/22(火) 11:23:08  削除
れんずの神様

おお,そういえば,F100が未入手でした。。。
返信 221 れんずまにあ  投稿日 2017/08/21(月) 21:53:27  削除
主様。
FG20お輿入れとのこと、お慶び申し上げます。
私は大変気に入っている機種です。
EMほど割切れないちょっとしたお出かけ、或いは極力軽量化したい時など。
AiS20/3.5,55/2.8マイクロまたはホクトレンデル40mmf2、シリーズE100/2.8組です。

20年前の山行は、一眼レフではFG一択でした。プレススペーサーカメラ+50mmと一緒に。
その後副長様からFG20をお世話頂き、タイムラグが異様に長いFGはちと待機に。
FG20はスピードライトTTL制御がないけど、フラッシュ持参しなければ同じ。20g軽いのはセルフタイマーがメカから電子になったからでしょうか。

> ヒトケタ:F2,F5,F6
> ニコマート:FS,FT2,FT3,ELW,EL2
> Ai:旧FM2,FE2,FA,FG,FE10

F2やFT2は比較的集めやすいと思いますので意外でございましたが、一部を除いてまだ価格が崩れきっていない機種が多いので、野口様レベルを狙うと難しいのかもしれません。
どれも名機ですし。FSはどうか知らない。ELWとEL2は動いているかどうかがカギ。
FE10は最近見ませんね。
2桁3桁はコンプリートされたのですね。

よい出会いがありますように。
返信 220 awane-photo.com  投稿日 2017/08/21(月) 12:35:03  削除
Nikon FG-20様を保護しました♪
いちおう,動いているようです (^^)/

ただし,一眼レフコンプリートまでは,まだ遠い。

ヒトケタ:F2,F5,F6
ニコマート:FS,FT2,FT3,ELW,EL2
Ai:旧FM2,FE2,FA,FG,FE10


返信 219 れんずまにあ  投稿日 2017/05/26(金) 02:07:37  削除
最近数年色々寄り道して、ニッコールで撮影することが少なかった時期がありましたが、こうして久し振りに使うと結果に目を見張ることが結構ありますね。

テストでは他社も結構良いのですが、いざ4つや半切サイズにしてみると、はっと違うように感じるのは贔屓目なのでしょうか。
伝説や思い込みかもしれませんが、旧いマイクロニッコールは業務用の印象があり、向いている方向がアマチュアではなくマイクロ複写や科学撮影で、普段使わない高見を目指しているような。そう思わせるところもこの会社ならではなのでしょう。

学生時代、雑誌で好評だったタムロンSP90を使い接写バイトしていましたが、取材先でお借りしたMicro105/4で同じ被写体を撮らせて頂き、f16の画像でさえ切れ込みが段違いなのを見て打ちのめされた記憶が。カメラ毎日レポではSP90の方が評価上なのに。SP90も悪くはないのですが、以後接写もするならタムロン、接写しかしないならマイクロニッコールと思っています。勿論これは主観のみの戯れ言ですけども。
返信 218 れんずまにあ  投稿日 2017/05/26(金) 01:55:45  削除
副長様、深いご経験に基づく考察、おそらく正鵠を射ている物と思います。

フィルムの種類が潤沢だった頃は、ある程度レンズの特性に応じたフィルム選びもしていましたね。
今回ぴったり来たと感じられたのは、軟調のネガを使い、柔らかな光線状態で撮影したからかもしれません。

私はあまりレンズの硬いか柔らかいかという特性を選り好みせず、どちらも楽しんでしまう方です。
解像力とコントラスト、周波数のどこに重点を置くかは、今もって究極のレンズが存在しないように、設計者を悩ませるところなのでしょう。

マイクロニッコール55mmは、知人がf3.5を使っておりその尖鋭さは重々存じておりましたが、その当時はKRを常用していたため僅かでも明るいレンズを欲して、新型のf2.8を購入した経緯があります。また無限遠の性能も少し気にしてフローティングに期待しました。1/2倍の性能はf3.5と同等で、無限は周辺が3.5より良いです。比較対象がAi50/1.4だったからでもありますが、あまり柔らかいとか諧調がよいとは思いませんで、むしろKRではf1.4やf3.5(借用オート二世代目)より色が鮮やかで流石新型と評価し、以後1.4の出番は夜だけに。

その後絞り自動調整の初代オートを入手し、近接に特化した尖った性能を楽しんでいます。最近安いのでNewも入手してしまいました。
返信 217 スポック  投稿日 2017/05/24(水) 21:55:04  削除
マイクロニッコール55mmF/3.5は、かつて「硬い」という評判がありました。
後に出た55mmF/2.8は柔らかいので、キレの良さを求めるなら55mmF/3.5の方が良いと。
私個人としては、55mmF/2.8の諧調表現の豊かさを気に入っていました。
蒸気機関車の黒がベタッとならずに、立体感を感じさせてくれる描画が好きでした。

で、最近思うんですが、
これって、フィルムによって、あるいは、イメージセンサによって、後処理によって、変わるんじゃないか?と。
そうだとしても、同じフィルムを使って比較しても、レンズ毎に描写の違いは確かにあるので、
やはり、レンズの特性は気にしない訳にはいかないのですけど。
ただ、硬すぎるのか?柔らかすぎるのか?ちょうど良いのか?などの感じ方は、
受光側に何を持ってくるのか?で、評価はかなり変わるような気がするようになったのです。

いっとき、解像度よりコントラストが重視される時代がありました。
デジタル時代になって、画像処理の技術レベルが向上すると、
コントラストは後処理でどうにでもなり、解像度が再び重視されるようになりました。

無知蒙昧な私には頭がついていけないのですけど、
レンズ設計において、解像度とコントラストは相反することもあるそうです。
ヌケの良さとMTFは必ずしもイコールではなく、これも相反することがあるそうです。
もっと判らないのは、ミリ10本のMTFとミリ30本のMTFは、設計上相反することが多いというのです。

解像度は高い方がいいに決まっている。
コントラストは高い方がいいに決まっている。
ヌケは良い方がいいに決まっている。
諧調はなだらかな方がいいに決まっている。

だけど、これらを全部重視することは不可能なので、
それぞれをどれくらいのバランスで実現しているのかがレンズの味なんだそうで、
最終的には自分の目的に合ったものを見つけるしかないのかも知れません。
けれども、自分の鑑識眼などアテにならないことは百も承知しているので、
れんずの神様の評価をお聞かせいただけるのは、いつもながら、ありがたいことです。
返信 216 れんずまにあ  投稿日 2017/05/22(月) 21:09:08  削除
EOS620で露光したのでどっちに投稿しようか迷ったけどニッコール使ったので。
キヤノンTTL調光対応マクロフラッシュのテストに、アダプタでマイクロニッコール55mmf3.5(クローム/ブラック、距離により絞り自動調節)を使いましたら、仰天のシャープさでした。
フジ業務用ネガ100でこれほど尖鋭な画像を見たことがありません。
取り込みはいつもシャープをOFFにしています。間違えてONにしたかと。いやコントラストやエッジを無理に立たせているという画像じゃなく、とてつもなく高解像で尖鋭。
やっぱしスゲエNikkor. でもEOS620のスクリーンも良い、EOSにしてはやるじゃないか。今となっては初期のEOSは結構好きです。AFで使う気は起こりませんが、単焦点でモノクロ撮影したいです。
返信 215 osakawanko  投稿日 2017/03/10(金) 19:38:59  削除
こんばんわ。
H2スクリーンとはマニアックな。といいつつ私も一つ持ってます。G2とかもあったりする。だけどH1は買い忘れたなあ。不思議と、35/2とかはH2なんです。28/2もH2だったかな。15/3.5もH2。だからまあいいかと買わなかった。けれど後から入手したニューニッコール35/2.8なんかはH1でないといけない。けど気付いたときには売ってない。ところで、H2が適したレンズは、talbelgでも使えるレンズだったりする。面白いですよ、DマットでH50mm/2よりも35/2の方が、周辺が暗くならない。35/2の射出瞳の位置が50/2よりもフィルムから遠い位置にあるんです。ライカフレックスがH型と同じ原理の透視マイクロプリズムファインダーなのに周辺が暗くならないのは、射出瞳の位置を望遠でも広角でも同じにしているからだそうです。フォーサーズみたいなことを60年代にやってるのはさすがライカですね。一方のnikonは、newの35/2.8を代表とするように、瞳の位置をレンズに近いところにおいて、小さな玉でもビグネッティングが起きないようにしたり、収差補正を楽にしたりして、ガラスを「質」「量」両面でけちっていた。このドケチさがタフなレンズ設計者を育てて今日のニッコールレンズを支える。面白いものですね。
返信 214 れんずまにあ  投稿日 2017/03/06(月) 22:08:15  削除
nikonF3にH型No2という標準用全面マイクロプリズムスクリーンを入れていたことがあります。
凄く明るくて輝くように綺麗。でもボケは全くわからない。
かなりピーキーなスクリーンで、広角は周辺が落ちるし(広角用はNo1がある)暗いレンズや接写は翳るしで結局方眼マットのE型に戻したのですが、面白くて魅力的なので、また使ってみたい。
もう今からNo1とかNo4とか欲しいといっても無いんだろうなあ...

H型より細かい全面マイクロはライカフレックスSL,SL2ですね。事実上交換できないので較べる物がありませんが、綺麗ですし支障なく使えます。でも超接写では暗くなってしまう。
さらに細かいのはアキュートマットです。ミノルタXシリーズでは接写でもまあまあ使える。ボケ味は全く再現性がありませんが、焦点合わせ専用と割切って使えば気にせず付き合えています。
返信 213 れんずまにあ  投稿日 2017/03/06(月) 21:27:22  削除
EMとFG, FG20のファインダー比較を致しました。
EMは外観と作動は良くスクリーンも綺麗でしたが、安いものを購入したためか、帰宅してファインダー光学系の薄いクモリを発見しました。直視しても逆光だと微妙にシャドーが立ち上がる程度のものです。
そういうハンディキャップがあることを前提ですが、EMはピントの山がよく立ち上がるのがわかりました。

まずEMのスクリーンは旧型ということですが、肉眼的にもEV1/3-2/3程度マット面が暗いのが実感できます。それとマット面のざらつきというか、なんというか明らかにグラウンド面の粒子の影を感じます。
それに較べFG/FG20は砂目の影を感じないぬめっという一様な明るさに見えます。正直綺麗だなと思います。
ところが40mmf2を装着して焦点を合わせてみると、特にFGと較べてフォーカシングリングを回した時にすっと山がわかる度合いはEMの方が上なのですね。
EMは山のピークが鋭く、ほぼリング回転の一点で合致するが、FGは山の頂点が緩やかでリングを少し振っても合焦して見えてしまいます。これでは被写界深度が浅いレンズの開放は外す可能性が出て来るでしょう。
FG20はFGより若干ピンが立つ「気が」しますが、これはカメラの程度がよいためかもしれません。
いずれのファインダー倍率も、視野率が同じとするなら両目で見ると完全に同じです。
ファインダー光学系のコストダウンがどれだけ見えに効いてくるかわかりませんが、確かにマットの山はEMの圧勝でしょう。

さて、以前F3でノクトニッコール開放撮影したときピンぼけ量産しまして、無限もずれてるようなのでSSに持ち込んだことがあります。フランジがずれていたそうです。青くなって当時持っていたFE, FG,F801sを持ち込んだらFGだけ正常でした。使っているうちにずれることもあるそうです。レンズの重みか何かでしょうか。暗いレンズを絞って使ったら全く気付きませんし、調整の必要もないかもしれませんが。
大口径の焦点合わせには、スクリーン以外にもボディ精度が重要ということを教えて頂きました。
返信 212 スポック  投稿日 2017/03/05(日) 19:08:29  削除
ニコンのファインダースクリーンのスプリット部は、F/5.6の最外周の光を素通しで眼球へ導きます。
合焦しているときは、レンズの中心部を通ってきた光も外周を通ってきた光も一点に集まります。
合焦していないときは、レンズの中心部を通ってきた光と外周を通ってきた光は、別のところへ届きます。
右側の外周を通ってきた光と、左側の外周を通ってきた光は、それぞれ互いの反対方向に逸れます。
それを「素通し」で見比べるのが「スプリットプリズム」の原理ですよね。
マイクロプリズムは、プリズムを細かくしたもので、ひとつひとつは素通しです。(ニコンではF/8)

ボケ像を目視するためには、拡散性のあるスクリーンが必須になります。
スプリットプリズムはもちろん、マイクロプリズムといえども、ひとつひとつは素通しなので、
合焦していない像が「ガタガタ」には見えても「ホワッ」とは見えません。
それでも、プリズムの一粒一粒が点に見えるほど小さければ、「ガタガタ」もボケに見えてしまいます。
ただそれでも、なんとなく、ボケの癖みたいなものが残るので、好みが分かれるのでしょうね。

マイクロプリズムを敷き詰めたマット面も、インテンスクリーンも、拡散させてはいないのですが、
インテンスクリーンに関しては、一本一本の光ファイバーの中で、直進する光と、
反射を繰り返した光が混ぜこぜになって出てくるので、一本一本の中では拡散光みたいなものです。
ただ、透過光はあくまで、この一本一本の光ファイバーの閉じた中だけで混ぜられるので、
それが隣の光ファイバーとの関係を問うと、マイクロプリズムみたいな感じに見えるでしょう。

スリガラスの表面はランダムな凹凸になっていて、拡散性もある意味では均一です。
それを、眼球方向に光を効率良く届けようと指向性を持たせたのが、新しいマットスクリーンです。
拡散性と指向性は、ある意味では、相反する性質です。ピントの山を重視するのか?
明るさを求めるのか?何を以って「見やすい」と感じるのは、人それぞれでしょうね。
返信 211 スポック  投稿日 2017/03/05(日) 19:07:27  削除
私が一眼レフを使い始めた頃は、全面マットスクリーンを全面的に(全機種で)使っていました。
ただ、当時の主力機はF2だったのですが、Bスクリーンに嫌いなところがありました。
中央に12φくらいの円が見えて、そこから外側にはフレネルレンズが入っているのですが、
そのフレネルレンズの有るところと、無いところに段差が見えるのです。かなりはっきりと。
それを不快に感じたので、フレネルレンズの無いDスクリーンに交換してみたのですが、
今度は周辺部が暗く見えるのですね。(特に広角レンズ)
F3のBスクリーンにそんな段差は見られなかったのですが、それが「F3オリジナル」だったのかどうか?
私がF3のBスクリーンを入手(新品を購入)したのが1983年頃なので微妙ですね。
それ以前に入手していたFEのBスクリーンには、そんな段差は見られなかったので、何だったんでしょう?
当時は「枠と中身を入れ替える」なんてことは、思いつきもしませんでした。

昔のマットスクリーンは拡散性が高いのは確かなのですが、それでも指向性があります。
太陽からの直射光がスリガラスを透過する様子を観察すると判ります。
フィルムは「そこに光が当たった量だけ感光する」のと同じように、
もしスクリーンが完全拡散板だったなら「そこに光が当たった量だけ明るくなる」ので、
そのスクリーンを、どのような距離、どのような角度で眺めても、同じように見るはずです。
しかし、マット面にも程度の指向性があるために、スクリーンに対して物理的に近い位置の眼球には、
光が効率良く届くとは限りません。それを補うのがコンデンサーレンズやフレネルレンズです。
返信 210 れんずまにあ  投稿日 2017/03/05(日) 16:44:58  削除
とても同意できるお話です。
しかし、なるほどintenの方が良いというかたもおられるのですね...

私は反inten派でして、でもそんなに経験がありませんので断ずるのは危険ですが...
Rollei3.5F, 2.8にintenがあったので試しに入れてみると、ことごとくピンが外れた経験、検証のため近距離を焦点合わせしてみたら、フォーカシングダイヤルを随分回してもピントの山が(ルーペで見る限り)かわらないんですね。
これは私の目の問題もあるんでしょうけど、intenに絶望したのも事実で、あまりに拡散性の少ないスクリーンは警戒すべきかなと。
もちろん暗いところで視認性が高い利点はあるのかもしれないけど、そういう所では開放を使う機会が増えるのでどうなんだと。

で、アキュートマット入りのハッセルも特に広角ではリングを回しても焦点位置が変わらず、後ボケが異様に少ないという、似た状態に感じ、旧型スクリーンを愛用する所以です。
ただミノルタXシリーズに入ったアキュートは割によく見える気がするのは、レンズの口径が明るいからなのでしょうか。

F3は、倍率が落ちたHPより普通のアイレベルを選択しています。それでも最初に見た時倍率の低さにちょっとショックでした。
最近α7系の拡大表示を多用していると、ファインダー倍率の大事さがよく理解できます。
それならフィルムカメラでもマグニファイアという手があり、ベローズ用には持っていますがフィールドでは面倒で...
x1.2-1.3くらいのは付けっぱなしでいいですね。
そういう手が使えない場合の、光学レフレックスファインダーでの焦点の合わせやすさ、精度は、まさに長年の技術の精華だなあと思います。
ニコンのファインダーはかなり優秀なほうではないかなと。
返信 209 osakawanko  投稿日 2017/03/05(日) 01:25:44  削除
マットかスプリットプリズムかについては、y/cの8度くさび角プリズムはまるで当てにならなく、nikonの10度くさび角でまあまあ使える程度。マットに慣れると奥行きのある被写体のピン合わせにこれほど便利で確実なものはないです。スプリットは比較的遠距離の微妙なピント合わせには強いので、レンズの無限遠合致調整では使っていますが、私の撮影は中近距離(3〜0.5m)の被写体が多く、スプリットは使わなくなってしまいました。

ここまで書いてひっくり返すようですが、不思議なことに、マットでのピン合わせは慣れ、つまり脳みその鍛え方の部分も大きく、私はy/cはまるでだめ。intenもまるでだめ。けれど友人で、この逆パターン、nikonがまるでだめで、y/cでどんぴしゃの人がいる。私の目には合わないのですが、別の友人でminoltaSR7が良いという人もいます。ピンの捉え方は、何のファインダーで目と脳を鍛えたかで異なってくるのかなと思ってます。最後は自分のお気に入りファインダーを見つけるしかないのでしょう。
れんずまにあ様は、私と同じような傾向だし、これまで聞いた友人の話と合わせると、もしかするとマットファンには、nikon−talberg派と、y/c−inten派の二大派閥があるのかもしれません。
返信 207 osakawanko  投稿日 2017/03/05(日) 00:43:04  削除
みなさまこんばんわ。
EMとFGとの見えの差は、EMの予備機でFG買おうと某中古ショップで同じ50/1.4(5群7枚の旧型のマルチコートタイプAi改造品)を付けて2台を比べてみて、「あじゃー」と思った記憶が強く、その場でFGやめにしたんで覚えているんです。その後一時レンジファインダー機にメインを切り替えていたこともあり、露出をマニュアルでする便利さを覚えて、そのEMも手放しましたが、当時が懐かしく思い出されます。

EMの見えは、F3を高倍率化してさらに明るくリファインしたような見え方で、K型スクリーンで比べるとEMの方が明らかに上でした。F3はコンデンサレンズが一枚多いし、ピンホールミラーでミラー反射率が悪いし、視野率100%で倍率も低いので、EMより不利な点が多いんです。
talbelgは1と6を、6×6用のものをサンドブラスターとダイヤヤスリで整形して、D型スクリーンのマットと入れ替えたものを作って、F3に載せていまして、それとF3オリジナルのD型と比較したのですが、明るい玉は、talbergの圧勝。けれど2.8とか4ぐらいになってくると、talbergはざらつきが目立ってしまいます。オリジナルD(BでもKでも同じマットですが、なんにもないのが好きなもので)は、ボケ量はtalbergより少ないものの、ピントの芯の中に「ぼわっ」としたボケがまとわりついて、ピン外れと分かる。だから、talbergよりすんなり合うんです。ボケの見え方はtalbergの方が上ですよ。2.8より明るいレンズのボケ具合を見るには最高です。でもボケが正しく見えるかとピンがつかみやすいかとは別なんで、その意味でオリジナルも気に入って使い分けています。残念なことに、F3オリジナルスクリーンは、1983年ごろまでに終了し、以降、FE2と同じマットにされてしまいました。KとかDとかの横に赤い点「・」があるのが後期型、無いのがオリジナルです。ボディ番号帯では14・・・台ぐらいまででしょうか。F4現役時代まではオリジナルも見つけやすかったので、F4のスクリーンをF3オリジナルと枠だけ入れ替えて使ってました。
返信 206 れんずまにあ  投稿日 2017/03/04(土) 14:11:45  削除
ということでEM確保。ついでにFTn黒を衝動買い。
珍しいものではないと思いますが、この頃のブラックペイントにはとても物欲を刺激されます,
どちらも最近はもはや写真機の値段ではないレベル。
FG/FG20は実家待機してるので比較は後ほど。
手持ちの中からどのにっこおる様を付けて持ち歩くか、大変楽しみ。
返信 205 スポック  投稿日 2017/03/03(金) 23:40:01  削除
自己レス

> newFM2後期のアルミ羽根のシャッターは、F4のシャッターを転用したのだそうです。
これ、記憶が怪しいです。

F4とnewFM2後期型と、どちらが先だったか?
記憶があいまいなので、話が逆だったかも知れません。

いい加減な話の付け加えですが、
F4のシャッター羽根は、アルミと炭素繊維の複合材だったような記憶もあります。
返信 204 スポック  投稿日 2017/03/03(金) 22:25:35  削除
誤:FE2とFAは、これが出る以前に発売を終えていたので、採用されなからしいです。
正:FE2とFAは、これが出る以前に発売を終えていたので、採用されなかったらしいです。

↓もひとつ訂正
返信 203 スポック  投稿日 2017/03/03(金) 22:22:58  削除
誤:それならフラグシップのF4にはアルミ羽根を採用しても良さそうなものだと思いました。
正:それならフラグシップのF4にはチタン羽根を採用しても良さそうなものだと思いました。

↓訂正
返信 202 スポック  投稿日 2017/03/03(金) 22:21:36  削除
れんずの神様

> バラバラにならないことを祈るのみです。
ハニカムパターンにエッチングされたチタン羽根のシャッターは魅力的ですよね。
どうしてF4にこれを採用しなかったのか?最初は疑問に感じていました。
アルミ羽根に変わったのは単にコストダウンのためだと思い込んでいたのですが、
それならフラグシップのF4にはアルミ羽根を採用しても良さそうなものだと思いました。

チタン羽根のシャッターが壊れやすいことは、ずっと後になって知りました。
ただし、チタン羽根の採用を止めたのは、これが直接の理由ではありません。
チタンは御存知のように、非常に耐食性の強い金属です。
並みの電解液では全く溶けないので、簡単にはエッチングできません。
そのため、非常に毒性のきついエッチング液を使わざるを得ず、
環境基準が厳しくなったため、廃液処理が難しくなったのが一番の理由なのだそうです。

チタン羽根のシャッターが壊れやすいのは、羽根の材質がチタンだからではなく、
単に関節の強度が不足していただけのことです。材質の問題ではなく構造の問題です。
構造の欠点を改良するときに、時を同じくして材質をアルミに変えただけのことです。

newFM2後期のアルミ羽根のシャッターは、F4のシャッターを転用したのだそうです。
FE2とFAは、これが出る以前に発売を終えていたので、採用されなからしいです。

チタンがシャッター幕(羽根)の材質として優れていることは言うまでもありません。
しかし、エッチング方法に画期的な進歩が無い限り、再び採用するのは難しいでしょう。
ですから、たとえ問題点があってもチタン羽根のシャッターは貴重な存在です。
物欲を満たすという目的なら、やはり、こちらの方が「優れている」と思います。
返信 201 スポック  投稿日 2017/03/03(金) 21:46:51  削除
自己レス・・・というか事故レス

> それを支える蝶番の強度が追い付かず、
「蝶番」は折りたたむ方向に曲がるものですから、不適切な表現ですね。
上手い表現を思いつかないのですが、比較的マシな表現なら「関節」でしょうか。

縦走りスクウェアタイプのフォーカルプレンシャッターは、
いわゆる「ライカタイプ」のように、シャッター幕をドラムに巻くのではなく、
3〜5分割した長方形の平板(羽根)を短辺方向にスライドさせる構造になっています。
平行移動させるために、パンタグラフのような腕(これも薄板)に支えられていますが、
この腕とシャッター羽根を繋ぐ軸といいますか、やはり関節というべきか、
そこのところが外れてしまうのだそうです。

余計に、訳わからん説明になりましたでしょうか。
返信 200 れんずまにあ  投稿日 2017/03/03(金) 17:56:16  削除
osakawanko様

私もよく存じませんでしたことが多々あり、大変興味深く拝読致しました。
特にEMは力が入った良くできたモデルとは伝え聞いていましたが、所有したことが無く今回のご投稿は非常に物欲を刺激する情報でした。

私はFE世代で、絞り込んだり実絞りが大きくなるマクロ写真を趣味にしておりますので、FE2世代の明るいスクリーンは功罪相半ばでそれほど高く評価していません。
一度FEに新スクリーンを入れたことがありましたが、直ぐに戻してしまいました。
拡散性が高い旧スクリーンのほうがピントの山がわかりやすいのではないかと感じています。
その究極がタダの磨りガラスTalbergで、暗くなる引き替えに山の立ち方は気に入っています。
ローライ6000用の試作を譲渡頂き愛用しています。純正は明るいタイプ、山の立ち方は歴然です。周辺光量の低下は恐れていたほどではなく、広角系でも気にならない程度でした。

さて脱線しましたが、EMがそれに勝るほどというのは凄い。
スクリーンだけではなくファインダー光学系の出来がよいのでしょうね。
FG/FG20はキンキンに焦点合わせするというよりスナップ的に使うのであまり出来の悪さを自覚できないけれど、EMを入手したらよく較べてみよう。その辺は最近99%絞り優先AEなので、EMで問題ないわけです。
良いスクリーンは得難いもの。ただし、視力が良かった若い頃はともかく、老眼乱視が入ってきた此の頃、スプリットイメージのほうが正確で速いようになって....

FM2(new)の250が遅い件、アサカメのテストで知りました。失念しましたがFAやFE2などもそうじゃなかったかな。突っ込みには純正以外のストロボに対するマージンみたいな言い訳してたかしら...うちにも旧FM2がありますが、バラバラにならないことを祈るのみです。
返信 199 スポック  投稿日 2017/03/02(木) 22:19:56  削除
osakawanko様

非常に興味深い話で、ありがたく思います。

> EMのファインダーはF3以上。天下のtalbergも真っ青。
> 対するFGはコストダウンの塊で、見る影もありません。
これは初めて知りました。
私はてっきり同じものだと思い込んでいました。
実物を比較せずに思い込んでいてはいけませんね。

> それで1/250のダイヤル位置が実際は1/200で動作して、そこだけ1/3オーバーになる。
> これ、「1/250だけがオーバーになるんだけど調整してよ」と質問した人だけにニコンが教えてくれた話。
これも初めて知りました。
newの主目的がコストダウンでありことは薄々感じていましたが、
「1/250のダイヤル位置が実際は1/200で動作」という裏技は驚きです。

newFM2のチタン羽根モデルを珍重する人が多いのですが、
実際に撮影に使うのなら、アルミ羽根モデルの方が無難だそうです。
チタン羽根自体は大変丈夫なのですが、それを支える蝶番の強度が追い付かず、
最悪の場合は、シャッターがバラバラになることもあったのだそうです。

他にもご存知のことがありましたら、お教えいただけると嬉しいです。
もちろん、既出の話でも結構です。
返信 198 osakawanko  投稿日 2017/03/02(木) 21:32:04  削除
こんばんわ。
FM2(newなし)あります。年間30本〜40本通っている現役世代です。
FM系、正しくはFE系のスクリーンは、FE用、FE2用、FM3A用の3種類があることはよく知られています。FE用は、F3の初期まで使われ続けた伝統のマット面。FE2用は1983年頃から使われ始めたF3と同じ、1/3明るくなったマット面。FM3A用はマイクロプリズムを敷き詰めたマット面です。FM2(newなし)は、旧マットを使った最後の機種で、古き良きニコンの記念碑的な意味があります。
なお、EMのマットは伝統のもの。この改良型のFGはFE2式のもの。EMのファインダーはF3以上。天下のtalbergも真っ青。対するFGはコストダウンの塊で、見る影もありません。mamiyaZMは、EMと比べれば見劣りしますが、独特のフレア表現でピークがつかみやすく、なかなかのものです。
脱線しましたが、FM2のnew無しと(new)の差は、(new)がXポジションを省略し、シャッター羽根の枚数もnew無しより少ない。ようは(new)はnewなしのコストダウンモデル。膜速はnew無しより0.2ms上がったので、X=1/200が1/250表示可能なjisの許容量以内に入り、X=1/200ポジション省略を敢行。それで1/250のダイヤル位置が実際は1/200で動作して、そこだけ1/3オーバーになる。
これ、「1/250だけがオーバーになるんだけど調整してよ」と質問した人だけにニコンが教えてくれた話。ピンがつかめないスクリーンの件も含め、new無しの流通在庫を勧められ、今も家にいる。今では考えられない、正直で職人堅気なサービスマンがいた80年代前半の昔話。
なお、(new)は、作られた年代が長く、前期ハニカムチタンシャッターと後期プレーン高張力アルミシャッターの2種類が存在します。シャッター変えて(new)なんだったら、後期は(newnew)と表記すべきでしょうが、new投入の経緯から黙っておきたかったのかも。後期は真に1/250で作動するようです。
ところで401は時代からしてプリズムマットなのでしょうか?
返信 197 れんずまにあ  投稿日 2017/02/18(土) 22:36:56  削除
忘れていた。FM10ハーフ改造1台があった。

それはそれとして、FM3AとF6は、必要性がひくいものの物欲対象です。
FM3Aは、FM2とFE2を持っていたら、機能は包含されているし、個人的にはMDから電源供給がないのがマイナス。
F6は孤高の存在。最新レンズを使いたければこれしかないかも。残念ながら最新レンズが全然ない。
F3Lってなんですか。(昔同じ質問したようなデジャブが)あー、リミテッドか。そういえばありましたね。
チタン系は、タダでさえ頑丈な一桁の強度が10倍に高まっていて、私如きには豆腐に鎹の如くめり込むのでは。
返信 196 MATIA  投稿日 2017/02/17(金) 23:28:24  削除
まあ,ニコレックス系もターゲットにしましょうよ。
「ニコン」オート35は,ニコレックスのシリーズとしてみなされるようですし。

ニコレックス系では,ズームの現物を見たことがないです…。

FE10とFM3Aは,個人的に購入のチャンスを逃したのが痛いですね(^^;
とくに,FM3Aは新製品のときに買う気まんまんだったのが,あの斜めになったロゴを見てちょっと萎えてしまい,躊躇しているうちに,FinePix S1Proに目が移り,結局,D70を…

それはそれで,間違っていなかったと思っていますが。が。が。
返信 195 スポック  投稿日 2017/02/17(金) 22:54:26  削除
よく考えてみますと、
ニコンの一眼レフという括りなら、ニコレックスは除外できますね。

ニコンが「カメラの名前」から「ブランド名」になったのは、
1965年あたりからで、ニコマートFTは「ニコンのニコマートFT」ですが、
1962年に発売されたニコレックスFは「日本光学のニコレックスF」であり、
「ニコン」ではありません。(実際にカメラのどこにも"Nikon"という表記は無い。)

という訳で、
ニコンの一眼レフという括りなら、あとちょいです。
返信 194 スポック  投稿日 2017/02/17(金) 22:43:32  削除
MATIA大元帥閣下
れんずの神様

> ニコマートEL黒(借用品),F2白アイレベル,F2SB黒,
> FM白, FE黒(x2), FE2黒,FA黒,FG白,FG-20黒,FM2T,
> F501,F401X, F601M,F801s,F4,F70, F80
おぉっ、流石です。

もう一度整理しますと、
三人分合わせて、あと足りないものは、

オート35, ニコレックス全種、F2T, ニコマートFS, EL-W, FT3,
EL2, F3T, F3L, FM3A, FE10,

となりまして、ゴールが見えてきました。

ニコンのAF一眼レフという括りなら、既にコンプリートです。
Ai以降の一眼レフという括りなら、もう少しです。

> 高額なアイテムは,数は少なくても目立ちますしすぐには売れないでしょうし f(^^;
それよりも、捨てられて世の中から消えてしまう確率が低いので安心です。

心配なのは、オート35とニコレックスです。
市場でほとんど見かけませんし、人気が無いので、世の中にどれくらい残っているのか?
F2Tなど、タマ数こそ少ないのですが、私が生きているうちは、世の中に残っているでしょう。
少し下がったとは言え、おいそれと買える値段ではないのですが。
返信 193 れんずまにあ  投稿日 2017/02/17(金) 01:53:47  削除
カミングアウト
ニコマートEL黒(借用品),F2白アイレベル,F2SB黒,FM白, FE黒(x2), FE2黒,FA黒,FG白,FG-20黒,FM2T, F501,F401X, F601M,F801s,F4,F70, F80
最近特にリッチになれたのはMATIA主様とふくちょうさまのお陰ですが,よくこんなにあるなあと改めて.
それぞれ買った時はこういう目的で使う算段なんですが,ねえ.使わないといけない,反省.
F70に入れた24枚撮りが3ヶ月目に突入...

某店舗でF601Mが1諭吉様.久し振りにというか店では15年以上ぶり.確かに綺麗だったけど.
返信 192 MATIA  投稿日 2017/02/15(水) 08:46:42  削除
副長さま

1 FGが抜けていますよ(^^;
2 私はまだ,F2様にご降臨いただいておりませぬ。

一部のアイテムは価格の問題もありますが,タマが少ないという問題もありそうですね。
このあたりが,見つけにくいものではないでしょうか。

(まだマシ) FM2(Newではない) < EL2 < FE10 < FT3 < FS (難易度高)

意外と出会いないのが,納得いく価格のFG-20とFAだったり。

また,高額なアイテムは,数は少なくても目立ちますしすぐには売れないでしょうし f(^^;

なお,ひそかに「ピカイチ」のコンプリートも考えてはおります(まだ,なにが必要なのか整理していませんが)。
返信 191 スポック  投稿日 2017/02/15(水) 08:29:22  削除
↓あ、F2T(ネーム入り)を忘れてました。一般売りされたものとしては、これが最高値でしょうね。
返信 190 スポック  投稿日 2017/02/15(水) 00:12:25  削除
MATIA大元帥閣下

> このたびNikon F-601Mをいただいたことで,ようやく私も,
> ニコン「F三桁シリーズ」をコンプリートすることができた。
誠におめでとうございます。

> なお,つぎはNikon F100をお迎えしようと考えている。そうすれば,
> 「F二桁シリーズ」(Nikon F50,F60,F70,F80,F90,F90X,F100,U,Us,U2)もいちおうコンプリートとなる。
せっかくですから、
ニコン様一眼レフのコンプリートを目指しませんか?
ただし、一般売りされたボディに限るということで。(高速モーターは高杉)
閣下おひとりで難しければ、れんずの神様とスポックを合わせて、ならゴールも近い。

MATIA大元帥閣下は、
F, F2, F3, F4,
ニコマートFT, FTn,
FM, FE, EM, newFM2, U, Us, U2, FM10
F-三桁全種, (F100を除く)F二桁全種

れんずの神様は、
少なくともFAとFG-20を御餅

スポックは、
F一桁全種(F3はPなのでいったん除く)F3AFも蟻升
FE, F-501, F-401X, U2, F100,
ニコマートFT2,

ざっと見渡して足り無さそうなのは、
オート35, ニコレックス全種、ニコマートFS, EL, EL-W, FT3,
EL2, F3T, F3L, FM2, FM2T, FE2, FM3A, FE10,
このうちF3LはF3Pとほとんど同じだから負けてちょ、ということで、
値が張りそうなのは、F3T, FM2, FM2T, FE2, FM3A, くらいでしょうか?
返信 189 MATIA  投稿日 2017/02/01(水) 17:42:42  削除
れんずの神様,副長様

>F-601MはGレンズが使えて、F-601では使えないのは何故なんでしょう?

そう,そこなんです。

で,F-601MとF-601との間の違いと言えば,AFの有無とフラッシュ内蔵の有無ですね。
ただ,AFは露出制御とは無縁(F90以降の3D測光なら影響があるのかもしれませんが)だから,関係なし。かといって,フラッシュが内蔵されていることで問題がありそうにも思えませんし。

そのあたりの挙動を確認したいのですが,いまあまり時間が確保できず,さらにこれとは別に「変なカメラ」が生えてきてしまったので,そちらもなんとかしたいな(見通しは絶望的ですが)と悪あがきしていたりします f(^^;
返信 188 スポック  投稿日 2017/01/31(火) 00:00:22  削除
MATIA大元帥閣下
れんずの神様

> F3桁シリーズコンプリートです(QD/非QDは除く)。
誠におめでとうございます。

> F-601Mでいちばん気になっていたのは,Gレンズの挙動です。
> なぜ,F-601Mは「AモードとMモード以外は使える」のに,
> F-601は「使えません」なのかが,理解できていないのです。
私も見ていたはずなのに今まで気が付きませんでした。
たしかに不思議ですよね。

> F4、F90Xシリーズ、F90シリーズ、F70D、F-801シリーズ、および、
> F-601MではAモードとMモードが使用できません。
これはボディ側に絞りを設定するダイヤルが無いからですよね。
(絞りの制御はできる。)

> F3AF、F-601、F-501、および、F-601Mを除くMFカメラでは使用できません。
ほとんどのMFカメラでGレンズが使えないのは、
F-601M以外のMFカメラがCPU連動になっていないからですよね。
AFカメラのうちF3AFはCPU連動になっていないのでGレンズが使えないのは合点がいきます。
では、なぜF-501AFではGレンズが使えないのでしょう?
これも謎だったのですが、もしかしたら、
瞬間絞込み測光が何か関係しているのかな?とか推測していました。
ちなみに、非CPUレンズでプログラムオートが働くAFカメラはF-501AFだけです。
これは明白に瞬間絞込み測光のお蔭です。

それにしても、
F-601MはGレンズが使えて、F-601では使えないのは何故なんでしょう?
返信 187 れんずまにあ  投稿日 2017/01/29(日) 23:10:22  削除
主様に喜んで頂き何よりでございます。
さて、当家のGレンズは一本のみで出張中でありますれば、検証できておりません。
左様ですか、AとMが使えないと。不思議なことです。
するとカメラ側からの任意の絞り設定が出来ないということでしょうね。
SとPはいけるわけですので、S, P, Pmがあれば撮影に困ることはないでしょうが、日頃Aを主に使っている私には不慣れなことになります。
F401は何も書いておりませんが、以前その数少ない35mmf1.4GとCオート35/1.4を比較試写したときはこともなく使えていたので、おそらくF401XはG行けるのではないかと思っています(確証はありませんが)

F601Mは401や801と較べてシェイプアップされたボディがよろしいですね。ペンタプリズムなのもポイントです。
返信 186 MATIA  投稿日 2017/01/29(日) 19:13:34  削除
れんずの神様

本日,御下賜物を拝受。誠に深謝の極み。

通電およびMの動作を確認しました。
おかげさまで,F3桁シリーズコンプリートです(QD/非QDは除く)。
F-601Mでいちばん気になっていたのは,Gレンズの挙動です。

http://www.nikon-image.com/products/lens/combination/
>Gタイプレンズとの組み合わせについて
>(略)次のフィルム一眼レフカメラには、制約が生じます。

>F4、F90Xシリーズ、F90シリーズ、F70D、F-801シリーズ、および、
>F-601MではAモードとMモードが使用できません。

>F3AF、F-601、F-501、および、F-601Mを除くMFカメラでは使用できません。

なぜ,F-601Mは「AモードとMモード以外は使える」のに,F-601は「使えません」なのかが,理解できていないのです。

ところで「タンポポチップ」といえば,EOS用のマウントアダプタで「フォーカスインジケータが使える」ものに内蔵されている,ということは聞いたことがありますが,その実態はよく知りませんでした。
返信 185 れんずまにあ  投稿日 2017/01/29(日) 15:41:42  削除
ところで皆様、タンポポチップなるものをご存じかと思います。
アレを装備することでMFニッコールがーPタイプに準じたCPUチップ内蔵になるという。
それでメディカルニッコール絞り制御をF401などで行えないか、妄想しています。
メディカル100は、撮影距離に応じて絞り込まれるフラッシュマチックですから、最短付近では最小絞りになり自動絞りレバーを加減することでf4から全ての絞りが使えるのでは。
勿論遠距離では絞りを開いてしまうのでレバーの加減はできないのですが。
返信 184 れんずまにあ  投稿日 2017/01/28(土) 19:47:23  削除
発送。取り敢えず作動はOKのよう。お待ちを。
返信 183 スポック  投稿日 2017/01/26(木) 12:47:07  削除
れんずの神様

> MATIA主様のことを言って居られるのも理解しておりましたが、
> 万一副長様もほしかったらと一度声を掛けてみたのでございます。
そうでありましたか。大変失礼しました。
しもじもまで、思し召しいただきまして、誠にありがたく存じます。

ただ、拙宅にいただきますと、
F-600Mの位置づけがF100と被ってしまい、
出番が無くなってしまいそうです。
(単三で使えるF100を優先してしまうでしょう。)

> 拙宅でも活用出来ますので、どうかお気になされないよう。
ありがとうございます。
どうか、この世から消えることが無いように願う次第です。
返信 182 れんずまにあ  投稿日 2017/01/25(水) 18:48:29  削除
ふくちょおさま、こちらこそ混乱させてすみませむ。
MATIA主様のことを言って居られるのも理解しておりましたが、
ほとんど負担にならない(数回梅田往復するほうが高い)金額ですので、
万一副長様もほしかったらと一度声を掛けてみたのでございます。
MFカメラとしては希有なマルチパターン測光機で、さらにスピードライト制御もなかなかのもの。
それでいて、最近視力に自信がなくなってきた私にも優しいスプリットイメージ。
拙宅でも活用出来ますので、どうかお気になされないよう。
返信 181 スポック  投稿日 2017/01/25(水) 00:30:46  削除
れんずの神様

ごめんなさい、ごめんなさい。

> 「これがあればコンプリート」でしたので、
というのは、MATIA大元帥閣下の大コレクションのことだったのです。
以前に閣下が大阪凱旋をなさったときに、
ライカなら間違っても捨てられることも無かろうけど、
国産普及機は下手をすると世の中から消えかねない、という話になり、
閣下がニコン様のコンプリートを目指すと宣言されたので、
それなら私も微力ながらお手伝いを買って出ていたという次第。

誤解を招くようなことを書きまして、誠に申し訳ございません。m(__)m
返信 180 れんずまにあ  投稿日 2017/01/24(火) 14:42:18  削除
素歩句副長様

偶然とはあるもので、2台目が入りそうなのですが、副長様如何ですか。
随分とお世話になっておりますので。
実は今回の海外F601M, 注文してから2ヶ月近く待ったのです。
普段は送金したら1週間で届くこともあるほど早いのですが、
今回はトランプさんが横槍を入れたのか、発送マークがついてから随分待ちました。

その間、大昔F601Mをお使いだった先輩に、欲しい方がおられるので使っておられなかったら回して下さいと打診していたのです。
どうもいくらかのバーターで入手出来そうな気配です。
さてはて、まだ動いているかは不明ですが....
返信 179 スポック  投稿日 2017/01/24(火) 12:33:24  削除
MATIA大元帥閣下
れんずの神様

> F-601M様,日本国内ではそういう価格,珍しいのではないでしょうか。
価格以前に日本国内では存在自体が珍しいように思います。
「これがあればコンプリート」でしたので、
私も徘徊しているときは結構気を配って見つけるように努めていましたが、
さっぱりお目にかかれたことがありません。

>> しばらく試用したらお布施の予定。良いですか?
> F-601M様があれば,「F3桁シリーズ」がコンプリートになります♪
誠におめでとうございます。

ただ、神様からの授かりものですから、
「お布施」ではなく「下賜」ではないかと。
返信 178 MATIA  投稿日 2017/01/24(火) 06:06:19  削除
F-601M様,日本国内ではそういう価格,珍しいのではないでしょうか。
あるところには,ある。ということかしらん。

F-601M様があれば,「F3桁シリーズ」がコンプリートになります♪
返信 177 れんずまにあ  投稿日 2017/01/20(金) 18:23:48  削除
海外通販でF601M本日到着.17ドルもした。ついでがなければ買わない所。
CR-P2が手元にないので動作確認はできていないが、状態は良好。
背面の艶消し塗装はだいぶ剥離している。
しばらく試用したらお布施の予定。良いですか?
返信 176 スポック  投稿日 2017/01/16(月) 22:52:14  削除
れんずの神様

無知蒙昧な愚問に正面からお答えいただきまして、深く感謝しております。m(__)m

>> 異常部分分散の性質を持っているガラスは、すべて「超」低分散と呼べるほど、
>> 分散特性が低いものばかりなのでしょうか?
> どこまでを異常部分分散とするかにもよりますが、
> 1,収差補正に効果的なレベルでの異常部分分散を要求するなら、フッ化クラウンかリン酸クラウン系の超低分散ガラスしかない。
> 2,超低分散以外の、分散が大きなガラスにも、よわい異常部分分散を示すガラスは存在する。
> と解釈しています。
なるほど、そういうことなら、
超低分散ガラス≒異常部分分散ガラス
と解釈しても良さそうですね。

> わざわざ日本語を変えているだけで深い意味はないと想像しています。
> 無法地帯なんじゃないかなあ。
「言うたもん勝ち」ということでしょうか・・・日本語に拘っても意味なさそうですね。

混乱招くような名前付けるなよ>>日本光学
・・・って、混乱しているのは頭の固い私くらいか(自爆)

> 二枚接合アクロマートレンズを設計しよう! というページ
これは面白そうだ、と見に行ってみると、英文でした。(沈没)
返信 175 れんずまにあ  投稿日 2017/01/15(日) 12:29:59  削除
二枚接合アクロマートレンズを設計しよう! というページ
www.telescope-optics.net/designing_doublet_achromat.htm

に、先ほどのKzSF:クルツスペシャルフリント ならぬKzFS(同じモノか不明)が記載されてまして、グラフからは分散は中くらいで少しラインから外れている程度のレンズのようですね。

グラフ真ん中辺りの外れた所にB19-61というコーニングのガラスがあり、面白いですね。どう使うんだろう。
また左下ほど性能が高いと書きましたが、線から外れるほうが良いなら左上に行くほうが良いわけで。
蛍石CaF2は左やや上です。オハラのFPL53は性能良さそうですね。これがどうもトキナーFK03みたいです。

このグラフでは低分散または超低分散とされていて、分散の程度によってそう呼ばれているとゆるく考えて良いのではないでしょうか。
返信 174 れんずまにあ  投稿日 2017/01/15(日) 12:00:18  削除
ふくちょうさま
ご質問の、超低分散ではない、異常部分分散特性をもつガラスはあるか、という点ですが、どこまでを異常部分分散とするかにもよりますが、
1,収差補正に効果的なレベルでの異常部分分散を要求するなら、フッ化クラウンかリン酸クラウン系の超低分散ガラスしかない。
2,超低分散以外の、分散が大きなガラスにも、よわい異常部分分散を示すガラスは存在する。
と解釈しています。

ショットのページでは見つかりませんでしたが、Relative partial dispersions Px,yとアッベ数のグラフを見付けましたので
//www.zemax.com/os/resources/learn/knowledgebase/how-to-use-the-model-glass
このグラフの左下はいわゆる超低分散/異常部分分散です。その他のガラス、特に旧ガラスは直線上に乗っていますが、右肩の分散が大きなガラスも少しラインから外れています。

右肩のガラスを効果的に設計で使えるかは、光学技術者ではないので皆目わかりかねますが、今のところ写真レンズに大々的に使ったと宣伝されてはいないので、少なくとも宣伝に値するものではない感じですね。

一つ気になるのがHoyaページで紹介されているADF(異常分散フリント)でショットではKzFSですがショット表にはなくなっていてどういう屈折率や分散かわかりません。Hoyaはダウンロードデータなのでもうややこしいからやりません(>_<)

さて用語の違いですが、これも各社の宣伝意図をはかりかねますのでコメントしづらいのですが、「超低分散」と宣伝されるもの、「異常分散」いずれもアッベダイアグラム左下のガラスであることは確かです。その先に蛍石があるわけですが、光学ガラスで如何に蛍石に近い特性が得られるかが開発の歴史なのはご理解の通りです。

どうも左下に行くほど性能(色収差補正能力)もですが値段も高くなるようですね。段違いに高いガラスを使ったときに、それをあたかも新しい材料のように(間違っては居ませんが)宣伝したい、というか価格上昇を上回る商品力をつけたいのは人情ですよね。

ということで、わざわざ日本語を変えているだけで深い意味はないと想像しています。本質的にはこのグラフの意味以上のことはないと思っています。おっしゃるような電波法みたいにカテゴリが正確に決まっているなら別ですが、無法地帯なんじゃないかなあ。
返信 173 スポック  投稿日 2017/01/15(日) 00:00:07  削除
れんずの神様

知識の深さと正確さには格の違いを感じてしまいます。

> 「超」低分散ガラスはすべからく異常部分分散の性質を持っている。
なるほど、れんずの神様くらい綿密に調べられていると、説得力がありますね。
・・・ということは、「超低分散」と呼んでも、「異常低分散」と呼んでも同じこと。
でも、それなら、どうして、わざわざ語感の悪い「異常」という呼び方をするのでしょう?
セールストークなら、どう考えても「超」の方が好印象だと思うのですが。
私はどうしても、そのあたりに得心できないのです。

厚かましくも、さらにお尋ねしたいのですが、
異常部分分散の性質を持っているガラスは、すべて「超」低分散と呼べるほど、
分散特性が低いものばかりなのでしょうか?
要するに「イコール」なのか?「部分集合」なのか?を知りたいのです。
返信 172 スポック  投稿日 2017/01/14(土) 23:57:55  削除
全く話は違いますが、当時のテレビはチャンネルを選ぶのに、
NHKは'2ch' NHK教育は'12ch'という具合に、ダイヤルをガチャガチャ回していました。
ラジオの選局とは違い、回すと次のチャンネルに「ガチャン」と切り替わりました。
ところが例外的に'U'とうものがあり、これに合わせたときは、隣のダイヤルを回して、
ラジオの選局のように、じわじわと回して、最も鮮明になったところで止めました。
'U'って何じゃろ?・・・いろいろと尋ねてまわり、それが'UHF'の略だと知りました。
じゃぁ'UHF'って?・・・'Ultra High Frequency'だそうです。ウルトラマンのウルトラ。
正式には極超短波だそうですが、直訳すれば超高周波でしょう。
NHKの'2ch'などは'VHF'(Very High Frequency)と呼ばれていました。
「非常に高い周波数」より、さらに高いのが「超高い周波数」ということになります。
なお、電気の世界では、周波数が高くなる方に向かって、
VHF = Very High Frequency = 超短波 = 30 - 300MHz
UHF = Ultra High Frequency = 極超短波 = 300MHz - 3GHz
SHF = Super High Frequency = センチメートル波 = 3 - 30GHz
EHF = Extremely High Frequency = ミリ波 = 30 - 300GHz
というように、言葉が強くなります。
ウルトラもスーパーも「超」という意味ですが。

さて、話は戻って「異常低分散」です。
「超」じゃなくて「異常」です。
'EDレンズ'は'Extraordinary low dispersion lens'の略なので、
普通に訳せば「特別な低分散レンズ」になるはずです。
超をさらに超えるという意味で「特別な」というのなら解ります。
しかし「特別」ではなく「異常」と日本語化されています。
日本語において「異常」という単語は普通はあまり良い意味で使われません。
ちなみに、私は褒める意味で「変わり者」と呼ばれた経験はありません。
きっと何か本当に特別なことがあるのだろう・・・と感じました。
通常とは異なる何かがあるから「異常」なんだろうと。

それから時間が経って、少しはレンズの知識を得たつもりになったころ、
部分分散という言葉を知りました。確かに「まともではない」分散特性です。
「異常」の意味は、これだったのか・・・やっと納得したような気になりました。

タムロンSPシリーズ初の高倍率ズーム24-135mmF3.5-5.6の広告を見たとき、
非球面レンズ、LDレンズ、ADレンズが採用されているとのこと。
ADレンズって?やっぱり「超低分散」とは明らかに違うんだ、と膝を打ちました。
返信 171 スポック  投稿日 2017/01/14(土) 23:56:41  削除
1975年に日本光学が 600mm, 800mm, 1200mm のEDニッコールを発売したとき、
異常低分散レンズという単語を初めて知りました。
それ以前にも、札幌五輪報道用の300mmF/2.8に異常低分散レンズが採用されていて、
また、一般用には1973年にニッコールオート400mmF/5.6にも採用さていたらしいのですが、
それらのことは、ずっと後年になってから知りました。

「異常」って、何が異常なの?
それはともかく、EDレンズを一枚採用するだけで、
従来製品に比べて価格が二倍くらいになっているのを見て、
「きっと何か凄いんだろう」と思っていました。
返信 170 れんずまにあ  投稿日 2017/01/14(土) 00:51:02  削除
ふくちょうさま。
ああ、そういうご理解なのですね。
私も「超低分散ガラス」という用語は商標程度にしか意識しておりませんでしたが、主に使用しているオハラ光学とトキナーのページを読み、異常部分分散特性を持つFK01,02,03をSDまたはスーパーSDと呼称していることを確認しました。
www.tokina.co.jp/camera-lenses/icon.html

さて,それでは部分分散が正常な、低分散LDと呼ばれている従来ガラスよりも特別に分散が低い新種ガラスがあるのかを探してみました。
オハラ、hoyaと見ましたが難しくて見難い。
ショットのファイルがわかりやすい構成になっています。
www.schott.com/advanced_optics/japanese/knowledge-center/technical-articles-and-tools/abbe-diagramm.html#
超とつけられるのはアッベ数が80を超えるフッ化クラウン系のFKかリン酸クラウンPKの一部でしょうか。
これらの部分分散が正常からどれだけ偏倚しているかを示すデルタPの値は、異常部分分散を示しています。

アッベ数70以下に範囲を緩めれば、屈折率<1.5で結構低屈折のFK5HTiやN-BK10は明らかに正常部分分散ですね。
ただこれらを「超低分散、正常部分分散ガラス」と改めて呼ぶのかなあ、と思うのであります。それは従来のくくりでいう「低分散ガラス」なのではないかなあと。

さてアッベ数60以下の分散が大きいガラスをつらつら見ると、部分分散の偏倚は見事に正常に近い数値で、面白いなあと思いました。

私の理解の範囲では、
1,「超」低分散ガラスはすべからく異常部分分散の性質を持っている。
2,異常部分分散ガラスと超低分散ガラスは単なる日本語の呼称の違いで、商標みたいなものである。
と考えています。
返信 169 スポック  投稿日 2017/01/11(水) 22:55:22  削除
釈迦に説法ではありますが・・・

> 会社によって色々な呼び方をしているようですが、同じモノのようです。

写真レンズにおける色収差の補正は、
低分散凸レンズと高分散凹レンズを組み合わせるのが基本です。
凸レンズと凹レンズを組み合わせるといっても、
全体として正のパワーを持たせなければなりませんから、
(つまり凸レンズのパワーを勝たせなければならない。)
凹レンズの分散を強めるか凸レンズの分散を弱めるかしておかないと、
色収差が残ってしまいます。
このとき無闇に高分散のレンズを使うと他で暴れるのでなるべく避けたい。
そこで凸レンズにうんと低分散のレンズを使うと補正が楽になります。
これが「超低分散レンズ」の効能です。

ところで、レンズの分散特性というものは、
光の波長によって屈折率が変わるという性質です。
基本的にはコイルやコンデンサが周波数によって抵抗値が変わる
(これをインピーダンスと呼ぶ)のと同じようなものです。
つまり比較的簡単な関数で表現できる直線素子のようなものです。

分散特性の違うレンズを組み合わせるとき、
上に凸の関数と下に凸の関数の傾きを揃えようとすると、
どうやっても、完全に重ね合わせることができません。
長波長と短波長の両端で交差させると中間波長では差が開きます。
これがアクロマートレンズの二次分散です。
分散特性が直線的なレンズをどのように組み合わせても、
この二次分散を完全に抑え込むことは理論的に不可能です。

Wikipediaにも書かれていますように、
異常低分散レンズは「異常部分分散性」を持っており、
波長と屈折率の関係が直線的ではありません。
電子回路に例えるなら半導体のようなものです。
ある特定の波長域の光に対して「直線的ではない」
ひねくれた分散特性を持つレンズです。
これを素直な分散特性を持つレンズと上手く組み合わせると、
二次分散を発生させずに広範囲な色補正を実現できます。

つまり超低分散レンズはあくまで素直に分散が少ないレンズであって、
異常低分散レンズのようなひねくれた分散特性のレンズとは違うものです。

かつてタムロンでは、
超低分散レンズをLDレンズ
異常低分散レンズをADレンズと呼んでいたように憶えていたのですが、
さきほどタムロンのサイトを見ると、
LD(Low Dispersion:異常低分散)レンズ
AD(異常部分分散)レンズ
と記載されていました。私の記憶違いだったようです。
返信 168 れんずまにあ  投稿日 2017/01/11(水) 21:08:27  削除
> これは、バックフォーカスを稼ぐために、
> 軽いレトロフォーカスを構成する凹レンズだと聞いたことがあります。

凹レンズは焦点距離を伸ばすはたらきがありますので、するとメインのレンズは50mmより短いのでしょうね。
最前部に凹レンズを配置した有名レンズは、イカレックス用のウルトロン50/2があります。

> Otus 1.4/55 なんか、10群12枚で、そのうち5枚が異常低分散レンズなのだそうですが、
超低分散レンズならともかく、異常低分散レンズを何枚も使うメリットって何なんでしょう?

会社によって色々な呼び方をしているようですが、同じモノのようです。
Wikipediaの異常分散レンズという項目が概要わかりやすいです。
超低分散:SD(super low dispersion)はトキナーの呼び方です。
実は完全な対称型レンズで1:1撮影するなら、前後で色収差と歪曲などが相殺されるのでクラシック製版レンズはEDなど使わずともアポ補正できてたりします。でも普通の写真レンズは1:1では使わないので対称型といえど収差が無視できないそうです。

さて、異常低分散レンズといえど、1枚で補正しきれないと、複数枚を要するのでしょうね。
望遠レンズでは軸上色収差補正のためEDを使います。ニッコールEDも複数枚のEDやスーパーED, 最近は蛍石まで使っていますね。
レトロフォーカス広角レンズでは倍率色収差補正が目的です。
Otusは55mmで、著しく非対称なので、両方を補正するのでしょうか。Otusは実用を超えた、可能な限りの収差補正をされているそうですから、僅かな収差も除去する方針なのでしょう。
返信 167 スポック  投稿日 2017/01/10(火) 22:33:15  削除
れんずの神様

お教えいただきまして、ありがとうございます。
流石はれんずの神様だけあって、正確でかつ判りやすい解説でありがたいです。

> 厳密には7枚構成ですので完全なシンメトリーではありません。
言われて見直してみれば、確かに後群の方が一枚多いですね。
パッと見で、対照型かと勘違いしてしまいました。

> マミヤセコールオート50mmf2がそうですし、ニッコールH50mmf2もそうです。
おぉ、そうなんですか!
股苦尻間栓出舌。

ところで、
NIKKOR H Auto 50mm F/2 の前身である NIKKOR S Auto 5cm F/2 は、
最前面に一枚余分に被さったようなレンズ構成ですが、
これは、バックフォーカスを稼ぐために、
軽いレトロフォーカスを構成する凹レンズだと聞いたことがあります。

一眼レフの黎明期は、いろいろと苦労があったみたいですね。

> それに最近はデジタル用としてあっと驚く多数枚構成の50mmが沢山出ていますね。
Otus 1.4/55 なんか、10群12枚で、そのうち5枚が異常低分散レンズなのだそうですが、
超低分散レンズならともかく、異常低分散レンズを何枚も使うメリットって何なんでしょう?
返信 166 れんずまにあ  投稿日 2017/01/10(火) 18:38:33  削除
ふくちょうさま、こんにちは。

コシナの58mmですね。昨年秋に広告が出ていたので、既に発売されていたかと思っていました。
あ、と思ったら、10月くらいに発売されていたみたい。
さて、このレンズの中身は、2003年に出たコシナ オートトプコール58mmf1.4(NFマウント)のままです。
その後意匠を変えて、フォクトレンダー ノクトンの名前でNFとEOS、PKマウントで発売、
そして同じ意匠で電子接点を追加しデジタル一眼でも使いやすくなった2型を経て、レンズ構成を変えないまま今回のオートニッコール似のモデルに至るわけです。

対称型かどうかですが、厳密には7枚構成ですので完全なシンメトリーではありません。最後エレメントが2分割されていて、それがバックフォーカスを伸ばす効果があるそうです。
主にf1.4以上の明るい50mmクラスに用いられています。
もうひとつは、2枚目と3枚目が本来のダブルガウスタイプでは接合されていますが、これは分割されいわゆる空気レンズとなっていて、収差補正に働いているそうです。
f2クラスになると、レンズ自身の厚みが少ないためかバックフォーカスを無理して伸ばす必要性が少なく、また設計の進歩もあり2−3を接合したままの4群6枚、完全な対称型ダブルガウスのレンズが多くあります。

マミヤセコールオート50mmf2がそうですし、ニッコールH50mmf2もそうです。
通常のミラーを備えた35mm一眼レフ用の、50mmf1.4で完全な対称型は私は見たことがありません。

それに最近はデジタル用としてあっと驚く多数枚構成の50mmが沢山出ていますね。
返信 165 スポック  投稿日 2017/01/09(月) 23:19:36  削除
↓コシナがこんな標準レンズを発売しました。

NOKTON 58mm F1.4 SL IIS
http://www.cosina.co.jp/seihin/voigtlander/slr-mount/slr-58mm-s/index.html

メーカーが発表した断面図を見る限りにおいて「対照型」に見えます。
私は自分が知る限りにおいて、一眼レフ標準レンズの「対照型」を初めて見ました。
今まで見たことが無かったものですから、漠然と無理なのだと思い込んでいました。
でも、実際に発売されましたから、不可能では無かったわけです。
長焦点レンズなら、たとえば、ニッコール10.5cmF/4のように、
酉プレットの「対照型」という例はありました。
れんずの神様ならご存知だと思いますので愚問ではありますが、
1.過去に対照型の例はあったのか?
2.対照型が少ない理由は何か?欠点など。
などをお教えいただけるとありがたく思います。

それにしても、AI化改造されたニッコールオートそっくり。
返信 164 スポック  投稿日 2016/12/18(日) 22:12:09  削除
れんずの神様

> ただ、R1C1でワイヤレスする目的でF6を求めるのはなんだか。
> その目的ならデジイチで良い訳です。それも定常光限定の便利機能は不要なので、型落ちでも良いし。
私は脳味噌が古いので、ここ一番のときは、どうしてもフィルムで撮りたいのですが、
それでも「これは、フィルムじゃ駄目」ということもあります。

1.製品カタログに使う写真(データを印刷屋さんへ送らなければならなので)
2.夜間、照明塔に照らされた機関車(露出の正解が無い。結果を見てオーライの勝負)

私は小動物を撮ることはあまり無いのですが、
もし、これを撮る、特にスピードライトで撮るということになれば、
迷うことなく、デジイチを使うでしょう。
水槽の魚を撮るとしたら、やっぱりデジになると思います。

デジイチがこれだけ普及している時代ですから、
たとえ「ニコンクリエイティブライティング対応機種」でも、
それをメリットとしてF6を買うのは非現実的ですよね。

> F6はあくまでもフィルムに拘る撮影に供したい。すると手元のF4ともバッティングしてくるのですね。
私が最も快適と思えるィルムカメラはF4です。
20年ほど前にF5を買ったとき「F4はよかったなぁ」と思ったものです。
じゃぁ、なんでF5なんか買ったのか?
理由は「マニュアル露出でブラケッティング(自動段階露光)が出来る」からです。

私が気合を入れて撮るときは、入射光露出計とマニュアル露出と決まっています。
そして、針の穴を通すようなラチチェードの狭いポジフィルムで撮るときは、
ほとんどの場合で、ブラケッティングを使います。
段階露光ナシの一発勝負でも95%以上は、露出を外さない自信はあります。
それでも、三段階露光を前提に露出を合わせたら、100%外さない確信が持てます。
そして、実際に三段階露光で露出を外したことは、一度たりともありません。
入射光露出計で測った値を元に、勘で決めた露出をカメラにセットしようするときに、
オートだと凄く面倒臭いんですよ。マニュアルならダイレクトでいけるのに。
だから、私は「マニュアル露出でブラケッティング」は絶対にに欲しいのです。
それと、忌々しいGレンズをマニュアルで使えないF4はやはり不便。
これはF4が悪いのではなく、Gレンズが悪いんですけど。
で、F5とF4を併用していた時代もあったのですけど、
メインをF5にすると、やり難いと感じることが多くなり、
最終的にF6とF5との併用に落ち着きました。
返信 163 れんずまにあ  投稿日 2016/12/17(土) 15:58:34  削除
ふくちょうさま。貴重なご経験の披露ありがとうございます。

> でわ、F6をゲットしましょう!

ごもっともです.まだまだ良い値段を維持してますね。

>> もうF6よりD700買う方が中古価格安くね?
> 私、実は2009年にF6を新品で買ったんです。そのとき、多くの知人から、さんざん(略)
そんなアホなもん(F6)買うてんと、悪いこと言わんからデジイチにしとけ、とかね。

うん。私も真意はデジイチとF6を同じ土俵で比較するつもりはなかったのです。文章からはそう取れますね。

>F6なら十年後にでも主力として使い続けている自信がある。
>けど、D2Xなら五年後には間違いなく一線からは退いている。

これは真理でしょう。同意します。D2が現在のD4やD800系だったとしても。
そしてF6は最後のフィルムフラグシップだけあって隙がない素晴らしい機種だと思います。
ただ、R1C1でワイヤレスする目的でF6を求めるのはなんだか。
その目的ならデジイチで良い訳です。それも定常光限定の便利機能は不要なので、型落ちでも良いし。
F6はあくまでもフィルムに拘る撮影に供したい。すると手元のF4ともバッティングしてくるのですね。

> って、大見得を切りました。

おお、ふくちょうさまが顔に隈取りして大見得ポーズをみせつけている姿が目に浮かびます。

> 撮影に出かけるときは、今でもF6とF5がメインです。でも、体力が落ちてきたから、次からサブはF100になるかな?

よろしいですね。自分が使う場面を空想すると、究極の快適さだと思えます。
翻って私はというともしF6, F5オーナーになってもそんなに使い込めるかどうか...
最終的にはどれだけ欲しいか、他を押しのけても絶対買う!というパワーかと。
F6に似合うレンズはほとんど持っておりませんが...
返信 162 スポック  投稿日 2016/12/14(水) 22:57:14  削除
れんずの神様

> フィルムでは唯一F6だけがワイヤレス制御できるようです。
でわ、F6をゲットしましょう!

> もうF6よりD700買う方が中古価格安くね?
私、実は2009年にF6を新品で買ったんです。
そのとき、多くの知人から、さんざん言われたんですよ。
何で今さら、フィルムカメラなんかに、そんな金出すんや?と。
既にD3やD700が発売されていて、D2Xあたりの中古は値崩れしていて、
F6を買う金で、中古なら状態の良いD2Xでも十分に買えてしまいました。
そんなアホなもん(F6)買うてんと、悪いこと言わんからデジイチにしとけ、とかね。
そんで、私は言い返したんですよ。

F6なら十年後にでも主力として使い続けている自信がある。
けど、D2Xなら五年後には間違いなく一線からは退いている。

って、大見得を切りました。

諸般の事情で、写真を撮る機会が減ってしまったのですが、
それでも、撮影に出かけるときは、今でもF6とF5がメインです。
でも、体力が落ちてきたから、次からサブはF100になるかな?
もしD2Xを買っていたら、今頃きっと買い換えていたと思います。(そんな金ないか。)
返信 161 れんずまにあ  投稿日 2016/12/13(火) 23:58:19  削除
ジャンク箱でF90Xを掘りあて。
バッテリ室が盛大に塩を吹いており、店頭で少々ぬぐった程度では通電せず、ようやくのことで作動確認。
外観のヤレはほどほどでファインダーやフィルム室は綺麗な方。
以前から90Xは興味がありました。
フラッシュ制御がかなり進歩している。F801sよりAFが速い。しかし今後それを理由に使うかというと...
頭を冷やして帰宅し、クローズアップスピードライトR1C1が使えるか検索したら...
D1以前の「ニコンクリエイティブライティング非対応」機種はワイヤレスとしては使えないようです。F100もダメだとは、誤認識してました。
但し意外なことに、コマンダーSU-800とスピードライトSB-R200をTTL調光コードSC-30(別売)で繋ぐとクローズアップ撮影が可能と書いてあります。
その対象機種: D1シリーズ、D100、F5、F4、F3(AS-17 併用)、F100、F90Xシリーズ、F90シリーズ、F80シリーズ、U2、U、FM3A(出典:ニコンHP)

でもTTL調光コードとは書いてあっても、TTL調光で使えるとは書いてないなあ...普通はそうだろうけど。
そしてコード接続ならFM3Aでも動作出来るんだ。でも本質的にFE2と一緒じゃないの? FA, FGや、F501, 301,ひいてはF4, F801じゃだめなの?
結局謎だらけでした。

フィルムでは唯一F6だけがワイヤレス制御できるようです。
もうF6よりD700買う方が中古価格安くね?そういう問題じゃないかもしれないけど。

副長様、R1C1はコード接続できないって以前回答申し上げましたね。すみません間違ってました。
返信 160 MATIA  投稿日 2016/10/03(月) 12:54:09  削除
>あらためてF-801(F-801S)を見直してみると、
>良くも悪くも、それなりにバランスがとれた中級機だと感じます。

それは,重要なポイントでしょう。
とにもかくにも,その当時として,じゅうぶんな完成度に達していた製品ではないでしょうか。AFの精度は発展途上でしたでしょうけど,一般的な場面ではじゅうぶんに実用的ですし。中級機として,ファインダー等のコストダウンも顕著ではなかったでしょうし。
返信 159 れんずまにあ  投稿日 2016/10/02(日) 21:56:50  削除
副長様、お出まし頂き感謝。

> 合焦精度や追跡速度あたりが、それなりに向上しているのではないか?と思います。

そういえば、当時店頭で偉い合焦速度や合焦率が良くなっていると思った印象が。

> 連写が速いという印象があったのですが、毎秒3.3コマですから、F70Dの次くらいですね。

これも、CHモードましてやCLモードなど使った事がないので気にしませんでしたが、Sモードでの次コマ準備完了は実用的に問題ない速度でした。
F4の低速巻き上げ静音モードは結婚式で使った事がありました。

> AI連動ピンが付いているので、AFでないレンズが使えるし、

当時それが大事でしたね。

> 単三電池4本で動くというのは、何にもまして有難いところですが、

それも、当時は大事でした。
今から思えば重量面で不利ですが、3.5コマモードラ付きと考えるとFA+MD15やFE2+MD12より軽量なので納得していました。

> 気楽に使うのならF-401X → スピードライト付き。
> 楽しく使うのならF-501AF → 液晶を使っていないのが嬉しい。
> 本気でサブに使うのならF100 → F5やF6と一緒に使いやすい。

全く仰る通りでございますし、それだからF801はジャンク一山になってしまうのでっしゃろか。
F90Xまでは買い換える気が起こりませんでしたが、流石にF100が出ると、技術的断絶があるほど進歩していてF801sの老朽化を実感しています。正直F100は究極のサブなので、F801や901は太刀打ち出来ないでしょう。
でももはや今となっては新機能を使いたいならデジタルにしてしまいそう。
じゃあ、フィルムならF801s持っていたらもういっか、というより、ついつい手動巻き上げモデルで出撃しちゃう。
返信 158 スポック  投稿日 2016/10/02(日) 10:46:34  削除
F-801とF-801Sの違いをみると、MATIA大元帥閣下の御解説通り、カタログスペック上では、
動体予測オートフォーカスとスポット測光が追加されたくらいしか目立った違いはありません。
ただ、オートフォーカス一眼レフの発達時期のカメラですから、
合焦精度や追跡速度あたりが、それなりに向上しているのではないか?と思います。

あらためてF-801(F-801S)を見直してみると、
良くも悪くも、それなりにバランスがとれた中級機だと感じます。
連写が速いという印象があったのですが、毎秒3.3コマですから、F70Dの次くらいですね。

AI連動ピンが付いているので、AFでないレンズが使えるし、
単三電池4本で動くというのは、何にもまして有難いところですが、

気楽に使うのならF-401X → スピードライト付き。
楽しく使うのならF-501AF → 液晶を使っていないのが嬉しい。
本気でサブに使うのならF100 → F5やF6と一緒に使いやすい。

というワケで、あまり欲しいと感じるカメラではありませんでした。
もちろん、あくまで私個人の見解ですが。
返信 157 MATIA  投稿日 2016/09/30(金) 19:37:09  削除
れんずの神様

>でも一応夜景撮影して頂いたのですね(^_^)

というか,通勤途上の数分間しか,撮影している余裕がないですf(^^;


>さ,38台!

箱がかなり大きく,送料が落札価格の1540倍でした!(笑)


>無印801ジャンクを801Sの部品にはできないのですか?

できそうです。
ですが,裏蓋にあるシリアルナンバーが,F-801とF-801Sとではあまりに違うので,そこが躊躇しているところ。
そのほかにも部品流用の可能性がありますので,そのうち日記のネタに(^_^;


>もはや無印とSとの違いは記憶の彼方ですが、Sのほうが使いやすくなっているのでは。

目立った機能の差として,予測駆動フォーカスとスポット測光の追加だったかと。

ニコン様のマルチパターン測光は信頼できるので,多くの場面では,スポット測光を無理に使う必要はないでしょう(^^)
シビアなピントをめざすなら,予測駆動フォーカスよりは,置きピンでしょう。
…と考えれば,機能差は「ない」と言ってよいかもしれません♪


>さて、私もジャンクOM101を確保し、

まあ,今回の38台セットを落札した目的は,OM101だったわけですが,…


>レンズは28-85以外コンプリートしています

そこはさすが,神様であります♪
返信 156 れんずまにあ  投稿日 2016/09/30(金) 18:30:51  削除
MATIA主様。

> AF28-85/3.5-4.5S(旧)は,やっぱり重いです。寄れないです。ヘリコイドがすーかすかで,MFでは使いたくないです。

御意。全く仰せの通りです。でも一応夜景撮影して頂いたのですね(^_^)

> さて,このたびジャンク38台セットを取り寄せ,そこから動作するF-801Sを救出しました。
> そこには総計4台のF-801と2台のF-801Sが入っていました。

さ,38台!そして4台と2台!!

> で,いちおう掃除して電池を入れてみたところ…,あら,この子も生きているわ(*^_^*)
 うーん,でもなあグリップのゴムもはがしたし,まあ,やっぱり部品取り用にしようかな…。

うふふ、お悩みを。
無印801ジャンクを801Sの部品にはできないのですか?
もはや無印とSとの違いは記憶の彼方ですが、Sのほうが使いやすくなっているのでは。

さて、私もジャンクOM101を確保し、懸案の電池蓋ヒンジ全損101の部材として活用しました。
ジャンク101は結構綺麗でしたが例の「素人なので何にもわかりません」但し書きで、そのまま作動していてれば良かったのですが、到着してみると全く動作せず。
ボトムカバーをそっくり入れ替えて完了、101が復活しました。レンズは28-85以外コンプリートしていますので、故障後10年ぶりに楽しむ予定。
オリンパスAFレンズはズイコーの名が消えて素っ気ありませんが、24mmとか35-105とか、黙ってレンズ設計変更してたりして707の未完成さと対極に、レンズ部門の力こぶを感じます。
返信 155 MATIA  投稿日 2016/09/30(金) 08:54:30  削除
れんずの神様

AF28-85/3.5-4.5S(旧)は,やっぱり重いです。寄れないです。ヘリコイドがすーかすかで,MFでは使いたくないです。

さて,このたびジャンク38台セットを取り寄せ,そこから動作するF-801Sを救出しました。
そこには総計4台のF-801と2台のF-801Sが入っていました。

F-801の1台はシャッターが固まっているようで,電源も入らず。ただ,外見はきれい。
F-801Sの1台は,激しく腐食した電池が詰まった状態だが,底蓋に欠損部分がない(動いたほうのF-801Sも電池が腐食した跡があり,電池ボックス周辺の底蓋に欠損がある)。

この2台を,部品取りにしようと考えました。
まず,F-801Sのほう。
底蓋を壊さないように,慎重に。腐食した電池を無事排出。電池ボックスも,若干の破損が生じたものの,流用できそうです。
で,いちおう掃除して電池を入れてみたところ…,あら,この子も生きているわ(*^_^*)

うーん,でもなあグリップのゴムもはがしたし,まあ,やっぱり部品取り用にしようかな…。
返信 154 れんずまにあ  投稿日 2016/09/28(水) 07:59:07  削除
MATIA主様。
AF28-85はでかく、寄れませんね(笑
当時いくつか他社ズームと撮り比べて思ったのは、「風景が撮れるズーム」と。
少し絞れば大伸ばししても周辺までかっちり解像してくれます。
まあ最近の最新型と較べたら、一歩引くかもしれませんが、先日α7Rでテストしたら、やっぱりそこそこ優秀でした。流石に開放は短焦点に負けますが。
結婚式や宴会などではそんなに寄る必要がありませんし、状況次第では問題ありませんでした。
ただし個人的な撮影行では、不満が溜まるでしょうね。実際結婚式・集合写真用途がなくなると、ほとんどお蔵入りになってしまいましたから。

実績は、例えばサブにしていてRB67が故障したとき、40名ほどの集合写真のひとりひとりの顔を鮮明に解像してくれたのは有り難かったです。逆光ゴーストも、Rollei2.8CがはれはれになってしまってもAF28-85は比較的クリアで、これも助かりました。

ニコンは廉価版AF28-80も凄く良いらしいですし、AF24-85/2.8-4.5がまた凄いみたいだから、新たに買うならお勧めしませんが、お持ちであれば一度お試しを。
返信 153 MATIA  投稿日 2016/09/28(水) 05:41:56  削除
れんずの神様

AF28-85/3.5-4.5は,そんなにイイですか!
たしかに,写りに悪い印象はないですが,なにせ重い。大きい。寄れない。なので,防湿庫の奥に埋もれていますf(^^;

ここしばらくは,私にとっての「横着レンズ」AF-S24-120/3.5-5.6VRをよく使っていましたが,最近は軽くて小さいAF28-80/3.5-5.6Dも使っていたりします。
これはこれで,悪くないかな(^^;

しかし神様の書き込みのおかげで,ひさしぶりにAF28-85/3.5-4.5をひっぱりだそうかと。旧型ですけど。
返信 152 れんずまにあ  投稿日 2016/09/27(火) 21:29:30  削除
F801Sゲットおめでとうございます。

F801SはF901が出た頃に中古確保し、AiAf28-85/3.5-4.5、SB24とセットでどちらかと言えば雑用主体に愛用しました。
売りの1/8000は滅多に使わなかったけれど、28-85は良く写るズームで(某C社廉価版28-80と比較すると雲泥の差)結婚式や集合写真のサブに信頼できる組み合わせでした。
私はアマチュアですが、ご無体な撮影依頼が上司や同僚からやってくることがあるのです。

フィルムを入れず空写しすると、スイッチを入れて1写目はまずフィルム給送しようとします。
ちょっといらつきました。
モーターは爆速ではありませんが必要十分な巻き上げ速度でした。
単3x4は、2CR5より入手しやすく、切れたときに安心で、SB24と電源を共有できるので便利でした。

10年前から知人宅に出張していますが、スペック的には今でも十分通用するもので、フラッシュとの相性も良く、機会があれば使いたいです。
返信 151 MATIA  投稿日 2016/09/27(火) 19:52:34  削除
Nikon F-801S様を救出。
電池ボックス周辺の腐食が激しいので,エラーで固まっているF-801も入手したから,その外装を利用してニコイチできないかと考えている。

ともあれ,これでF-301,F-401,F-401S,F-401X,F-501,F-601,F-801,F-801Sと,F3桁シリーズが集まってきました。あとは,F-601Mで,F3ケタシリーズがコンプリートです。

が,F-601Mはなかなか見かけませんからねえ。あっても,ジャンク価格ではない,ふつうのお値段でしょうし(^_^;
返信 150 MATIA  投稿日 2016/07/22(金) 08:45:17  削除
F70の性能をもって,F-601のユーザインタフェースだったら,よかったのかもしれないな。とは,思うところです。
返信 149 スポック  投稿日 2016/07/21(木) 21:43:09  削除
れんずの神様

>> 何より、秒間3.7コマのワインダーは、一応「連写」として使えます。
> 連写をする機会はほとんどありませんが、シングルショットを速いサイクルで行うことはあります。
> 秒間コマ数は、次の撮影準備状態に至る時間の短さの裏返しです。
たしかに仰せの通りで、一コマ撮りで、次のコマまでの「待ち」が短いのは大きなメリットです。

それだけではなく、連写目的で連写(よーわからん日本語だ)する機会はあまり無いのですが、
ブラケッティング(段階露光)で連写するときは、やはり、速ければ速いほどありがたく、
正直なところ、F80程度のトロさでは、やる気が失せてしまいます。
F70Dを入手したときは「こんな中級機にもオートブラケッティングが付いているのか」と、少し感動しました。
ただ、せっかくブラケッティングにセットしても、一回やると自動的に解除されてしまい、
シャッターボタンを押す度に、いちいちセットしなければならないのには閉口しました。
返信 148 れんずまにあ  投稿日 2016/07/21(木) 18:36:48  削除
副長様、コメントをありがとうございます。

>F70D様は中級機の位置付けですが、後継機のF80様より、
>見方によっては、ずっと上等です。

F50、F70共通のぼてっとしたデザインは垢抜けて感じられませんが、中身は立派な流石はニコンでした。

>神様のご指摘の通り、何かにつけて機敏に動作してくれます。

これは私が重視する所で、シャッターのラグ、ブラックアウトの時間、巻き上げ時間などすべてF80より機敏なのです。
確かにAFはやや迷いますが、大方の被写体ではマニュアルフォーカスより早めの合焦をしてくれます。F501はAFを撮り手が優しく導きながら、F4は諭しながら合わせるイメージですが、F70になると撮り手がリードされる場面も増えてきます。

>何より、秒間3.7コマのワインダーは、一応「連写」として使えます。

笑)連写をする機会はほとんどありませんが、シングルショットを速いサイクルで行うことはあります。
秒間コマ数は、次の撮影準備状態に至る時間の短さの裏返しです。
私がF3・MD4組を好んだのは秒間6コマ(アルカリ単3なので実際はもっと遅い)だからではなく、素早く次の1枚が撮れたからでございます。

>結論から先に言うと、AF以前のレンズも使うならF70D,
>Gを含めたAFレンズだけを使うならF80が使いやすいでしょう。

これは意識しておりませんでした。というのはモード切替がわからずAを試さなかったので。(実はPでもCPU非内蔵レンズではAに自動切替らしい)
今日ようやくわかりました。Aiニッコール、使えますね。これは有り難い。

>> 素人が初見でも操作出来るよう考えられていると思うのですが
>いや、F70Dに関して言えば、理解せずには使いこなせません。
>F70Dの操作系は慣れないと「ワケわからん」ですし、

指標の選択法は見れば直ぐわかったのですが、切り替えがわかりませんでした。
^型選択ボタンーダイヤルでモード選択の次が、^の手前にある○ボタンを押しながらコマンドダイヤルで切り替えだったのですね。うーん、初体験の操作系だ。しかも継承されていない。

>慣れても「面倒くさぁ〜」という感じですが、

笑)確かに。でも、リストが定位置に並んでいる中で選択するのは、全く何もない画面から呼び出しながら切り替えるよりは優れていると思いました。でもその反面表示が小さく視認性が低下するのですが。
返信 147 スポック  投稿日 2016/07/20(水) 23:00:03  削除
F70D様は中級機の位置付けですが、後継機のF80様より、
見方によっては、ずっと上等です。
神様のご指摘の通り、何かにつけて機敏に動作してくれます。
何より、秒間3.7コマのワインダーは、一応「連写」として使えます。

結論から先に言うと、AF以前のレンズも使うならF70D,
Gを含めたAFレンズだけを使うならF80が使いやすいでしょう。
どちらも、スピードライト内臓で手軽に使えるカメラです。

あえて差のあるところを比較すると、

AF性能 F70D=△ F80=○
連写性能 F70D=△ F80=×
非CPUレンズ F70D=○ F80=×
AF-Gレンズ F70D=× F80=○

> 素人が初見でも操作出来るよう考えられていると思うのですが
いや、F70Dに関して言えば、理解せずには使いこなせません。
F70Dの操作系は慣れないと「ワケわからん」ですし、
慣れても「面倒くさぁ〜」という感じですが、
それはあれこれモードを切り替えて、いろんな機能を使おうとするからで、
たとえば、マニュアルで使うとか、
プログラムオートで使うとか決めてかかれば、
全く問題ない操作性です。

私は以前、F4様をメインに使っていた頃に、
サブ機としてF70D様を使っていました。
ワインダー内臓のマニュアル専用機として使っていましたので、
AF性能や操作性が問題になることは全くありませんでした。
スピードライトが内臓されているので、
お手軽スナップ機としての役割も兼任していました。
このときは、プログラムオートで使っていました。
返信 146 れんずまにあ  投稿日 2016/07/20(水) 21:25:24  削除
F70とF80が我が手に。
初めて触る機種でわくわくしました。

勿論F80のほうが新型なのでAF作動は速く、フォーカスポイントはF5と同様5点、また小型軽量で機能も盛り沢山、それは良いのですが、当家にある数少ないAFニッコール(F3用除外)でしか露出計が作動しないのは困ります。
それと、AF以外の駆動系がF70のほうがパワフルらしく、シャッターを押し込んでから撮影開始されるまでの所謂タイムラグが、感覚的なものながらF70のほうがずっとキビキビしています。
これはF401-F501と比較しても良いですね。

私のメインであるAiニッコールでも通り一遍の撮影ができるF70は大変ありがたい。
非Aiは、F401Xで使うのがいいですね。
いやいや、F2で撮影するのが至福なんですけど、おニコン様はどれを使っても楽しいです。

F70は、しかし使い方がさっぱりわかりかねます。素人が初見でも操作出来るよう考えられていると思うのですが、感覚的に操作しても考えるとおりに機能が変化してくれません。
インストラクションをダウンロードしなければ。
返信 145 MATIA  投稿日 2016/06/18(土) 00:51:31  削除
動作するもの,しないもの,重要な破損や部品の欠損があるものなども含まれておりましたが,多くのものが動作しそうな状態でした。含まれていた機種は,以下の通り。

F-501AF,F-401,F-401S,F-601,F-801,F60,F70,F80,F90,F90X,U,Us,U2

複数台含まれていた機種もあるわけです。
返信 144 スポック  投稿日 2016/06/17(金) 22:15:27  削除
私もその内訳に興味津々。
返信 143 れんずまにあ  投稿日 2016/06/17(金) 21:29:03  削除
に、28台!!
久し振りに笑ってしまい、家人に怪しまれました。
返信 142 スポック  投稿日 2016/06/03(金) 12:28:25  削除
MATIA大元帥閣下

> もしかすると,もっとアルコール濃度の高い「消毒用」とか「燃料用」のエタノールを使うほうが,べたべたがよく取れるのかもしれません。
梅田サービスステーションで聞いたところでは、
「エチルアルコールで拭き取ってください」とのことでした。
アセトンやトルエンの方が良く取れるのですが、下地を痛める可能性があるので避けてほしいとも。

なお、ニコンサービスでは、
補修部品があるものについては貼り換えを実施して、
無いものについては「エチルアルコールで一所懸命に拭いている」とのことでした。

> U2は,なによりその小ささが魅力ですね。
> いつも持ち歩きたいタイプのカメラになりそうです。
> 電池については,CR2型の充電式電池を使えば,消耗も気にならないかな,と。
単三原理主義の私は"MB-18"を取り付けて単三電池で使っています。
せっかくのコンパクト性が少し削がれてしまうのですが、私にはちょうど良い大きさです。
U2のような「お手軽撮影用一眼レフ」には、どうしても適応範囲の広いズームレンズを付けたくなります。
ズーム比が小さくて暗いレンズはコンパクトで良いのですが、それならコンパクトカメラで事足りてしまう。
私はU2に次の3本のうち、どれか一つを選んで使っています。

1. AiAFニッコール 24-85mm F2.8-4D
2. タムロンSP 24-135mm F3.5-5.6
3. タムロン 28-300mm F3.5-6.3

いずれも巨大ではないものの、そこそこの大きさ重さがあります。
U2単体だとカメラを構えたときに、右手の小指が余ってしまうのです。
MB-18を取り付けると、右手全体でグリップを握れるのでバランス良い大きさという訳です。
返信 141 MATIA  投稿日 2016/06/03(金) 08:43:09  削除
いまさらですが,F-801様に,F90X様用のバッテリーグリップMB-10がつけられることに気がつきました。もちろん,電源はオンになります。意外とかっこいい(^_^)
返信 140 MATIA  投稿日 2016/06/03(金) 08:41:06  削除
スポック副長さま

ニコン様のべたべたは,市販のウエットティッシュで地道に拭き取っています。
その場合,「ノンアルコール」とか「純水99%」とかではなく,アルコール類30%程度の「除菌タイプ」を選んでいます。1枚で1台くらいが,そこそこ取れます。

もしかすると,もっとアルコール濃度の高い「消毒用」とか「燃料用」のエタノールを使うほうが,べたべたがよく取れるのかもしれません。でも,除菌ウエットティッシュならば,お手軽にダイソーでも買えますので(^_^; そうそう,ダイソーではライターオイルも買えます。

U2は,なによりその小ささが魅力ですね。
いつも持ち歩きたいタイプのカメラになりそうです。
電池については,CR2型の充電式電池を使えば,消耗も気にならないかな,と。
いま,CR2型の充電式電池は2本しかないので,そのうちもう2本くらい,追加で買うつもり。
返信 139 スポック  投稿日 2016/06/02(木) 12:39:09  削除
U2 は皮(ゴム?)を貼ったところもありますが、
シボを付けたプラスチック丸出しのところもあります。
貼皮の部分は例によってウレタン被膜があり、
じきに加水分解されてベタベタになりますが、
丹念に拭き取ってやればベタつきは取れます。
被膜が取れたところはツルツルになりますが、
その方がプラスチックの部分と感触が近いので好ましいです。
返信 138 スポック  投稿日 2016/06/02(木) 12:31:44  削除
U2 はオート機能が充実しています。
部分的には上級機(のはず)のF80を上回っています。
しかし、基本的なところで出来の悪いところも多々あります。
一番困るのは、サブダイヤルが無いことで、特にマニュアル露出の操作性が最悪です。
ファインダー像が暗くて小さいので、ピント合わせは楽ではありません。
ですからU2は、オートフォーカス、自動露出で使うべきカメラだと思います。
そのようにして使うのなら、そこそこ快適に使えます。
私はお気軽撮影用に使っています。
F80と比べてどうか?となると、どちらも一長一短ですが、
F80なら気合を入れた撮影のサブとして使えるのですが、U2はしんどいです。
やはり、U2はカメラまかせで気楽に使うべきもので、
F5やF6のサブとしては、F100あたりが快適に使えるように思います。

ところで、U2は完全に電池を抜いてしまうと、
ファインダーが見えない(非常にボケる)ので驚いてしまいます。
たぶん、スーパーインポーズで表示する液晶が関係しているのだと思いますが、
そのせいか、電源オフで置いておいても、電池がくたばるのが早いように感じます。
返信 137 MATIA  投稿日 2016/06/02(木) 08:40:22  削除
F90様(F90Xでわない)も,救出。

ほしかったのは,ノーマルの電池ホルダだが,残念ながら失われていた。
電池ボックス内には盛大に塩が付着していたので,腐ってなくなったのかもしれない。
しかし,塩を除去して縦位置グリップ(MB-10)を装着したら,電源がONになり,機器は動いた。

さて,そのF90にはマルチコントロールバックMF-26らしきものがついていたが,型番が記されていない。
以前に保護したF90XについていたMF-26には,ちゃんと型番が記されていた。

しかも,F90XについていたMF-26はニコン様特有の裏蓋ゴムのべたべたが発生したが,今回のF90についていたMF-26らしきものは,F-801のようなプラスチックてかてかのもので,表面の素材が違う。

改造(というか,ゴムの撤去)をされたのか?
てかてか素材ながら,べたつきがものすごいので,ゴムが溶けてなくなった可能性も?
それとも,MF-26に旧型と新型があるのか?(たとえばF90時代とF90X時代とか)

もうちょっと,観察を続けてみよう。
返信 136 MATIA  投稿日 2016/06/02(木) 01:07:13  削除
れんずの神様

U2のあとに発売されたニコンのフィルム一眼レフカメラは,F6だけだったかと。
F6は別格ですから,U2も「最後のニコン」の1つと言ってよいでしょう。

発売された時期は,もう,ディジタルではD2の時代だったかと思います。
だから,いまさらU2を選ぶ人は,まだそれなりにいたものの,少なくなっていたのではないでしょうか。
そのせいか,ジャンクコーナーでは,あまりみかけません。
1つ前の時代の,UやF80は,ジャンクコーナーにうじゃうじゃしているようですが。

よい出会いがあれば,逃さないようにしたいですね♪
返信 135 れんずまにあ  投稿日 2016/06/01(水) 23:00:27  削除
フィルム末期のカメラには、ほとんど注目していなかったのですが、掉尾を飾る高スペック機なのですね。
U2はそれほどとは...ジャンク箱で見かけたら救出しよう。
ペンタックスもistは結構高機能のようで。
何れも、ファインダーがペンタミラー?でスクリーンが素通しに近い?ので、買おうと考えたことはないのですが...
最終期はF6になるのかFM10になるのかはわかりかねますが、F6は憧れます。ただそこまで資金が廻らない。F100でもいいかなと思ってしまうし。
ディスコンになったら、F6は上がりそうな気もする。けどF601MやEOS RTなど予想が大外れしたからなあ。
返信 134 MATIA  投稿日 2016/06/01(水) 17:35:21  削除
Nikon U2様(黒)を保護しました♪

なお,U様,Us様は保護済みです。
返信 133 MATIA  投稿日 2015/02/16(月) 12:42:01  削除
Nikon F-401S様を救出。
F-401,F-401S,F-401Xが揃いました。
今回は,まさにコンプリートが主目的の救出。

3ケタシリーズは,F-801SとF-601Mが残る。F-601Mは,神様ご指摘のように,間違いなくレアもの(^_^;
返信 132 MATIA  投稿日 2015/02/13(金) 09:00:02  削除
F50の▲▼は,「露出がどうたらこうたら」ではなく,単に「数値が大きく/小さく」をあらわしています。

だからそこそこ詳しい人には,かえって使いにくい可能性はありますね。

あくまでも「はじめて一眼レフをさわる」人だけを対象に考えられたものではないかと。
返信 131 れんずまにあ  投稿日 2015/02/12(木) 20:41:31  削除
絞りとシャッター表示は逆数で、しかも絞りは直径なので露光量2倍にするにはルート2倍なんですが、
ライトバリューLVの考えで、タイムバリューTV、アパーチャーバリューAVを足し算すればLV、という合理的な理論です。
全然普及しませんでしたね。
キヤノンはA1でシャッター優先と絞り優先AEの切替表示にTV,AVを使いました。
99%のユーザーは、なんじゃこりゃ。だったんですね。EOSでも意地で使ってましたが。
ニコンが使ったS,Aの方が圧倒的普及してしまいました。
返信 130 スポック  投稿日 2015/02/12(木) 12:56:30  削除
誰かに撮影を頼まれたとき、
たとえば「絞りをちょっとプラスめで」とか言われたら、
多めに絞る(絞り値をプラスする)ことになると思います。
でも先に「ちょっとプラスめに撮っておいてください」と言われたら、
たいていは、シャッタースピードを落とすか、絞りを開きますよね。
この相反しないが紛らわしい2つの注文を間隔を開けずに言われたら、
「えぇっと『絞り込んでくれ』ということですか?」とか、
「明るめに撮ればいいんですよね?」と念を押すだろうと思います。
なぜなら、この2つの注文における「プラス」の意味する方向が反対だからです。

そもそも、シャッタースピードも絞りも表示値は「分母」ですよね。
その値(分母)を大きくするのはいつでも▲が適切だとは言い切れないはずです。
見方によってどちらが大きくも小さくも感じてしまうものを、
「上げる」「下げる」で操作しようとするところに、
根本的な混乱の原因があるような気がするのです。
返信 129 スポック  投稿日 2015/02/12(木) 12:55:50  削除
MATIA大元帥閣下

> LCDにシャッタースピード値と絞り値が並んで表示され,
> それぞれのうえに▲▼のボタンがあるので,
> 直感的にそれらのボタンを押すことで,
> 該当する数値を上下できることがわかることから,
> 1と2の要件は満たしております。

ところが、この「直感的に」というところがクセモノで、

1/250 → 1/500 は▲    1/500 → 1/250 は▼
F/4 → F/5.6 は▲    F/5.6 → F/4 は▼

になろうかと思うのですが、
「もう少し明るめに撮りたい」「露光量をプラスしたい」と考えながら操作をすると、
直感に逆行することなってしまいます。

仮に露出補正量の設定にこのようなボタンを採用すると、

オーバー方向は▲
アンダー方向は▼

になろうかと思いますが、
これって、シャッタースピードや絞りの設定ボタンと動き(結果)が完全に逆ですよね。

どういうことかと言えば、
「被写体の動きが速いからシャッタースピードを上げなきゃ」とか、
「遠近両方の被写体を鮮明に写したいからもっと絞らなきゃ」と考えながら操作するときは、
1/250 → 1/500 は▲    F/4 → F/5.6 は▲で直感的になじめます。これに異論はありません。
ところが、天気が変わって内臓露出計の指標がマイナスを示すようになり、
「ちょっと暗くなってきたから露光量を上げなきゃ」と考えながら操作すると、
露出をプラスしたいのに▼ボタンを押すことになり直感に反するという意識が残ります。
状況によって直感になじんだり反したりすると、普段の操作でも直感をアテにできなくなり、
結局のところ「えぇっとどっちだっかな?」と戸惑ってしまうことになるのです。

もちろん、慣れた人なら、すぐに、
「露出をプラス」→「シャッタースピードをマイナス」か「絞りをマイナス」
という意識が働いて、問題なく操作できるだろうとは思います。
しかし、そのワンクッションが入る以上は「直感的に」とは言いかねます。
返信 128 れんずまにあ  投稿日 2015/02/11(水) 23:14:27  削除
F601Mはかつて友人に「絶対希少価値が出る」と奨めて購入させた代物。
稀少という点では合っていたが、価値はほとんどハズレであった。
今友人に呉れといえば呉れるかもしれないが、ついでに一発殴られるかも。

F50,F70は一時ジャンク箱の常連でした。EOS-10,100辺りと同じく。
マトモに動くほうが珍しいので、液晶が無事で動いているなら稀少品なのは間違いないかと。
ピクチャースタイル(?)はとても興味があります。実用とは全然考えられませんが。

ユーザーインターフェースといえばライカM6TTLがシャッターダイヤルの回転方法を逆にしたのが
思い起こされます。Rと合わせたらしいのですが、旧型ユーザーは戸惑うでしょう。

ただ皆様ご指摘の通り、そればっかり使ってたら直ぐ慣れます。
問題なのは併用するときです。
また視覚情報と操作方向が逆の時は、なかなか慣れません。
フジカAXなんかシャッターダイヤルに一個ギアが挟んであるので回す方向と逆回転するから大変。

私は邪道にも併用ばかりしているからか、副長様の意見に賛同する物です。
返信 127 MATIA  投稿日 2015/02/11(水) 21:17:00  削除
副長さま

>>ということで,3ケタシリーズでは,F-401S,F-601M,F-801Sとのよい出会いを待つ。

自己レスですが,F-601Mはなかなか「よい出会い」がないだろうな,と思うところ。
F-401SとF-801Sについては,「コンプリート」以外に積極的に保護する理由が見つからないのも,ひそかに厳しい要因。

>> 2ケタシリーズでは,F90,F100とのよい出会いを待つ。

F100については,中古価格がこなれてきているので,そのうち実用機として保護しようかなと。F90もそのうちに。


>FG, FG20, U2も保護してあげてください。

はい,ちゃんとFAも狙っております。

返信 126 MATIA  投稿日 2015/02/11(水) 21:14:26  削除
ユーザインタフェースについて理論的なものの有無は私も知りませんが,副長さまがご指摘の,

>1.直感的に扱える方が使い勝手が良い。
>2.やりたいことが直接できる方が使い勝手が良い。
>3.手数が少ない方が使い勝手が良い。

という点は,感覚として同意できるところです。

で,F50のユーザインタフェースをこの観点から見てみると,

LCDにシャッタースピード値と絞り値が並んで表示され,それぞれのうえに▲▼のボタンがあるので,直感的にそれらのボタンを押すことで,該当する数値を上下できることがわかることから,1と2の要件は満たしております。
すでにMモードになっていれば,上記の状態になっているのですから,3の点でも優れています。

これらが,「F50のユーザインタフェースはよく考えられていて合理的だ」と感じた理由のようです。

しかし。

私も,このユーザインタフェースにはなじめません。
従来のユーザインタフェースとあまりにも異なることから「慣れ」の問題でもありましょうし,好みの問題でもあるでしょう。

ユーザインタフェースの変更は,「よかれ」と思ったことでも,ユーザに受け入れられるとはかぎらない,ということですね。

返信 125 スポック  投稿日 2015/02/10(火) 18:38:02  削除
MATIA大元帥閣下

> ということで,3ケタシリーズでは,F-401S,F-601M,F-801Sとのよい出会いを待つ。
> 2ケタシリーズでは,F90,F100とのよい出会いを待つ。
FG, FG20, U2も保護してあげてください。
返信 124 スポック  投稿日 2015/02/10(火) 13:00:08  削除
MATIA大元帥閣下

> ユーザインタフェースは,理論的なよい/よくないよりも,
> 「慣れ」の影響のほうが大きいこともよくあることでしょう。
もちろん、圧倒的に「慣れ」の問題だと思います。
私は「慣れに優る使い勝手は無い」ということを自論にしています。

> カメラのダイアルについては,どうでしょうか。
> 「慣れ」だけの問題なのか,
> それとも理論的にどっちがよい/よくないが言えるものなのでしょうか。
「だけ」かと言うと、ケースバイケースでしょうね。

たとえば、シャッター速度を設定するダイヤルにしても、
ダイヤルに数字が刻印してあれば回す方向を迷うことはありません。
また設定されたシャッター速度が液晶に表示されるタイプのものは、
回すべきダイヤルと操作結果である数値が別のところにあるワケで、
こちらの方が使い易いとは言いかねると私個人としては思います。
さらに一定時間が経過すれば節電のために表示が消えるタイプなら、
設定値を確認するだけでも一手間余計に必要になります。
F5やF6では表示は消えませんが、オフ状態でダイヤルを回しても反応せず、
やはり、シャッターボタンを半押しして起こしてやる必要があります。

理論的にと言われると私にも判りませんが、
1.直感的に扱える方が使い勝手が良い。
2.やりたいことが直接できる方が使い勝手が良い。
3.手数が少ない方が使い勝手が良い。
と言えるのではないでしょうか?

もちろん、それらのことも踏まえた上で、
メーカーとしてメリットがあるから、そのようなカメラを作るワケで、
それをいちいち否定していては、新しいカメラは買えないことになります。
ただ、私個人としては「好きじゃない」というだけのことです。
返信 123 MATIA  投稿日 2015/02/10(火) 12:08:46  削除
副長さま

ユーザインタフェースは,理論的なよい/よくないよりも,「慣れ」の影響のほうが大きいこともよくあることでしょう。カメラのダイアルについては,どうでしょうか。「慣れ」だけの問題なのか,それとも理論的にどっちがよい/よくないが言えるものなのでしょうか。

ところで,
コマンドダイアルとサブコマンドダイアルの位置と回転方向の関係と,
F-401系のシャッター速度設定ダイアルと絞り値設定ダイアルの位置と回転方向の関係は,
やはり一致しているのでしょうか?一致しているとすれば,F-401系のユーザインタフェースはよくも悪くも,時代を先取りしていた,ということになるのかしら?
返信 122 スポック  投稿日 2015/02/10(火) 08:42:44  削除
MATIA大元帥閣下

> 指がボタンの位置を覚えたら,ファインダーを覗いたままでの操作が可能です。
私のニワトリ並みの記憶力では使いこなせそうもありませんね。

正直な話、
私はF5やF6を使うときは、もっぱらMモードなんですが、
そのとき、メインダイヤルはシャッター速度の変更と決まっています。
たったそれだけのことですら、いつも回転方向でまごついてしまいます。
F2, F3, F4では、回すということすら意識せず、勝手に手が動きます。
(Fは持ってるけど、あまり現役では使わないので)
絞りの回転方向も同じです。レンズの絞り環は無意識で回せますが、
ボディのサブダイヤルは、いつも液晶で確かめながらでしかできません。
こういうのをカメラの進化というのなら、私は古いままの方を好みます。
返信 121 MATIA  投稿日 2015/02/09(月) 19:18:31  削除
てか,このF-401X,故障してるやんけ(^_^;
マウントの7時にくらいの位置にある,「絞りリングが最小絞りになっているかどうか」を判別するピンが,効かなくなっている。分解して,「最小絞りになっている」状態で固定できるならば,固定してやりたいところ。

F-401Xはすでに保護していることもあり,今回の出品者にクレームをつけるつもりは,ありませんが(^_^;

ということで,3ケタシリーズでは,F-401S,F-601M,F-801Sとのよい出会いを待つ。
2ケタシリーズでは,F90,F100とのよい出会いを待つ。
返信 120 MATIA  投稿日 2015/02/09(月) 19:13:53  削除
副長さま

ファインダー内表示については,F50はF401Xよりずいぶんと親切になっております。

F401Xでは,露出計の表示だけでした。

  +  ●  −

F50では,シャッター速度値や絞り値も表示されます。


 (例)         +・〇・−
     180  F 5.6   <■

ということで,指がボタンの位置を覚えたら,ファインダーを覗いたままでの操作が可能です。

4つあるボタンの位置を覚えるよりは,ダイヤルを回すようになっているほうが,わかりやすいと思います。
返信 119 スポック  投稿日 2015/02/09(月) 18:30:40  削除
MATIA大元帥閣下

ご教示くださいまして、ありがとうございます。
写真を見ると、サブダイヤルどころか、コマンドダイヤルも無いのですね。

> たとえば「アドバンスド」モードで「M」にしたとき,
カメラにおける露出決定というのは、
当然ながら元々はマニュアル露出だったワケですから、
自動露出の方が「アドバンス」なはずなのですが・・・(^^;

> 上面のLCDにはシャッター速度値と絞り値とが表示されます。
> このとき,LCDの上に並んでいるボタン4つのうち,
> 左側の2つがシャッター速度値の上下,右側の2つが絞り値の上下になります。
アンダー ⇔ 適正 ⇔ オーバーの露出指標は上面のLCDに表示されるのでしょうか?
もし、ファインダー内だけだとしたら、無茶苦茶に使い難いような気がします。

でも、よく考えてみたら、もし露出指標が上面のLCDに表示されたとしても、
被写体のどこを測光しているのかを確かめるのは、やはりファインダーなので、
どうしても、ファインダーを覗きながら手探りで4つのボタンを操作することになるでしょう。
マニュアル露出は「できないよりはマシ」程度に考えざるを得ないような気がします。

基本的にオートで使うべきカメラであって、
マニュアル露出「も」できます・・・と解釈するべきなんでしょうね。
ペンタックスMEスーパーの「スーパー」な部分みたいなもんかな?

> で,以前からのマニュアルカメラに慣れている人なら,
> やはり401系のインタフェースになじみやすいんだろうな,
> ということを再認識したのでした。まる
はい、F-401御兄弟様は究極の操作性を実現したカメラです。
ファインダー内にもうちょっと情報が欲しいところですが、
こちらも基本的にはオートで使うべきカメラなので、
「余計な事を考えるな」ということなのかも知れません。
返信 118 MATIA  投稿日 2015/02/09(月) 13:00:10  削除
副長さま

たとえば「アドバンスド」モードで「M」にしたとき,上面のLCDにはシャッター速度値と絞り値とが表示されます。このとき,LCDの上に並んでいるボタン4つのうち,左側の2つがシャッター速度値の上下,右側の2つが絞り値の上下になります。

よく考えられた合理的なインタフェースだとは思うのですが,操作しやすいかといわれればちょっと「?」ですね。
返信 117 スポック  投稿日 2015/02/09(月) 12:45:53  削除
MATIA大元帥閣下

いつも保護活動にご尽力賜りましてありがとうございます。

F50Dでちょっと判らないことがあります。
F50DにはAI連動爪が無く、
いわゆるCPU連動方式だけになっています。
しかしながら、シャッターボタン下のサブダイヤルがありません。
F50Dはマニュアル露出でも露出計が連動するはずですが、
(もちろんCPU連動方式のレンズのみ)
コマンドダイヤルでシャッター速度を設定すると、
絞りは、どうやって設定するのでしょうか?

私の手元にはU2があり、
U2にもサブダイヤルがありません。
絞りの設定は、別のボタンを押しながら、
コマンドダイヤルを回すようになっています。
これと同じでしょうか?
返信 116 MATIA  投稿日 2015/02/09(月) 12:31:34  削除
そして,F50とF401Xをくらべてみた。

F50は,F401Xにくらべれば,軽く感じるし,シャッターや巻き上げの動作音も軽く静か。
これは,とてもいい。

だが,あのボタンで選択するインタフェースは,おもしろいけどなじめそうにない。
「シンプルモード」で「AUTO」しか使わないなら,誤操作の危険がなくて,かえって好都合だと思うけど。そういうユーザを想定して,「アドバンスモード」はあくまでも「こんなこともできるよ」という「おまけ」なら,それはそれで合理的な判断か。

で,以前からのマニュアルカメラに慣れている人なら,やはり401系のインタフェースになじみやすいんだろうな,ということを再認識したのでした。まる

返信 115 MATIA  投稿日 2015/02/09(月) 12:27:16  削除
F60,F70,F80,F90Xはお迎えしているので,F50,F90,F100との出会いを待っていた。
F50が100円で出品されていたので,いちおう入札したところ,そのまま落札してしまった。
同じ出品者からほぼ同時終了でF401Xも出品されていたので,あわせて落札。

F50のほうには,タムロンレンズがついていた。出品説明には具体的にどんなレンズか書かれていなかったが,不鮮明な画像から察するに28-80mmくらいの安物標準ズームレンズに見えた。ジャンクコーナーで安く出会えそうなレンズだが,そういう「しょぼズーム」も1つくらいあってもいいだろう,と思っていた。

これだけあわせて,落札金額は計200円。

そして,商品が到着。
タムロンレンズは,初代のAF28-200mm/3.8-5.6だった(71D)。
うーん,28-80クラスのしょぼズームのほうが,使い道があったような気がする(^_^;

返信 114 MATIA  投稿日 2014/12/25(木) 06:19:09  削除
>ジャンク箱からAiマイクロニッコール200/4に程よい太さの三脚座を掘り出しました。

それは,すばらしい。
うちのも三脚座欠品ですが,TC-300併用はしないので,まあいいか(^_^; という状況。

とかなんとか言っているうちに,黒いFE様を救出しました。
返信 113 れんずまにあ  投稿日 2014/12/03(水) 23:45:55  削除
ジャンク箱からAiマイクロニッコール200/4に程よい太さの三脚座を掘り出しました。

三脚座無しの方が100ドル近く安かったのでナシを買ったのですが、ボディを三脚固定しても、
特にTC-300を付けるととてもじゃないけどブレが大変なので、三脚座をずっと探していたのだけど
まず単体で出てきません。最近キヤノンEF70-200や100マクロ用サードパーティ三脚座が結構豊富
ですが、全然太さが違う。中古でキヤノンFD300mmや、ズイコー300mmの三脚座を試したら、
やっぱり直径が1cm近く違うので、相当詰め物をしないとダメ。
このたびようやく細身の三脚座を確保、それでもガムテープ一巻きはしないと固定できませんが、
まあ実用なら問題ありません。

さて発見場所は、某用品を見付けた所ですが、主幹への礼節が欠如していると判断しレスを削除。
見苦しくしちゃって陳謝。
返信 112 スポック  投稿日 2014/11/08(土) 12:44:38  削除
MATIA大元帥閣下

> ただし、$6くらいで店頭で見かけた場合は、心の赴くままに。
助け出されるのを待っているなら、見て見ぬふりはいけません。
いつも通りに、救いの手を差し伸べてください。
返信 111 MATIA  投稿日 2014/11/08(土) 09:58:03  削除
副長さま

> 結論を言えば、気分次第で付けても付けなくても良い。ですから、やっぱり無いより有ったほうが良い

素のEM様+ぎょぎょっと20の組み合わせは、やはりカッコいいと感じますので、ワインダーなしで使います。ただし、$6くらいで店頭で見かけた場合は、心の赴くままに。
返信 110 スポック  投稿日 2014/11/08(土) 09:06:23  削除
れんずの神様

> おしらせしようとこちらに表示される副長様アドレスへお送りすると,
> Delivery to the following recipient failed permanently:
> てな返答が帰って来て困っています.
先頭から最初の'm'までを消去しても駄目でしょうか?

> mixiメールは受けられます.
以前、mixiに登録しようとしたのですが、
ケータイメールアドレスが必須だったので出来ませんでした。
返信 109 れんずまにあ  投稿日 2014/11/08(土) 00:52:02  削除
副長様,誠に申し訳ありませんが,旧アドレスを使うメールサーバにアクセスするPCが不調で,最近は別アドレスを暫定的に使用しています.
おしらせしようとこちらに表示される副長様アドレスへお送りすると,

Delivery to the following recipient failed permanently:

てな返答が帰って来て困っています.こちらで言えない情報含む私信は残念ながらしばしお待ちを.
mixiメールは受けられます.
返信 108 スポック  投稿日 2014/11/08(土) 00:04:55  削除
れんずの神様

メールはお読みいただけましたでしょうか?
返信 107 スポック  投稿日 2014/11/06(木) 08:45:55  削除
MATIA大元帥閣下
れんずの神様

> そんなときに,EM用のコンパクトなワインダーがあると聞けば,気になってくるのであります。
> だが冷静に考えれば,小さく軽いことを求めてEMにしたのだから,
> やっぱり「ぎょぎょっと20」は,ノーマルのEMで使うのがいいかな?というのが結論でした。
EMにワインダーを付けた状態と付けない状態と、
どちらの方が気楽に撮れるかと言えば・・・
ワインダーが付いていると、それなりに重くなるし、
電池の残量も気になってしまいます。
でもやっぱり、シャッターボタンから指を離してすぐに巻き上がるのは気分が良い。
電池が無くなったら、手で巻けば良いだけのことで、致命的に困ることは無い。
EMの巻上げ感触は、気分を害するようなものでは無いし。
だったら、最初からそうすれば(手で巻けば)良いとも言えます。

結論を言えば、
気分次第で付けても付けなくても良い。
ですから、やっぱり無いより有ったほうが良い。
ということになりましょうか?
返信 106 れんずまにあ  投稿日 2014/11/05(水) 23:07:44  削除
MATIA主様

10,10以来、ぎょぎょっと20憑いていますね(^^)
EM、潔くカッコいいです。
ニッコール16は最高性能なんですが、EMにはちょっと大きいですね。
ズイコー16ほど小型な魚眼は、ニコンマウントで選択肢が無いのが残念。

魚眼の露出決定は結構悩ましいもので、天空光を大きく拾いやすい。
いっそ外部露出計とマニュアルにするほうが楽な場合もありますね。

EM・FGに似合うニッコールはなかなか少なくて、最近はFG-20にウチで一番軽いAi50/2が付けっぱなしです。
シリーズEがやっぱり一番、てなことに。E35/2.5はばっちりですわね。
評判の良いレンズですが、私が試した2本はどれもよく写らなかったんですけど。
E100/2.8は素晴らしいと思います。
返信 105 れんずまにあ  投稿日 2014/11/05(水) 22:45:08  削除
副長様、いつもお世話になっています。

SD-8とSB-14の件お調べ頂きありがとうございました。
使えるという情報があるだけで助かります。
SSに行く事があれば、質問して顛末を報告致します。何時になるかわかりませんが...

サードパーティ製EMワインダーについて。
>純正品がそこそこ低価格帯なのにサードパーティが参戦していたとは。

小さな高級機という出で立ちのEMのことですから、それでもサードパーティの方が安かったのでしょう。
なにせ、ボディだけは純正だけど、標準レンズはサードパーティという広告がよく掲載されています。
50mmf1.8さえも、VivitarやMakinon他、もっと知らないブランド。
ボディのみ拘り、レンズは無頓着というのは、日本人には理解出来ない所でしょう。

> やはり、EM, FG, FG-20も数が出たということなののでしょうか?

ポピュラーフォトグラフィーによると、EMは米国の要請で企画されたとか。それがなければニコンの
ボトムラインはニコマートFT止まりだったかもしれませんね。
日本では同時発表のF3や、FM/FEが売れ筋だったようですが、海外ではEMが爆発的に売れたとか。
それでも日本人にはAE専用機は受けが悪く、本来のコンセプトからズレたFGやFG-20に流れて行った
のでは。
ご多分に漏れず私もやっぱしEMよりFG-20の方が好きですが、最近EMもカッコいいなあと思い始めました。

> 形は、ELW用みたいに底と一体化する簡便なタイプ。
MD-E、MD-14にはモードラ側にシャッターボタンがありませんので、
いわゆるワインダー型の方が良いように思います。

>> MD-Eと違って単3みたいです。入手しやすいけど、重くなっちゃいますね。
>たとえ少々重くなっても、炭酸が使えるのはポイントが高いですね。
>私的にはMD-Eの代わりではなく、MD-14の小型版のように思います。

成る程、MD-14のグリップをなくした物とも考えられますね。
単3x4本なので、8本のMD-11/12はもちろん、6本の他社ワインダーより明らかに軽量で、
軽量なFG-20と組み合わせると携帯に負担になりません。
勿論MD-Eはさらに小型軽量なのですが。
返信 104 MATIA  投稿日 2014/11/05(水) 18:09:22  削除
最近,「ぎょぎょっと20」で遊んでいます。

まずはNew FM2で使ってみましたが,絞りが固定の「ぎょぎょっと20」で使うには,絞り優先AEのほうが気持ちいい。
そこで次は,FEで使ってみました。うん,これはいい具合だ。
しかしその後,東京や静岡へ出かける予定が続いたので,「もっと小さなボディが使いたい」と思い,EMと組みあわせてみたところ,これがとてもしっくりきました。

「ぎょぎょっと20」は絞りが固定なので絞り優先AEを使いたいわけですが,マニュアルモードは不要に感じるわけです。だから無駄のないEMがぴったり。「ぎょぎょっと20」では逆光が気になるケースも多いですから,露出補正も「逆光補正ボタン」があれば十分。どうしてもというなら,フィルム感度設定で調整すればよし。

そんなときに,EM用のコンパクトなワインダーがあると聞けば,気になってくるのであります。

だが冷静に考えれば,小さく軽いことを求めてEMにしたのだから,やっぱり「ぎょぎょっと20」は,ノーマルのEMで使うのがいいかな?というのが結論でした。
返信 103 スポック  投稿日 2014/11/05(水) 12:32:31  削除
れんずの神様

> MD-Eとはちゃいます。
> MD-Eがあればそれでよかったのですが、これはサードパーティ製なんです。
おぉ、そんなものがあったのですか?
純正品がそこそこ低価格帯なのにサードパーティが参戦していたとは。

> 元々AE-1用やFM,FE用のサードパーティ製ワインダーがあるのは
> 米国写真誌(ポピュラーフォトグラフィーの翻訳)で知っていましたが、
> 当時所持していなかったのでEM用があるとは知りませんでした。
やはり、EM, FG, FG-20も数が出たということなののでしょうか?

> 形は、ELW用みたいに底と一体化する簡便なタイプ。
MD-E、MD-14にはモードラ側にシャッターボタンがありませんので、
いわゆるワインダー型の方が良いように思います。

> MD-Eと違って単3みたいです。入手しやすいけど、重くなっちゃいますね。
たとえ少々重くなっても、炭酸が使えるのはポイントが高いですね。
私的にはMD-Eの代わりではなく、MD-14の小型版のように思います。

> サードパーティ製ワインダーの報告を。
ありがとうございます。楽しみにしておりました。

> 機能は、ボディ側シャッターで動作し、
> 押し続けると連続撮影になりますが秒間2コマ程度なので指切りで単写できます。
> AEやスローでも問題なく作動するのは当然として、驚いた事にM90やBでも全く問題なく作動します。
高性能というほどのことはありませんが、
EM用なら使い易さが優先されるべきなので、好ましい製品だと思います。
返信 102 スポック  投稿日 2014/11/05(水) 12:31:46  削除
れんずの神様

> スピードライトSB-14の電源のことです。
このあたりのスピードライトについて私は全くの無知です。

ぐぐってみたところ、
SD-8, SD-8A, SD-9などが使用できるようなことが書かれているので、
おそらく使えるはずだと思うのですが、何故チャージできないのか私にも判りません。

誠に申し訳ございません。m(__)m
返信 101 れんずまにあ  投稿日 2014/11/04(火) 17:09:00  削除
副長様お待たせしました。いやお待ちでないかもしれませんが(汗

サードパーティ製ワインダーの報告を。
機能は、ボディ側シャッターで動作し、押し続けると連続撮影になりますが秒間2コマ程度なので指切りで単写できます。
AEやスローでも問題なく作動するのは当然として、驚いた事にM90やBでも全く問題なく作動します。
接点は2個、メカニカルシャッターでも、シャッター後幕が走り終わった時をトリガーにしていると思われます。
返信 100 れんずまにあ  投稿日 2014/11/03(月) 19:40:42  削除
副長様、よい機会ですのでついでで恐縮ながら質問させてください。

スピードライトSB-14の電源のことです。
単2x6本のバッテリーパックSD-7が純正ですが、コネクタ形状はバッテリーパックSD-8と同一です。
SD-8はSB-800用で単3x6、カメラ底部の三脚ネジにつけられて使い勝手よさそうです。
ところが、SD−8ではSB-14がチャージ出来ないようです。
SD-7ではOKなので、何が違うのかわかりません。
SD-8だけにあるシンクロコネクタ端子はスピードライト側にするかカメラ側にするかわかりませんが、
どちらに差しても無反応のようです。
全く使えないのか、使う方法があるのか、SSに行く時間がなくお手上げなのです。
返信 99 れんずまにあ  投稿日 2014/11/03(月) 19:28:17  削除
MD-Eとはちゃいます。
MD-Eがあればそれでよかったのですが、これはサードパーティ製なんです。
元々AE-1用やFM,FE用のサードパーティ製ワインダーがあるのは米国写真誌(ポピュラーフォトグラフィーの翻訳)で知っていましたが、
当時所持していなかったのでEM用があるとは知りませんでした。
形は、ELW用みたいに底と一体化する簡便なタイプ。
縦位置シャッターボタンはありません。
MD-Eと違って単3みたいです。入手しやすいけど、重くなっちゃいますね。
ちょっと出先で詳細や作動確認が出来ないので明日以降にレポート致します。
返信 98 スポック  投稿日 2014/11/03(月) 17:32:57  削除
れんずの神様

ニコン製品でワインダーはニコマートEL-W(とニコンEL2)用のAW-1だけですので、
モータードライブMD-Eのことですよね?
これが「グリップ無し」ということは、削り落とされているというこでしょうか?
もちろん、削り落としても、巻き上げ動作には何の支障もありませんし、
あっても邪魔にしか思えないような「指掛り」ですから、無い方が合理的かも?
あれを削り落とすと、急に「すごくコンパクト」に見えるから不思議です。
返信 97 れんずまにあ  投稿日 2014/11/03(月) 16:39:57  削除
海外通販で、EM,FG,FG20用ワインダー6ドルてのを買いました。グリップ無し。
返信 96 れんずまにあ  投稿日 2014/09/30(火) 07:16:55  削除
副長様、いつもありがとうございます。
左様ですか、私も無闇にバラすのは好きではありませんので理解しました。
丁度翳りの線がスプリットイメージ中央を横切って視認できない状態です。
はっ、全面マットを調達すればいいのか(笑
確かに、実用的にはフォトミックファインダーで十分ですね。
F2で露出計を使いませんので露出計故障品は安く入手できるでしょう。
色々デッドウェイトとも言えますが、まあたいした差ではないですしね(^^)
返信 95 スポック  投稿日 2014/09/29(月) 12:37:46  削除
れんずの神様

> F2アイレベルのプリズムエッジが腐食しスプリットイメージが見えなくなり落ち込んでます。
私は遠視なので、細い銀浮きならほとんど気にならないのですが、
ある程度太くなると、もやもやが眼について気分が悪いですよね。

> 関東さんで再メッキも考慮しましたが、
再蒸着してくれるのはありがたいのですが、結構高価ですよね。
(手間を考えたら良心的な価格設定なのですが。)

> 例えば安価なフォトミックファインダーのプリズムと互換性はあるのでしょうか。
ごめんなさい。
私は一通り持っているのですが、バラしたことが無いので、
プリズムの互換性については知りません。
(お貸ししましょうか?)

> 私はフォトミック持っていないので、
私もフォトミックファインダーでの測光値は参考程度にしか見ていません。
(入射光露出計で測光した値を基本にしていますので。)
それでも、シャッタースピードや絞りがファインダーで確認できるのはやはり便利です。

れんずの神様にお勧めしたいのは、
安価なフォトミックファインダーを入手して、
露出計は無視して使うという手は如何でしょうか?
どうしてもメーターが目障りなら、天窓を塞げば見えなくなります。
返信 94 れんずまにあ  投稿日 2014/09/28(日) 20:02:42  削除
副長様、いつもお世話になって居ります。
最近全然プレスどころかマミヤ話題も出してないので恐縮ですが、敢えて質問します。
F2アイレベルのプリズムエッジが腐食しスプリットイメージが見えなくなり落ち込んでます。
関東さんで再メッキも考慮しましたが、例えば安価なフォトミックファインダーのプリズムと
互換性はあるのでしょうか。私はフォトミック持っていないので、絞りシャッター速度、露出計
を覗く小プリズムが付加されているかがわかりません。
只今ウエストレベルファインダーでF2使用中であります。
返信 93 スポック  投稿日 2014/09/23(火) 12:25:03  削除
ついでに、
これはFAに限らずFM,FE,FM2,FE2でも同じなのですが、
MD-12では電動巻上げを完了した時点で、
巻き上げ軸の結合を解いているみたいです。
ですから、カメラボディにMD-12を取り付けたままでも、
カメラボディ側でレリーズ→巻き上げができるのだと思います。
ところが、MD-12側でレリーズすると、巻き上げ軸がモーターと繋がり、
通常ならはすぐに巻き上げられるのですが、
このとき予備角が開いていると、巻き上げは抑止されます。
ここで、レバーで巻き上げようとすると、
MD-12のモーターが繋がったままで巻き上げられるので、
これが抵抗になって非常に重く、
そして、巻き上げが完了してもモーターが繋がったままなので、
軸が元に戻らなくて、シャッターも切れない。
という現象になるのだと推察できます。

ニコンF2用のモータードライブは、
巻き上げ軸(カプラー)は常に同じ方向に回ります。
(もちろん、巻き上げが完了した止まります。)
しかし、MD-12では(MD-11でも)、
半回転ほど回る→戻るを交互に繰り返します。
これは、たぶんカメラ本体側の都合なのだと思います。
FE底部の巻上げカプラーの溝に硬貨を入れて回すと巻き上がりますが、
止まるところまで回すと、あとは戻る方向にしか回りません。
戻る方向には、力を抜くとバネの力で勝手に戻ります。
この軸が戻らないと、シャッターは切れません。
MD-12は(MD-11も)これに対応した動作なのでしょう。
何となく内部構造が想像できるような気がします。
返信 92 スポック  投稿日 2014/09/23(火) 12:24:07  削除
れんずの神様

>> 1.FAに電池を入れてM250にセットしてMD-12で動かしてみる。
> 1は、MD-12側レリーズを押すとキュイッと音がしますが、停止します。
> レリーズピンは出ていますがシャッターは切れていません。
このことから判ることは、
M250は電磁レリーズでは切れない。
MD-12が突き上げるピンは、FA底部の電気スイッチをONにしているだけで、
FAの機械レリーズを蹴り上げるような構造にはなっていないようです。

> キュっと音はしますが、分離してもレリーズピンは出ていませんでした。
ピンがいったん飛び出してから、すぐに引っ込んだのだと思います。

>> M250のまま巻き上げレバーを起こし、ボディでシャッターを切り、
>> レバーを元に戻してもMD-12は反応しません。
> これはM250-レバー起こし-ボディレリーズ-レバー戻し で巻き上げします。
これはやはり、
「巻き上げられていない」かつ「予備角が閉じている」
という条件で電動巻上げ動作を開始するのだと思います。

>> M250にセットすると、MD-15ではシャッターが切れないということしょうか?
> MD-15のシャッターボタンではシャッターが切れません。

以上のことをまとめると、
1.FAのM250は機械レリーズだけで作動する。
  電磁レリーズと機械レリーズの二段構えにはなっていない。
2.MD-15のレリーズボタンはFAの電磁レリーズを直接ONにする。
  したがって、MD-15でFAのM250はレリーズできない。
3.MD-12のレリーズピンはFA底部の電気スイッチを蹴り上げる。
  このスイッチがONになるとFAの電磁レリーズが作動する。
4.MD-12が蹴り上げるのはこの電気スイッチだけで、
  機械レリーズには繋がっていない。
  したがって、MD-12でもFAのM250はレリーズできない。
5.MD-12が電動巻上げを開始する条件は、
  「巻き上げられていない」かつ「予備角が閉じている」
  であり、これはFM,FE,FM2,FE2と同じである。
ということになろうかと思います。

数々の面倒な実験に全面的なご協力を賜りました、
レンズの神様に厚く御礼申し上げます。m(__)m
返信 91 れんずまにあ  投稿日 2014/09/20(土) 23:15:02  削除
副長様再三失礼します。記憶違いのため事実と異なる記載をしてしまいました。

> 1.FAに電池を入れてM250にセットしてMD-12で動かしてみる。
のところで、

> 1は、MD-12側レリーズを押すとキュイッと音がしますが、停止します。
> レリーズピンは出ていますがシャッターは切れていません。

キュっと音はしますが、分離してもレリーズピンは出ていませんでした。

> M250のまま巻き上げレバーを起こし、ボディでシャッターを切り、レバーを
> 元に戻してもMD-12は反応しません。電子シャッターにしても反応しません。

これはM250-レバー起こし-ボディレリーズ-レバー戻し で巻き上げします。
反応しなかったのは、何故かなあ(爆)
巻き上げレバーそのままでは、電子シャッターに変更しても反応しません。
電子シャッターにして、レバー起こし-ボディレリーズ-レバー戻しで巻き上げ作動
するのはM250と同じです。

> ここで巻き上げレバーを巻こうとすると重過ぎて壊しそうなのでやっておりません。

この重さは、半端ではないので本当に壊しそうです。

> 回復するには、一旦電子シャッターにして、巻き上げレバーを起こし、ボディで電子シャッターを切り、
レバーを元に戻せば自動巻き上げされ復帰します。

電子シャッターにしなくても、M250(B)のままで大丈夫です。

誤解を招くような記載をして誠に申し訳ございませんでした。
返信 90 れんずまにあ  投稿日 2014/09/19(金) 23:52:17  削除
MD-12はFE,FE2ではM250で電子シャッターと同等に何の問題も無く作動し、連写も可能なのに対して
FAではずいぶん違う振る舞いをします。
FAではMD-12でメカシャッターを使う際はボディでレリーズする必要があります。このとき電池は必要
ではありません。
MD-12のレリーズロッドはFAに対して電子シャッターにのみ作動トリガーになっています。
もしかすると私のFAが壊れている可能性もありますね。

FAはFE系と異なりボディ底面の接点にコインで回すカバーがついています。MD-15にはそれを収納して
おくスクリュー部分が上面に設置されていますが、MD-12にはありません。紛失のもとです。
勿論カバーが無くてもF3のような巻き戻し軸から漏光したりしないので撮影に支障はありませんが、気分
がよくありません。
誤作動というか、スタックしてしまうリスクを考えると、FAにはMD-15がお勧めです。MD-12はFE,FM
系で実力を遺憾なく発揮できるでしょう。
返信 89 れんずまにあ  投稿日 2014/09/19(金) 23:51:23  削除
副長様、ようやくのことで店舗Cから完動MD-12を2野口様で確保して参りました。
外観は非常にやれており,手持ちの美品(だが不動)と比較し脳内に女神様が現れました。
「お前が欲しいのはこのズタボロだが動くMD-12か、それともピカピカの不動品MD-12か?」

閑話休題、すみません。
> 1.FAに電池を入れてM250にセットしてMD-12で動かしてみる。
> 2.FAの電池を抜いてM250にセットしてMD-12で動かしてみる。
> この実験の結果次第で、
> MD-12の「ピンの突き上げ」がFAの何を蹴飛ばすのか?について、およその見当が付きます。

1は、MD-12側レリーズを押すとキュイッと音がしますが、停止します。
レリーズピンは出ていますがシャッターは切れていません。
M250のまま巻き上げレバーを起こし、ボディでシャッターを切り、レバーを
元に戻してもMD-12は反応しません。電子シャッターにしても反応しません。
ここで巻き上げレバーを巻こうとすると重過ぎて壊しそうなのでやっておりません。
回復するには、一旦電子シャッターにして、巻き上げレバーを起こし、ボディで電子シャッターを切り、
レバーを元に戻せば自動巻き上げされ復帰します。

1の続き。M250とBをボディ側でレリーズし、巻き上げレバーを戻すとMD-12が作動し巻き上げ
されます。これは電子シャッターと同じです。また手動巻き上げも、ボディ単体より少し重くなり
ますが可能です。

2,MD-12側レリーズは、1と同じ事になります。ただし電子シャッターに変更し回復ができない
ので事実上スタック状態になります。MDを外し、コインで接点を短絡させると復帰しますが、お勧め
はできません。

ボディ側レリーズは、1と同様巻き上げレバーを戻すとMD-12作動します。手動巻き上げも1と同様
です。
返信 88 スポック  投稿日 2014/09/18(木) 12:32:22  削除
れんずの神様

誠に申し訳ございません。m(__)m
スポックは出鱈目を申しておりました。m(__)m

>> AiからAiSになった時、
>> 開放絞り絶対値を伝達する削り込みがマウント面に出現したと思いましたが、
> いや、あの凹みは、Ai-Sか?それ以外か?を識別するためのものです。
> 開放F値伝達爪はAiニッコールから付いています。
> Ai改造したレンズには取り付けられていません。
> レンズをボディに装着したとき、およそ6時前後の角度に来る位置に、
> レバーのような形状の爪(ただし固定されている)が出ているはずです。
> これが、開放F値とおよその焦点距離を示しています。
> 望遠系レンズでは、レバーのような形状ではなく、台のような形状です。
およその焦点距離を示す突起物はマウントを前から見て3時の位置にあります。
開放F値伝達爪とは別モノで、これはAi-Sから追加されました。←これが誤り訂正。
Ai-Sよりも古いニッコールでは、このあたりにレンズ後玉を保護する目的で、
レンズを取り巻くような壁が出ているものが多く、その形状はさまざまです。
Ai-Sニッコールか?それ以外か?は、マウント面の凹みで識別できますので、
Ai-Sニッコール以外では、この付近の出っ張りは無視されるようです。

> それらのボディにAI以降のニッコールを装着してプログラムAEにすると、
> 望遠レンズならば、シャッター速度が高速側にシフトするようになっています。
> そして、テレコンを挟むと、マスターレンズの焦点距離が何であっても、
> やはりシャッター速度が高速側にシフトするようになっているのです。
これはTC-14AS,TC-14BS,TC-201S,TC-301SなどのAi-Sテレコンバータの話です。
Ai-Sテレコンバータはマスターレンズのマウント面の凹みを伝達するとともに、
3時の位置の突起物が望遠レンズを示すようになっています。

いい加減なことを書いてはいけませんね。
大変失礼しました。m(__)m
返信 87 MATIA  投稿日 2014/09/17(水) 12:14:06  削除
神様

>近所の店舗Aで在庫するMD-12(11はなかった)を3台出して頂くと、全部不動でした。
>店長様のご経験では、外付けモータードライブの類いは現在故障品が多く、大変脆弱

うちのMD-12は,はたして無事か?
早めにたしかめなくては…
返信 86 スポック  投稿日 2014/09/17(水) 00:16:55  削除
ということは、
ニコンF用のモータードライブが作動するというのは、
結構すごいことなのかも。

ニコンS系用のモータードライブが作動すればもっとすごいのでしょうけど、
私は持っていませんので。

なお、電気系は一切ありませんが、
ウチのモーリーはちゃんと動きました。
返信 85 れんずまにあ  投稿日 2014/09/16(火) 22:18:46  削除
延々雑談になるのは少々申し訳ない気がしてきましたが...
近所の店舗Aで在庫するMD-12(11はなかった)を3台出して頂くと、全部不動でした。
店長様のご経験では、外付けモータードライブの類いは現在故障品が多く、大変脆弱と
お聞きしました。MD-4でも結構な割合で故障しているそうです。
ニコンはまだましで、キヤノンやオリンパスはさらに悲惨とか。私のオリンパス用は大丈夫ですが。
動かさなくなっているためかもしれませんね。
めげずに捜索に励みます。店舗B,Cにも在庫あるのは確認しましたので。
返信 84 れんずまにあ  投稿日 2014/09/16(火) 06:49:41  削除
副長様、今回もご教授ありがとうございます。
F3は私の勘違いですね、ボディシャッター後は仰る通りの作動だとおもいます。
なにせMD-4、SB-11ごと遠方の友人に貸したまま20年くらい経ちますので。

MD-4装着で緊急シャッターレバーはやったことないですが、そんなに危険行為とは。
話のネタになりそうです(笑

MDなしで下から細い棒、は棒がなくてMD12の巻き戻しロック解除用ピンをつっこんだが
無反応でした。長さが足りなかったかも。
でもどんづまりのような感触だったので、「切れない」のかも。

近所の店舗にMD-12が2900円で出ているようです。参ります時間がないのがなんとも。
返信 83 スポック  投稿日 2014/09/15(月) 21:09:21  削除
MATIA大元帥閣下

> アマチュアの店には、ここ数年は行ってません。
> なにせ、日曜日がお休みでしょ…(^_^;)
いや、そうれがねぇ、
土曜日は閉店時刻が早いので、金曜日の放課後に行くのですが、
18時半くらいに行くと、既に閉まっているのですよ。
春先にようやく開いてるときに行くことができたのですが、
「冬は暗くなるのが早いので早く閉店してました」と言うのです。
ところが、最近また18時半くらいに行くと閉店しているのです。
私は18時まで勤務時間なので、それくらいが限度なんですが、
何となく「景気が悪いのかなぁ?」なんて考えたり、
これ以上、中古カメラ屋さんが減るのは辛いし、とか思ったりしてね。
返信 82 MATIA  投稿日 2014/09/15(月) 17:53:16  削除
副長さま

アマチュアの店には、ここ数年は行ってません。なにせ、日曜日がお休みでしょ…(^_^;)
返信 81 MATIA  投稿日 2014/09/15(月) 17:52:59  削除
副長さま

アマチュアの店には、ここ数年は行ってません。なにせ、日曜日がお休みでしょ…(^_^;)
返信 80 スポック  投稿日 2014/09/15(月) 12:52:54  削除
誤:2−6.このあと、レバーで巻き上げると、かなり重たい感触で巻き上がり、
正:2−6.MD-12側のシャッターボタンでレリーズした後、レバーで巻き上げると、かなり重たい感触で巻き上がり、

↓訂正の訂正です。(^^;
返信 79 スポック  投稿日 2014/09/15(月) 12:51:46  削除
返信 74の訂正です。

正:2−6.このあと、レバーで巻き上げると、かなり重たい感触で巻き上がり、
正:2−6.MD-12側のシャッターボタンでレリーズした後、レバーで巻き上げると、かなり重たい感触で巻き上がり、
返信 78 スポック  投稿日 2014/09/15(月) 12:46:17  削除
MATIA大元帥閣下

> 昨日は八百富写真機店を覗いたのですが…
大阪を凱旋されていたのですか。

もちろん、newFM2様とぎょぎょっと魚眼を率いて。
撮影日記を楽しみにしております。

> Ai 13/5.6様のお布施額は、約190万円でした
少し前に、外観が少し劣るものが、約100万円で置いてあったのですが、
別モノなのか?金を掛けて補修したモノなのか?

なお、舶来カメラがメインの第二ビルのお店に、
ながらく同レンズが鎮座していたのですが、
外国人の目に止まってさらわれてしまったそうです。
ちなみに、およそ半分くらいの値だったそうです。

ところで最近、
あまちゅあの店へ行かれました?
返信 77 スポック  投稿日 2014/09/15(月) 12:45:53  削除
> 確かF3では巻き上げレバー収納状態でもボディ側でレリーズ出来たはずですね?
> レリーズ後にMD-4のレリーズボタンを半押ししたら巻き上げされたかと思いましたが、
ウチにあるのはF3Pなので、もしかしたら違うのかも知れませんが、
1.MD-4のシャッターボタンを押すとレリーズできて、シャッターが閉じるとすぐに巻き上げられる。
2.ボディのシャッターボタンを押すとレリーズできて、シャッターボタンを戻すと巻き上げられる。
だったと思います。

なお、ニコンF3にMD-4を取り付けた状態で、緊急作動レバーを倒すと、
バシバシバシバシと連写状態になります。(撮影できているかどうかは知りません。)
ニコンサービスの人に尋ねると、これは「やらないでほしい」とのことでした。
故障の原因になりかねないという話です。詳しく尋ねると、
1.レバーで巻上げても、モーターで巻き上げても、
  シャッター駆動バネがチャージされるとともに係止が掛かって止まります。
2.レリーズによってこの係止を外すと、シャッターの動作が始まります。
3.F3では電磁レリーズなので通常はプランジャーが係止を外しますが、
  緊急作動レバーを倒してもこの係止は外れます。
4.緊急作動レバーを倒していると、この係止は外れたままになるので、
  この状態で巻き上げると、巻上げが完了しても係止が掛からずに、
  いきなりシャッターが走ることになるのですが、
  巻き上げ機構が完全に外れきっていない状態でシャッターが走ることになる。
だから「やらないでほしい」とのことでした。

ニコンF3には予備角によるロックは無いので、
MDが巻き上げ動作に入る条件は、
「巻き上げられていない」だけのようです。

また、MD-4が装着されている状態なら、
(かつ巻き上げできる程度に電力が残っているのなら)
電磁レリーズは動けるので、その状態で緊急作動レバーを倒すことは、
「想定外」ということになるのでしょう。
返信 76 スポック  投稿日 2014/09/15(月) 12:45:24  削除
1.MD-12のシャッターボタンを押す。
2.MD-12内のプランジャーが作動してピンを突き上げる。
3.MD-12のピンがFA底部のスイッチを押す。
4.FA内のプランジャーが作動してシャッターが走る。

FM系やFE系では「2」の段階でシャッターが走り始めますが、
FAでは「4」の段階でシャッターが走り始めることになるのでタイムラグが長くなり、
FM2やFE2に比べて連写速度が低下する原因になっている。
しかし、FA+MD-15ではMD-15のシャッターボタンを押したときが「3」なので、
FM2やFE2+MD-12と条件が近くなるので連写速度も遜色なくなる。

のだと私は推察しています。
ただ、さらにもうひとつの疑問が残ります。
FA+MD-12ではMD-12が蹴飛ばすのは電気のスイッチ「だけ」だろうか?
もしかしたら、機械レリーズの係止「も」蹴飛ばすのかも知れない。

> MD-12が故障していて、MD-12関連の確認ができませんでした。相済みませんです。
ごめんなさい。
よく考えたら、これはMD-12が無くても実験できますよね。
FAから電池を抜いてM250にセットして、
MD-12のレリーズピンが当たるところを細い棒で押してやれば判ります。
これでシャッターが切れるようなら、多分「も」です。
シャッターが切れないようなら、多分「だけ」です。
返信 75 スポック  投稿日 2014/09/15(月) 12:45:02  削除
> またボディでシャッターを切ると、MD側は無反応で、巻き上げはレバーで行うことになります。
> しかし、ボディレリーズ後に巻き上げレバーを戻した途端巻き上げ動作に入ります。
> これはM250,Bではレバーを収納位置に戻しても無反応ですので、
> 接点が繋がっている必要があるのでしょう。
う〜ん、ここがよく判らないところです。

単純に考えると、MDが巻き上げ動作に入る条件は、
「巻き上げられていない」かつ「予備角が閉じている」
だと考えられるのですが、どうもそれだけでは無さそうです。

>> この実験の結果次第で、
>> MD-12の「ピンの突き上げ」がFAの何を蹴飛ばすのか?について、およその見当が付きます。
> FA単体で底のレリーズピン穴をMD12のリバースロック解除ピンで押してみましたが、
> 生半可なストロークではないためか、何らかのMD接続を要するのか作動しませんでした。
FA+MD-12でも電子シャッターでの連写ができますよね。(当然ですが)
でも、MD-12にはFAの電磁レリーズを開閉する接点はありません。
MD-12は機械的にピンを突き上げて、ボディの係止を蹴飛ばすようになっています。
FAではこのピンが突き当てられるところにスイッチが入っていて、
MD-12がピンを突き上げると、このスイッチが押されてレリーズするようになっていると推察できます。
返信 74 スポック  投稿日 2014/09/15(月) 12:43:37  削除
つづきです。

2.予備角を開いているとき
2−1.ボディ側のシャッターボタンでレリーズできる。
    シャッターが閉じてもMD-12での自動巻上げはされない。
2−2.このあと、レバーで巻き上げると、平和に巻き上がる。
    予備角を戻さなければ、その次のレリーズもボディ側のシャッターボタンでできる。
2−3.レバーでの巻き上げをせずに予備角を閉じると、直ちにMD-12によって巻き上がる。
    もちろん、その次のレリーズもMD-12側のシャッターボタンでできる。
2−4.MD-12側のシャッターボタンでもレリーズできるが、シャッターが切れても巻き上がらない。
2−5.このあと、予備角を閉じると、すぐにMD-12によって巻き上がる。
    もちろん、その次のレリーズもMD-12側のシャッターボタンでできる。
2−6.このあと、レバーで巻き上げると、かなり重たい感触で巻き上がり、
    レバーが戻るには戻るが、巻き上げが完了していないようで、スコスコになる。
    また、この状態では、ボディ側でもMD-12側でもレリーズできない。
2−7.レリーズできず、巻き上げレバーもスコスコ状態では、撮影できないが、
    いったんボディからMD-12を外すと、レバーで最後まで巻き上げができて、
    ボディ側のシャッターボタンでレリーズできるようになる。
2−8.MD-12のカプラーは中途半端な位置で止まっているので、
    カメラボディに取り付けることができない。
    ここで、MD-12単体でシャッターボタンを押すと、カプラーが回ってから戻り、
    カメラボディに取り付けることができるようになる。

つまり、MD側でレリーズして、ボディ側で巻き上げると面倒なことになるワケで、
MD-15ではそのようなトラブルを未然に防ぐようになっているようですね。
返信 73 スポック  投稿日 2014/09/15(月) 12:43:01  削除
> 次に、M250、Bは通常MD作動状態ではボディのレリーズもできません。
> これはFAも巻き上げレバーを予備角に引き出さないとレリーズロックが掛かるシステムだからです。
> またボディでシャッターを切ると、MD側は無反応で、巻き上げはレバーで行うことになります。
ふむふむ。

> しかし予備角ではMD側のレリーズボタンが反応しなくなります。
MD-12とは少し違いますね。

私が使っているFE+MD-12では次の通りでした。

1.予備角を閉じているとき
1−1.ボディ側のシャッターボタンはロックされている。
1−2.MD-12側のシャッターボタンでレリーズできて、シャッターが閉じるとすぐに巻き上げられる。
1−3.基本的に巻き上げられていない状態が無いので、レバー巻き上げはできない。
返信 72 スポック  投稿日 2014/09/15(月) 12:41:06  削除
れんずの神様

>> M250にセットすると、MD-15ではシャッターが切れないということしょうか?
> MD-15のシャッターボタンではシャッターが切れません。
> 電子信号ではメカニカルシャッターが作動しないので当然です。
当然と言えば当然なのですが、

もしかして、M250は本体の電池が「無くても」切れるのかな?という疑問があったのです。
どういうことかと言いますと、

電池が無くても、深く押し込めば機械的に切れるように出来ているが、
M250も電子シャッターである250と同様に「電磁レリーズでも」切れるかも知れない。

もしそうだとすれば、MD-15を取り付けたときには、
電磁レリーズの電源は必ず供給されるワケですから、もしかして切れるのかも知れない。
ただ、可能性としては低いと思われます。ですから、
「MD-15ではシャッターが切れないということしょうか?」という疑問だったワケです。

お陰様で、このあたりの疑問が霧散しました。ありがとうございました。m(__)m
返信 71 MATIA  投稿日 2014/09/15(月) 08:47:26  削除
Ai 13/5.6様のお布施額は、約190万円でした@八百富写真機店大阪駅中央店

私には、とてもお迎えできませぬ。
そのかわり、ジャンク品コーナーからちょこっと(^_^;)

返信 70 れんずまにあ  投稿日 2014/09/15(月) 08:27:13  削除
> MATIA様
13mm大明神お迎えされたかと思いました。
お布施が尋常ではないのでしょうね。
現在ではFAの立ち位置は微妙なところかと思いますが、大家様の心を動かした
とすると副長様と小生の掛け合いも無駄ではなかったかと(^^)
単体でも十分楽しめる機種ではありますが、是非お迎えの折はMD-15とセットで...
返信 69 MATIA  投稿日 2014/09/15(月) 07:05:47  削除
一連のやり取りの影響で,FA様をお迎えしたくなり,昨日は八百富写真機店を覗いたのですが…

FA様のお姿はなく,最近のお布施相場もわからずじまい。

そのかわり,Ai 13mm F5.6様のお姿を拝んでまいりましたとさ。
返信 68 れんずまにあ  投稿日 2014/09/13(土) 21:50:44  削除
さて、
> 1.FAに電池を入れてM250にセットしてMD-12で動かしてみる。
> 2.FAの電池を抜いてM250にセットしてMD-12で動かしてみる。
> この実験の結果次第で、
> MD-12の「ピンの突き上げ」がFAの何を蹴飛ばすのか?について、およその見当が付きます。

FA単体で底のレリーズピン穴をMD12のリバースロック解除ピンで押してみましたが、生半可な
ストロークではないためか、何らかのMD接続を要するのか作動しませんでした。
MD-12を新たに入手する目処は立たない(でもひょいとジャンク箱に入っている可能性は高い)
ので、この答えはペンディングにさせてくださいませ。

FA+MD-15では、メカニカルシャッターの位置づけは緊急避難的なもので、
少し習熟する必要を感じました。

しかし、80年代のカメラはそれでもシンプルで、こうやって操作を会得して行く楽しみがありました。
昨今の分厚い説明書を首っ引きのカメラは、撮影結果は優れていても、なんとも愛着が持てません。
返信 67 れんずまにあ  投稿日 2014/09/13(土) 21:47:12  削除
副長様お待たせ致しました。

まずお詫びを。MD-12が故障していて、MD-12関連の確認ができませんでした。相済みませんです。

そして、
>>> M250にセットすると、MD-15ではシャッターが切れないということしょうか?

MD-15のシャッターボタンではシャッターが切れません。
電子信号ではメカニカルシャッターが作動しないので当然です。

次に、M250、Bは通常MD作動状態ではボディのレリーズもできません。これはFAも巻き上げレバーを
予備角に引き出さないとレリーズロックが掛かるシステムだからです。
メカニカルではなく電子シャッターも同様に巻き上げレバー収納状態ではボディ側からレリーズはできません。

巻き上げレバーを予備角にすると、M250,Bも電子シャッターもボディ側から切れます。M側ではレリーズ
位置が深くなるのはボデイ単体と同じです。
しかし予備角ではMD側のレリーズボタンが反応しなくなります。またボディでシャッターを切ると、MD
側は無反応で、巻き上げはレバーで行うことになります。
従って、MD装着状態でもM250,Bはボディ単体と操作は同じことになります。
そしてM250では連射はできません。

さらに、ボディの電池を抜いてもMD-15装着状態で電源供給はされていますから、M250,Bだけではなく
電子シャッターも作動しますが、巻き上げレバー予備角でないとボディでレリーズすることはできません。
レリーズ後の巻き上げも、予備角ではレバーで行うしかありません。
しかし、ボディレリーズ後に巻き上げレバーを戻した途端巻き上げ動作に入ります。これはM250,Bでは
レバーを収納位置に戻しても無反応ですので、接点が繋がっている必要があるのでしょう。


確かF3では巻き上げレバー収納状態でもボディ側でレリーズ出来たはずですね?
レリーズ後にMD-4のレリーズボタンを半押ししたら巻き上げされたかと思いましたが、
MD-15はレバー予備角ではレリーズボタン半押しで作動せず、巻き上げレバー収納でMD作動します。
返信 66 スポック  投稿日 2014/09/11(木) 23:35:52  削除
れんずの神様

>> M250にセットすると、MD-15ではシャッターが切れないということしょうか?
> その状況は想定しなかったので試さず、実家に戻してしまいました。
> 明日確認致します。
恐縮いたします。

もし、試していただけるのでしたら、
次のこともお試しいただけないでしょうか?

1.FAに電池を入れてM250にセットしてMD-12で動かしてみる。
2.FAの電池を抜いてM250にセットしてMD-12で動かしてみる。

この実験の結果次第で、
MD-12の「ピンの突き上げ」がFAの何を蹴飛ばすのか?
について、およその見当が付きます。

もちろん、できましたら・・・で結構です。
返信 65 れんずまにあ  投稿日 2014/09/11(木) 16:29:27  削除
> M250にセットすると、MD-15ではシャッターが切れないということしょうか?

すみません、その状況は想定しなかったので試さず、実家に戻してしまいました。
明日確認致します。
MD-15はボディに電源供給能力があるので、MD装着状態で敢えてM250にする状況が
思い浮かびませんが、Bにする可能性は十分にあるでしょう。
すると、作動はするのではないでしょうか。

興味があるのは、メカ駆動時はレリーズボタンから指を離した時に巻き上げシグナルが出るのか(可能性低い)
レリーズ初動はメカでも後幕が走行完了後に巻き上げシグナルが出て、押し込んだままでもMD作動し
Cポジションでは連射になるのか、です。

この辺で下手な海外カメラだと誤操作でカメラ病院送りになるでしょうが、天下のニコンですから如何なる
操作に置いても故障することは有り得ないと考えます(^^)
返信 64 スポック  投稿日 2014/09/11(木) 12:36:40  削除
> 全てのモードで、タイムラグの違いを認識出来ません。
> 他社機種を使ってニコンに戻ると、
> 如何に作動が磨かれ作り込まれた機械なのか実感でき、
> 企業としての高い矜持が感じられます。
ニコンでもいろいろでしょうけど、
少なくともFAは非常に良く出来た機械であることは間違い無いでしょうね。

> FE2がメカニカルセルフタイマーを使えるのは、
> レリーズシークエンスの最初をメカにしているからですね。
というか、電磁レリーズを搭載してしまえば、
セルフタイマーも電子化する方が簡単だからFAはそうしたけど、
FE2は機械レリーズなのでセルフタイマーを電子化したら、
それだけのために電磁レリーズを設けなければならないので、
そうしなかったということではないか?と思います。

> MD-15を装着してみると、微妙なラグの遅れはほとんど体感出来なくなります。
> 巻き上げが迅速で誤摩化されてしまうのでしょうか。
> MD-15の作動は早く、だらだら連射するなら3.2コマは遅いかもしれませんが、
> Cモードでは指切りでシングルショットが不可能な程度に巻き上げは速いです。
おそらく、各段階の動作を電気的に制御しているので、
タイミングが最適化されていて、無駄な動きが少ないのでしょう。
FAを使うならMD-15を選ばないと勿体無いと思います。

お陰様でニコンFAがどのようなカメラであるか?見えてきました。
ニコンとしても全力で作り上げたカメラだったのでしょう。
誠にありがとうございました。m(__)m
返信 63 スポック  投稿日 2014/09/11(木) 12:36:13  削除
れんずの神様

> 調べましたので報告申し上げます。
ありがとうございます。

>> 1.M250で切ってみる。(これは正常に動くはず。)
> 正常動作します。
ふむふむ。

>> 2.Mモードで適当なシャッター速度で切ってみる。
>> 3.Aモードでで切ってみる。
>> 4.Pモード、Sモードで切ってみる。
> これらは何の反応もありません。電磁レリーズが切れているためでしょう。
ということは、初動から電磁駆動になっているということでしょうね。

> FAはM250はボディ背面のボタンを押しながらシャッターダイヤルを回転させて入れます。
> FE,FAはAから外すときにのみシャッターダイヤル上面のボタンを押してロック解除しますね。
> FAではM250とBの機械駆動に入れると、シャッターが1段深く押し込めるようになり、
> そこでレリーズされます。切れる位置が電磁では浅く軽く、機械では深く重いです。
> 電子シャッター位置では深く押し込めないようになっているようです。
なるほど、この解説で非常に良く判りました。

F3では普段の電磁レリーズはシャッターボタン、
機械レリーズは緊急作動レバーによって操作するようになっていますが、
FAではシャッターボタンを押し込む深さで両者を使い分けていて、
普段は機械レリーズが作動する深さまで押し込めないように制限されているが、
背面ボタンを押しならがシャッターダイヤルを回してBかM250にセットすると、
制限が解除されて機械レリーズが作動するようになるということですね。

ということは、M250にセットすると、
MD-15ではシャッターが切れないということしょうか?
返信 62 れんずまにあ  投稿日 2014/09/10(水) 22:21:56  削除
副長様、調べましたので報告申し上げます。

【電池を抜き、MD-15は着けない状態での作動】

1.M250で切ってみる。(これは正常に動くはず。)

正常動作します。

2.Mモードで適当なシャッター速度で切ってみる。
3.Aモードでで切ってみる。
4.Pモード、Sモードで切ってみる。

これらは何の反応もありません。電磁レリーズが切れているためでしょう。

FAはM250はボディ背面のボタンを押しながらシャッターダイヤルを回転させて入れます。
FE,FAはAから外すときにのみシャッターダイヤル上面のボタンを押してロック解除しますね。

FAではM250とBの機械駆動に入れると、シャッターが1段深く押し込めるようになり、そこ
でレリーズされます。切れる位置が電磁では浅く軽く、機械では深く重いです。
電子シャッター位置では深く押し込めないようになっているようです。

 【電池を装填した状態で、各モードのタイムラグの違い】

全てのモードで、タイムラグの違いを認識出来ません。
電池を抜いたM250も同様です。
念のためにAiNikkor50/2とAiSMicro55/2.8で比較しましたが、P、Sのラグは変わりません。

フジカAX-5のP,Sは本当に遅いので、A,Mの制御をわざわざ変えたのでしょうが、FAはPでも
十分速いので特に制御を(少なくとも体感出来る程は)変える必要が無いのでは。
AX-5をはじめ、他社機種を使ってニコンに戻ると、如何に作動が磨かれ作り込まれた機械なの
か実感でき、企業としての高い矜持が感じられます。

FAとFE2と比較してみました。
確かにFE2のタイムラグは非常に短いのではありますが、FAとの差は僅差です。
比べてしまうとFE2の方がファイダー像消失時間が短く歯切れが良いです。
電子もM250も変わりません。

FE2がメカニカルセルフタイマーを使えるのは、レリーズシークエンスの最初を
メカにしているからですね。

MD-15を装着してみると、微妙なラグの遅れはほとんど体感出来なくなります。
巻き上げが迅速で誤摩化されてしまうのでしょうか。
MD-15の作動は早く、だらだら連射するなら3.2コマは遅いかもしれませんが、
Cモードでは指切りでシングルショットが不可能な程度に巻き上げは速いです。
返信 61 スポック  投稿日 2014/09/09(火) 12:36:35  削除
れんずの神様

> キヤノンnF1では電池が無いと
> レリーズが重くなってしまう弊害があります。
あ・・・、なるほど、
キヤノンニューF-1において、電池が切れたとき、
どうして電池を外さないとメカシャッターに切り替わらないのか?
やっと理由が判りました。
電池を入れると、物理的に何かを押して、
レリーズボタンとの機械的な連動を外すような仕組みがあるのですね。

> タイムラグでそんなに遅くなるとは思っていませんでした。
3.2コマ/秒と2.7コマ/秒を単純比較すると、
1コマあたり58ミリ秒ほどの差になりますが、
まぁ、そんなもんでしょう。

> FAはそれほど使い込んでいませんが、
> 記憶では電池が入った状態でモード間に感知出来るタイムラグの差はなく、
> いずれもかなり短いように思いました。
> 私見ですがFAのラグはFEなどに遜色ないように感じました。
FAは瞬間絞り込み測光をしながらタイムラグが短いのは素晴らしいです。
FAで「シャッタータイミングが遅れる」という話は聞いたことがありません。
ニコンは多分かなり頑張ってFAを開発したのでしょうね。

>> ニコンFAにおける機械レリーズと電磁レリーズの使い分けを知りたく思います。
> 諒解致しました。MD15共々実家ですので、今週中にしっかり確認報告させていただく所存です。
恐縮いたします。
私の方はいつでも構いませんので、
ご都合の良いときにお調べいただけると幸いです。

> ただしオシロスコープなどを使った厳密なテストは無理ですから、
> 五感を元にしたファジーな感想に過ぎません。
もちろんです。
印象をお知らせいただけるとありがたいです。
返信 60 れんずまにあ  投稿日 2014/09/08(月) 23:44:38  削除
副長様、貴兄にニコン関係でお願いされるとは光栄な事です。

> ニコンFAにおける機械レリーズと電磁レリーズの使い分けを知りたく思います。
諒解致しました。MD15共々実家ですので、今週中にしっかり確認報告させていただく所存です。

> 各モードのタイムラグの違いが判れば、なおありがたいです。
これらは私も興味深いです。
フジカAX-5は瞬間絞り込み測光のマルチモード機で、レンズに電子接点を持ち、ボディと情報交換しています。
また機械シャッターは用意されていません。
面白いことにモードでタイムラグが明確に違います。
P,Sは瞬間絞り込みでラグは大きく、A,Mは短いのがわかります。

FAはそれほど使い込んでいませんが、記憶では電池が入った状態でモード間に感知出来るタイムラグの差はなく、いずれもかなり短いように思いました。
FGはモードに関わり無くFAと比べて非常に長く、FG20はFGより短いが、FE,FMよりは遅い印象でした。
私見ですがFAのラグはFEなどに遜色ないように感じました。
ご存知の通り、FEはF2には負けますが、旧キヤノンF1やコンタックスRTSより遥かに早い、高級機を上回るタイムラグ僅少機です。
勿論直接比較していませんので、今週に比べてみます。
ただしオシロスコープなどを使った厳密なテストは無理ですから、五感を元にしたファジーな感想に過ぎません。
返信 59 れんずまにあ  投稿日 2014/09/08(月) 23:27:26  削除
副長様、アドバイスに目から鱗が落ちる思いです。

> ニコンFAは機械レリーズと電磁レリーズを併設しています。
> ですからFAはMD-12もMD-15も使えるのですが、
> FM2はともかく、FE2やFM3Aでも同じことができたはずです。

はい、その辺りは諒解できるのですが、FE、FE2は電子シャッターにも関わらず
レリーズ初動はメカニカルのようですね。
そのお陰でM90/M125は電池が無くても普通のレリーズボタン、しかも同じ
感触でシャッターを切る事が出来ますね。キヤノンnF1では電池が無いと
レリーズが重くなってしまう弊害があります。
MD15にはF3のように緊急シャッターを別に設けるか、上記のnF1のように
電池を外す事でメカ連動に切り替えるなどカラクリを要するのかと思います。

> FA+MD-12では2.7コマ/秒ですが、
> FA+MD-15では3.2コマ/秒に向上しています。
> MD-12を使ったときにFM2やFE2より遅いのはFAのタイムラグが長いからです。

なるほど、FM/FE+MD12は3.5コマでしたがFM2/FE2が3.2コマに落ちたのは
シャッターチャージのトルクが増えたからで、FAはさらに重く、MD15では
トルクを強化したのかと思っていました。電磁レリーズの優位だったのですね。
タイムラグでそんなに遅くなるとは思っていませんでした。

> FM2,FE2,FM3AでMD-15が使えたら、もっと速くなっていたかも知れません。

それは残念です。
私の邪推では、MD-15採用がなかったのは、
1,FM3Aを出した時はMD-15生産終了から長期間経過し再生産困難だった
2,FM2が直近まで現役でMD-12も細々と生産されていて流用可能だった
3,FM3Aは最早ニッチ製品と認識され新型MDに投資しても回収出来ないと判断された。
4,FM3AはFM名があるくらいなので電池有無でレリーズ感触が変わるのを嫌った。
5,MD装着前提のF3,FAと違いMDは滅多に選択されないオプションにすぎず、ボディをMD
に合わせて設計する意義が薄れていた。
などと考えていましたが、副長様のご説明の方が納得出来ます。

> また、レリーズショックもいくらか軽くなっていたはずです。

MD12の騒々しさ、手の中で暴れる感触は独特で、FE当時ならイザ知らず、洗練されていません。
まあ同時代にF901やF5が出ていたので、自動巻き上げを重視するならMD12は役目を終えていた
と思われます。
勿論、MD12持っていますよ。1000円くらいですから、買わずには居れません。FMに填めて
楽しく使います。
返信 58 スポック  投稿日 2014/09/06(土) 13:29:20  削除
れんずの神様

お願いがあります。
私はニコンFAを持っていないのですが、
ニコンFAにおける機械レリーズと電磁レリーズの使い分けを知りたく思います。

ニコンFAは基本的に電子シャッターカメラですから、
電池を抜くとシャッターが正常動作しなくなりますが、
レリーズボタンを押すと何らかの動作を始めると想像できます。
(ニコンFEの初期型ではミラーが往復するがシャッター幕が開かない。
 ニコンFEの後期型ではミラーが上がりっぱなしになる。)

そこで、電池を抜いた(もちろんMD-15は着けない)状態で、
1.M250で切ってみる。(これは正常に動くはず。)
2.Mモードで適当なシャッター速度で切ってみる。
3.Aモードでで切ってみる。
4.Pモード、Sモードで切ってみる。
ということを試していただけないでしょうか?
また、電池を装填した状態で、
各モードのタイムラグの違いが判れば、なおありがたいです。

仮説として、
ニコンFAが電磁レリーズを装備している理由として、
PモードとSモードにおける瞬間絞り込み測光が関係しているような気がします。
つまり、瞬間絞り込み測光をしないなら、
1.絞り込み
2.ミラー上昇
3.シャッター先幕走行
のうち、1と2は同時に開始できるのですが、
瞬間絞り込み測光をするのなら、2を遅らせなければなりません。
その遅らせる時間ですが、なるべく短く済ませたいのなら、
測光が完了した時点で2を開始させるのが合理的です。
そのためには、各部の動作タイミングを電気的に制御する方が楽です。
しかし、電気的に制御するのなら、2の開始を遅らせることが可能なら、
遅らせないようにすることも可能ということになります。
つまり、動作タイミングを電気制御にしてしまえば、何でもありになります。
しかし完全に電気制御だけにしてしまうと、M250も電池抜きに動けません。
ですから、少なくともM250(とB)だけは機械レリーズであるはずです。
これらのことを調べたいと思うのですが、残念ながら手元にありません。
れんずの神様におすがりさせていただけるとありがたく存じます。
返信 57 スポック  投稿日 2014/09/06(土) 13:04:03  削除
れんずの神様

> 電源供給がMD15から出来ますので電池切れの心配も無く、
> モードラ併用するならFE/FMよりFAと思っています。
> (何故FM3AでMD15を採用しなかったか、事情もあるけど勿体なく感じました)
FM,FEは仕方ないとしても、
FM2,FE2,FM3AでMD-15が使えないのは何故なのか?
私も疑問に思っていました。

MD-11,MD-12とMD-15の最も大きな違いはレリーズ方式の違いです。
MD-11とMD-12では機械的にピンを突き上げてレリーズします。
MD-15ではF3のMD-4と同じように電気連動です。

ニコンFAは機械レリーズと電磁レリーズを併設しています。
ですからFAはMD-12もMD-15も使えるのですが、
FM2はともかく、FE2やFM3Aでも同じことができたはずです。

外付けモータードライブを使用するなら、
電磁レリーズの方がタイムラグは短くなります。
FA+MD-12では2.7コマ/秒ですが、
FA+MD-15では3.2コマ/秒に向上しています。
MD-12を使ったときにFM2やFE2より遅いのはFAのタイムラグが長いからです。
FM2,FE2,FM3AでMD-15が使えたら、もっと速くなっていたかも知れません。
また、レリーズショックもいくらか軽くなっていたはずです。
いずれにせよ、何とも惜しい話だと思います。

> 最近モノクロームを再開したい欲求が募り、
御意にございます。
私ものんびりと白黒写真を楽しみたいですね。
返信 56 れんずまにあ  投稿日 2014/09/05(金) 12:18:43  削除
副長様、大変高密度の情報ですので,大切に保存させて頂きます。
まったく誤認識していたことも多く、ためになりました。
F4より新しいAF機を持たないため、殆ど認識していませんでした。

FAは瞬間絞り込み測光ですが、明らかにシャッターのタイムラグがFGやミノルタXDより短く、
流石はニコンの作り込みが感じられます。
電源供給がMD15から出来ますので電池切れの心配も無く、モードラ併用するならFE/FMよりFAと
思っています。(何故FM3AでMD15を採用しなかったか、事情もあるけど勿体なく感じました)
ただし導入の契機となったメディカル120絞り制御計画は、お話を伺うと難しそうな雰囲気で、
大人しくフラッシュ電源の確保に努めた方が良さそうです。

最近モノクロームを再開したい欲求が募り、ニコンのフィルムカメラは、AFも含めそちらを念頭に
機材をつまみ食いしています。
同時に、FXデジタルカメラをいつ導入しても楽しめるよう留意していますが、こちらのボディ購入
はまだまだ踏ん切りがつきません。
返信 55 スポック  投稿日 2014/09/04(木) 12:31:43  削除
余談ながら

Gレンズでは、絞り込みレバーの正規化も放棄されてしまい、
電気接点の無いボディに装着して使用することは、事実上できなくなりました。
絞り環がありませんから、マニュアル露出調節は不可能ですし、
シャッター速度優先AEもプログラムAEも実質的に拒否されてしまいます。
1959年のニコンFマウント誕生以来、頑なに守り続けてきた上位互換性が、
Gレンズの登場を以って完全に断たれてしまいました。
私にとっては、フィルムカメラの整理統合よりも衝撃的でした。
(マスコミは「ニコンがフィルムカメラから撤退」と騒ぎましたが。)

Eレンズに至っては、電磁絞りによって絞り込みレバーも無くなりました。
完全電子化の完成で、ここまで来れば、むしろすっきりします。
近い将来、AF-Eニッコールが幅を効かせてラインナップが充実してくれば、
普及機は機械的な絞り込みレバーを省略して、電気連動オンリーになるでしょう。
私の個人的な思いとして、進化の方向としては正しいと考えています。
互換性を引きずるがために背負っていたコスト面でのハンディも解消されますから、
キヤノンに遅れをとることもいくらか少なくなるかも知れません。
各社のマウントの完全電子化が完了したら、
マウントアダプタにおける電気信号の変換もできるようになるかも知れません。
レンズ専業メーカーのレンズも後部を交換することによって、
各社のボディに完全対応できるようになるでしょう。
このように完全電子化は輝かしい未来を提供してくれるでしょうけど、
きっと私のような旧人類はついて行けなくなるのでしょうね。
それでも、私はやっぱりピントリングや絞り環を手で回せるレンズが好きです。
返信 54 スポック  投稿日 2014/09/04(木) 12:30:24  削除
釈迦に説法(神様に講釈)ですが、

ではAi-SとAiは何が違うかと言えば、
Ai-S(AFとAF-Dを含む)ニッコールでは、
絞り込みレバーの位置と実絞り値が正規化されていて、
レバーの位置がここならF2.8, ここならF5.6という具合に決められています。
それより以前のニッコールにおいては、
絞り込みレバーは「絞る」⇔「開放」のどちらかであることが前提で、
絞り込みレバーを途中で止めることは考慮されていません。
ただし、絞り込みレバーの位置で絞り値を制御をするというのは乱暴な話で、
当然ながら、あまり高い精度は期待できません。ですから、
ニコンFAのシャッター速度優先AEでは瞬間絞り込み測光を併用しており、
シャッター速度が設定値から多少は加減されてしまいます。
(シャッター速度→絞り値を決定→そこまで絞る→測光→シャッター速度補正)
原理的にはAi-Sニッコールでなくてもシャッター速度優先AEは実現できるのですが、
瞬間絞り込み測光によって加減されるシャッター速度が大きくなり、
もはや「シャッター速度優先」とは言えなくなるので使えなくしています。
ニコンFGではAi以降のレンズでプログラムAEが使えますが、
Ai-Sニッコール以外だと、実際に切れるシャッター速度は表示値とずれます。
それは、瞬間絞り込み測光による補正が掛かるせいなので、露出は適正になります。

AFニッコール以降では電気信号で交信しながら絞りを制御しているので、
精度はぐっと高くなりました。瞬間絞り込み測光で補正する必要も無くなりました。
また、絞り込みレバーの位置を機械的に正確に制御するというのは大変なので、
ニコンのAF機ではこれを省略しており、電気接点の無い従来レンズを装着すると、
シャッター速度優先AEや、プログラムAEを選択できないようにしています。
ニコンF4においては、Ai以降のニッコールを装着すると、
マルチパターン測光できますが、これは6時あたりの爪を読み取っているからです。
(ニコンF4のマウント側から下の方を観察してください。その機構があるはずです。)
ニコンF5においては、これも省略されてしまいました。
返信 53 スポック  投稿日 2014/09/04(木) 12:29:24  削除
れんずの神様

> AiからAiSになった時、
> 開放絞り絶対値を伝達する削り込みがマウント面に出現したと思いましたが、
いや、あの凹みは、Ai-Sか?それ以外か?を識別するためのものです。

開放F値伝達爪はAiニッコールから付いています。
Ai改造したレンズには取り付けられていません。
レンズをボディに装着したとき、およそ6時前後の角度に来る位置に、
レバーのような形状の爪(ただし固定されている)が出ているはずです。
これが、開放F値とおよその焦点距離を示しています。
望遠系レンズでは、レバーのような形状ではなく、台のような形状です。

ニコンEMには専用スピードライトSB-Eが用意されていました。
もちろん自動調光になっているのですが、
フィルム感度や絞り値をスピードライト側でセットする必要が無いのです。
多くの人がTTLダイレクト測光だと思っているようですが、
意外なことにSB-Eは外部測光です。そのためには、
絞りの絶対値を知る必要があるのですが、ニコンEMはAi機です。
どうしているかと言えば、さきほどの爪の位置を読み取って開放F値を知り、
それと相対絞り値(Ai)から絶対絞り値を割り出しているのです。
返信 52 れんずまにあ  投稿日 2014/09/04(木) 00:22:42  削除
ふくちょうさま、毎度の素朴な疑問に全力でお答え頂き恐縮でございます。

なるほど、Sは超音波なのですか。わかりました。当座購入予定ではありませんので調べていませんでした。
最近のニッコールで欲しいのはVR70-200/4でしょうか。評判良いですね。
でも70-180マイクロと用途かぶりますので出会いが無い限り手を出さないでしょう。

テレコンバーターとボディとの情報交換についても、Ai前からひもといて頂き大変有り難い所です。
そうですか、保証出来ない組み合わせは、特にデジカメでは怖いですね。
安いフィルムAFが突然死しても泣けば終わりですが、昨今のデジボディなら泣いても済まされません。
改造品を付けた事をSSで白状したら、修理料金も違ってきそうです。

勿論当家にはそのようなデジは存在しませんので大丈夫。

AiからAiSになった時、開放絞り絶対値を伝達する削り込みがマウント面に出現したと思いましたが、
それを読めるAF機はF4まででしょうし。
Aiにあの削り込みを入れられたら、FAボディを騙せるのではないかと予てより想像しています。
f値変動のズームはどうしているのでしょうね。
後は最小絞りにした情報を伝達することの二点でフェイクが完成するかなと。
返信 51 スポック  投稿日 2014/09/02(火) 18:19:54  削除
つづきです。

ところで、AF-I(AF-S)テレコンのTC-14EやTC-20Eのシリーズには、
電気信号を伝達するための接点が設けられています。
普通に考えるとマスターレンズとボディを中継しているのでしょうけど、
私が想像するに単純に1対1で中継しているだけとは思えないのです。
機械的に連動しているときでさえ、あんな小細工をしていたのですから、
電気信号の伝達なら、レンズ側からの信号を変換するなど簡単にできるはずです。
このとき、TC-20EにMFレンズを取り付けると、MFレンズには接点がありませんから、
レンズ側からテレコンに入ってくる電気信号は何も無いことになります。
ニコンの大半のAFボディは、MFレンズが装着されることを想定していますから、
どれだけの機能が働くかは別にして、一応は撮影できることになっています。
しかし、AF-Iテレコンにおいては、AF-I(AF-S)ニッコール以外は装着されない
(装着できない)ことになっていますから、MFレンズの装着は想定外になります。
このとき、テレコンがボディ側に異常信号を発しないという保証はありません。
仮に異常信号が発せられてもMFボディならば受け取りませんから問題はありません。
しかし、AFボディなら、異常信号を受けてどう振る舞うかを予想できないのです。
ですから、MFレンズ→AF-Iテレコン→AFボディは止めた方がいいと思うのです。

余談ながら、MFボディに取り付けると、電源が供給されませんから、
異常信号を含む、あらゆる信号が発せられることはあり得ません。
返信 50 スポック  投稿日 2014/09/02(火) 18:19:26  削除
れんずの神様

> 実はAF-SとAF-Iの区別も付いておりません。
AF-IニッコールはAF駆動用モーターをレンズに内臓したAFニッコールです。
そういう意味では、超音波モーターを内臓したニッコールもAF-Iニッコールなのですが、
超音波モーターを内臓したものについては、AF-Sニッコールという名称になっています。
AF-IニッコールもAF-SニッコールもボディとのI/Fは同じです。

>> MFレンズ→TC-20E→AFボディは止めた方がいいと思います。
> ふむふむ、何故かは知らねど若干の自由度が狭まるのですね。
すみません。これは次のような「私の推測」によるものです。

ニコンがMFの時代は、ボディとレンズの間に電気信号のやり取りはありませんでした。
最初の頃は、自動絞りの駆動レバーと、絞りの絶対値を機械的に伝達していました。
AIニッコールになると、絞りの開放からの相対値が伝達されるようになりました。
それとともに、開放F値と大まかな焦点距離も伝達されるようになりました。
後者については、AI改造された従来レンズには追加されていません。
ニコンFAやニコンF4で、AIニッコールならマルチパターン測光ができて、
AI改造ニッコールならできないのは、そのような理由によるものです。
さて、AF化以前でもプログラムAEが備えられたカメラが発売されていました。
それらのボディにAI以降のニッコールを装着してプログラムAEにすると、
望遠レンズならば、シャッター速度が高速側にシフトするようになっています。
そして、テレコンを挟むと、マスターレンズの焦点距離が何であっても、
やはりシャッター速度が高速側にシフトするようになっているのです。
つまり、テレコンが「望遠レンズが装着されている」と言い換えているのです。
まぁ、現実的な問題としては、あながち間違った対応とは言えませんけどね。
返信 49 れんずまにあ  投稿日 2014/08/30(土) 19:35:37  削除
副長様毎度のご教授ありがとうございます、とても面白いです。

>newの方がちょっと少ないですが大差はありません。
なるほど、丁度境目のレンズなのですね。
当時はAi改造されたレンズも多かったでしょうから、現存するNewは更に少ないと想像します。

>ニコンのTC-14EとTC-20Eは「AF-Iニッコール専用」ということで、
実はAF-SとAF-Iの区別も付いておりません。最近のカタログちゃんと読めば良いのですが、
それらに縁が無いのでついつい飛ばしてしまいまして。あいすみません。

>MFレンズ→TC-20E→AFボディは止めた方がいいと思います。
ふむふむ、何故かは知らねど若干の自由度が狭まるのですね。
将来的にD800系は欲しい(あては無し)とは思っていますので、心しておきます。

取り敢えず当家で絞りリングのないNikkorは35/1.4だけ、デジタルニコンは常に後回し
なのであります。
当家にはF401Xがありますれば。
返信 48 スポック  投稿日 2014/08/30(土) 12:40:05  削除
れんずの神様

>> ウチにあるのはAi改のnewNikkorですが、
> new板とはさらにレアではありませんか。
newNIKKORの生産本数とAiNIKKORの生産本数を比べると、
newの方がちょっと少ないですが大差はありません。
どちらも千本未満です。

> 昔の機材について副長様の知識の足下にも及びませんが、
> 最近の機材にはさらに無知なので
いえいえ、私が知っているのはニコンの一部機種だけです。
レンズの知識に関しては、無知蒙昧のいいところです。

> TC-20Eには思いも浮かびませんでした。
ニコンのTC-14EとTC-20Eは「AF-Iニッコール専用」ということで、
AF-IニッコールとAF-Sニッコール以外は取り付けできません。
これはレンズ側のマウント爪の一部に欠け取りがあり、
テレコン側のマウントにはその部分に突起があって、
それ以前のレンズの取り付けを拒む仕組みになっているからです。

ニコンサービスの人が言うには、
マスターレンズにはクォリティの高いレンズが望ましいので、
AF-Sニッコールだけが取り付けできるようにしている。とのことですが、
この説明はおそらく出まかせで、AF-IやAF-Sが出始めの頃はともかく、
現在のように猫も杓子もAF-Sになっている現状では説明になりません。
それに、その説明の通りだとすれば、
MF用のテレコンはどうしてくれるんだ?ということになってしまいます。
おそらく本当の理由は、AFカプラーを省略したからだと思います。
これが無いと、ボディモーターのAFレンズはAFが作動しません。
それを欠陥だと指摘されるのが嫌で、そんな制限を設けたのでしょう。
ともあれ、この突起を削り取ってやれば、AF-S以外のレンズも使えます。
電気系は一通り連動しますし、AIも連動しますから、MFレンズも使えます。
ただし、MFレンズ→TC-20E→AFボディは止めた方がいいと思います。
返信 47 れんずまにあ  投稿日 2014/08/27(水) 21:24:13  削除
副長様ご教授ありがとうございます。

>超色消しれんず。

なんと、それは存じませんでした。
スーパーアクロマートだったのですね。嬉しい話です。

そういえば、赤外指標がない。しかし最近赤外フィルムが非常に入手し難くなっていますね。
波長がそれほど長くない近赤外領域ならデジカメでも撮影可能ですが、ライブビューで撮影
するなら、赤外補正の必要がないので、折角のスーパーアクロマートの意味がありません。

ただし、Hasselblad用の250/5.6Superachromatの説明書を読むと、赤外撮影が簡便になる
ことも利点ですが、赤系の被写体や、赤フィルターを掛けた時のシャープネスが通常レンズ
より高いことが主目的だそうですから、モノクロで頑張ってみましょうか。

> ウチにあるのはAi改のnewNikkorですが、
> たしかに無限では装着できませんでした。

new板とはさらにレアではありませんか。
一度目撃したED400/5.6もnewだったと記憶していますが、誤りかもしれません。

>代替としてTC-20Eはイカがでしょう?
ちょっと加工が要りますが装着できましたよ。

昔の機材について副長様の知識の足下にも及びませんが、最近の機材にはさらに無知なので
TC-20Eには思いも浮かびませんでした。
返信 46 スポック  投稿日 2014/08/27(水) 12:37:08  削除
MATIA大元帥閣下
> ただ,縦位置で使うときに,引き出したレバーが邪魔である。という点だけは,ちょっと困る(^_^;
知人に目が左利きの人がいて、その人も「当たって困る」と言っていました。

れんずの神様
> しかし当家には直進のED300しかないのですよね...
でた!超色消しれんず。

> AiNikkorED300/4.5(IFの前の直進ヘリコイド)は、
> 無限遠では装着できず6mまで繰り出すと使用できるようになります。
ウチにあるのはAi改のnewNikkorですが、
たしかに無限では装着できませんでした。

代替としてTC-20Eはイカがでしょう?
ちょっと加工が要りますが装着できましたよ。

> 目下、直進繰り出しのED400/5.6を探していますが、こっちはどうなんだろう。
このレンズも生産数が少ないので貴重品扱いされますが、
300みたいに超色消しにはなっていません。赤外指標が付いています。
返信 45 MATIA  投稿日 2014/08/24(日) 23:58:57  削除
私も,FE以降の操作系のほうが合理的である,ということはわかります。
そして,そこには「慣れ」の問題が大きく影響することも,わかります。(私がさいしょにさわった一眼レフカメラは,ニコマートFTでした。)
ただ,縦位置で使うときに,引き出したレバーが邪魔である。という点だけは,ちょっと困る(^_^;

ともあれこの操作系の面から見れば,初代FMはまさにニコマート系から新系列への移行モデルである,ということが言えそうです。

返信 44 れんずまにあ  投稿日 2014/08/24(日) 23:09:09  削除
私も本格的一眼レフ初体験がFEでありましたゆえ、予備角引き出しスイッチは当然のごとく受け入れたのですが、
当時のカメラ毎日テストレポートには「欠陥」と糾弾されていました。
なかなか使い慣れた手順を変換するのは難しいものです。
最近はAFが普及しすぎて話題に上りませんが、レンズヘリコイド回転方向なんか今でも戸惑います。
前述の通り私はニコン育ちですが、最近はニコン以外の機材を使う事が多くてニコンを使うと戸惑いまくりです。

さて、TC-300ですが、最近不適合を見つけて認識を新たにしています。

AiNikkorED300/4.5(IFの前の直進ヘリコイド)は、無限遠では装着できず6mまで繰り出すと使用できるようになります。
ちょっとびっくりしました。6m以下では普通に使えます。
この後のIF版300/4.5はもとからサポートされていたはずです。
目下、直進繰り出しのED400/5.6を探していますが、こっちはどうなんだろう。

他社製なので文句を言える筋合いではありませんが、タムロンSP300/2.8は装着できませんでした。後少しの所で鏡胴の
狭い部分にあたって入りません。

代替としてケンコーPro300はTC-300に次ぐ、なかなかの性能なので、タムロンにはそっちをあてがう予定。
返信 43 スポック  投稿日 2014/08/24(日) 18:57:08  削除
私はニコンFEを手にしたとき、
予備角を引き出すと電源の入ってシャッターロックが解除されるのを知り、
「何て合理的な」と感心した憶えがあります。これこそが「シンプルニコン」だなと。
しかし、これは私にとって最初の一眼レフだったからそう感じたのであって、
慣れに勝る使い勝手など存在し得ない以上、後継機の操作が変更になれば、
「使い難くなった」と言われても仕方がないことだと思います。
返信 42 MATIA  投稿日 2014/08/24(日) 16:44:04  削除
そうそう,いまさらですが,Nikon FMとNikon New FM2とでは,その微妙な操作方法の違いが,けっこうな迷いにつながったりするのです。

http://diary.awane-photo.com/2014/140711.htm

返信 41 MATIA  投稿日 2014/07/24(木) 12:17:38  削除
最近,ひょんなことから,いちどは手放したMicroではないAi NIKKOR 200mm F4を再入手。

 http://diary.awane-photo.com/2014/140606.htm

いやあ,最短撮影距離にはすさまじいストレスを感じますが,それ以外は軽快で,ちょっと見直したり。。。。
返信 40 れんずまにあ  投稿日 2014/06/19(木) 18:01:27  削除
ということで水辺でF401X様にMicro200、TC-300の400/8仕様を使って蝶蜻蛉を撮影してきました。
縄張り争いに明け暮れる気性が荒い虫なのでなかなか一所に留まらず、寄るのも難しい為400mmでも
それほどクローズアップになりませんが、内焦方式は素晴らしく焦点合わせが早く、ストレスが少ない
です。
手ぶれ補正が付いていない機材でこれ以上焦点距離を伸ばしてf値を暗くするのは無謀かもしれませんが、
ED300/4.5+TC-300もいいかもしれません。
しかし当家には直進のED300しかないのですよね...
返信 39 まくろれんずまにあ  投稿日 2014/06/19(木) 17:51:55  削除
>たとえMFで使用するとしても、
>レンズ単体で等倍まで寄れるAFマイクロニッコール105mmf/2.8SあるいはDがいいです。

御意でございます。
ただ、AFマイクロ105は大層大きく、お借りした所フローティングがよく効いているのか画質は上々ですが、
ワーキングディスタンスがあまり遠くありません。繰り出す程に焦点距離が短縮されているのでは。
それでも、マイクロ70-180ほどではありませんけども。

ニコン設計の方と同席した際、AFVR105は球面収差ゼロで理論上回折限界の性能と誇っておられました。
その言葉には弱いですね。多分S,Dに手を出すより一足飛びにVRに行くであろう、と思っています。
勿論、MFカメラでの使用は諦めて。

私は105/4を気に入っています。プリミティブな構成ですが接写域でのコントラストが高く、エッジ
も立って、これぞマイクロという印象です。ワーキングディスタンスはこの焦点域でもっとも長いのでは。
解像力は多分55/3.5に劣るでしょうが、使用目的が異なりますので。
ただ、旅行にどれを持って行くか、となると、マイクロ105/2.8にしてしまうかもしれませんね(^^)
返信 38 まくろれんずまにあ  投稿日 2014/06/19(木) 17:38:32  削除
副長様、おでまし戴けて光栄です。
Micro55/2.8のS無しをお持ちなのですか!それって凄くありませんか?

>困ったような顔をして「普通に撮影する分には問題ありません」とのたまいます。
>それなら、近接補正機構など最初から要らないことになるのですが、

(笑)まことに困った事ですね...
私めの55/2.8購入動機は、引きが取れない条件(ガラスケースの中にカメラを入れる)で10-15cmの被写体を撮影することが中望遠マクロでは不可能なので、というもの。
等倍撮影を考慮していませんでしたが、その頃は100%ストロボ接写なので近距離ではf16くらいになり、中間リングと組んでも問題はなかったでしょう。
今思うと、55/3.5は1/2〜x1は27.5mmリング一個で事足りますが、55/2.8はレンズを最短に固定し、9,13,27.5のリングを
細かく使い分けて倍率を出す方が理にかなっていたような気がします。
ベローズ接写には近距離補正が邪魔ですが、高倍率なら最短に固定してしまうので問題になりません。
無限遠は、Ai50/1.4の同絞りと比較して同等か以下でしたが、色彩コントラストが良好なので一般撮影にも頻用しました。

というわけで、フローティングがない55/3.5も買ってしまったのは、55/2.8だけでは何となく不安だ、ということもありまして。
で、接写領域では55/3.5は素晴らしいレンズだ、ということであります。
返信 37 スポック  投稿日 2014/06/19(木) 12:39:56  削除
れんずの神様
> 正直、1/2〜等倍を頻用するなら、マイクロ105/2.8はあまり使いたくないです。
御意。たとえMFで使用するとしても、
レンズ単体で等倍まで寄れるAFマイクロニッコール105mmf/2.8SあるいはDがいいです。
返信 36 スポック  投稿日 2014/06/19(木) 12:34:16  削除
余談ながら、
先の55mmf/2.8が新発売されたとき、末尾に「S」は付いていませんでした。
私はファインダー確認用の絞り値の「32」が黄色に着色されていて、
マウント面に窪みが彫り込まれていたのを見つけて不審に思い、
サービスステーションで「これは何の意味があるのか?」と質問しました。
これに対して担当者は「何の意味もありません」と最後までシラを切り通しました。
後にAi-Sニッコールが発売されて、55mmf/2.8にも「S」が付いたのですが、
「距離環の回転角を小さくして素早くピント合わせができる」と公表されていて、
絞り込みレバーの変更点は、さらに2年後のFAの発売まで伏せられていました。
気がつかなかった私も愚かですが、メーカーの態度もちょっと悪質だと思いました。
返信 35 スポック  投稿日 2014/06/19(木) 12:33:44  削除
れんずの神様
> お持ちの方はよくお分かりの通り、
Aiマイクロニッコール55mmf/2.8が発売されたとき、
設計基準を無限遠に置き、近接撮影は近距離補正で対応していると発表されました。
それによって、一般撮影から近接撮影まで、幅広く良好な画質が得られるとしていました。
私はそれを歓迎して、新発売直後に購入しました。
そして、実際にレンズを手にしたときに、ふと疑問を感じました。
距離環には合焦距離とともに、撮影倍率が併記されているのですが、
PK-13リングを使用したときの撮影倍率も記されています。
レンズ単体では無限遠から1/2倍まで、
PK-13リングを併用して1/2倍から等倍までということになっているのですが、
レンズ単体でヘリコイドをいっぱいまで伸ばしたときの1/2倍と、
PK-13リングを併用してヘリコイドを縮めたときの1/2倍では条件が違うのではないか?
後者の場合は無限遠を前提にした収差補正がなされているはずなのです。
すぐにサービスステーションへ出向いてこの疑問をぶつけてみました。
最初に応対した人は、私が何の質問をしているのか意味が判らないようでした。
しばらく奥へ行ってから戻って来て「厳密に言えば画質が変わります」と答えました。
「『厳密に言えば』という程度の問題ですか?」と再度質問すると、
困ったような顔をして「普通に撮影する分には問題ありません」とのたまいます。
それなら、近接補正機構など最初から要らないことになるのですが、
これ以上突っ込んでも埒が明かないので、その件は引き下がりました。
後日、Aiマイクロニッコール105mmf/2.8Sが発売されたときも、
同じ問題があるのではないか?と思って距離環を見ると、
PN-11リングを使うときは、繰り出し量によって使用可能な絞りが記されていました。
返信 34 れんずまにあ  投稿日 2014/06/18(水) 21:39:15  削除
TC-300とMicronikkor200/4の相性は純正だけに素晴らしいですが、ケンコーPro300も肉薄する画質です。
MC7マクロテレプラスは、上2つと比べると、開放でちょぴり甘く周辺が崩れる傾向がありますが、比べなければ
酷く悪いわけではなく、1絞りするとぐっと締まります。ヘリコイドで繰り出すマクロ機構は、マスターレンズが
200mmではほとんど焼け石に水で有効ではありません。105mmや55mmだとかなり有効ですが。

TC-300はMicronikkor105/4にも使えるのは驚きました。マイクロ105/2.8はバックフォーカスが短いのでTC-300
を装着できません。
TC-300やケンコーpro300を使うと105/4は合成f値が8になり、画質は優秀です。105/2.8はpro300に付けると
f5.6になりますが、画質が甘く一絞りしたほうがシャープです。

Micro105とクローズアップレンズで等倍にする場合、f11に絞らないとシャープになりません。
中間リングのほうが高性能ですね.しかしマイクロ105/2.8はフローティング機構なので、中間リング併用では
繰り出しに応じて非常に複雑な絞り設定が指定されています。お持ちの方はよくお分かりの通り、繰り出しが
少ないほど絞り込まないといけません。最初逆じゃないのと思ったけど、よく考えるとその通りなんですね。
正直、1/2〜等倍を頻用するなら、マイクロ105/2.8はあまり使いたくないです。
返信 33 れんずまにあ  投稿日 2014/05/26(月) 23:07:14  削除
恒例テストを行う予定ですがワーキングディスタンスが長過ぎて毎度使っているコピースタンドが用無しです。
1:3では105mmでも伸び切っちゃいますので。
中型三脚でいけるかなあ。何か微動装置を用意せねば。それと鏡。
時間が取れる泊まりの日にじっくりやります。
最近デジ(NEX-5)が使えるんで何の作品にもならないテストが気兼ねなく出来ます。
かねてから興味があった、テレコンによる画質を比べてみよう。FマウントはTC200を昔手放しちゃったけど、
ケンコーマクロテレプラスMC7と、最近AF用Pro300ての2500円で買ってきたので、
本当にTC300がベストマッチなのか試します。
平行してF401X様で、普通の撮影も一応しまっせ。

誰の特にもなりませんが、まあレゴブロック組んでるのと似たような楽しみで...
返信 32 MATIA  投稿日 2014/05/23(金) 05:44:05  削除
なので、TC-300には手を出していないのです(((^_^;)

等倍撮影は、55/2.8や105/2.8でいいかな、と(((^_^;)
返信 31 れんずまにあ  投稿日 2014/05/22(木) 22:32:39  削除
ウチのも三脚座欠品っす。100ドル近く差があったんで。
でもTC300填めてみると、あったほうが良さそうですぅ
返信 30 MATIA  投稿日 2014/05/21(水) 06:42:45  削除
Aiマイクロ200/4、私もお気に入りです。♪
でも、三脚座が欠品なの…
返信 29 れんずまにあ  投稿日 2014/05/20(火) 15:29:29  削除
Aiマイクロニッコール200/4お輿入れ。程度は外観B、レンズはA、と思う。。
ついでにTC300も。やはりセットでないと。
F401Xにつけて散策中。凄く望遠。インナーフォーカス便利。
200mmマクロは被写体が生き物に有効なのを別のシステムで実感し、是非欲しかった。
TC300は他の望遠、超望遠でも活用できそうです。
返信 28 れんずまにあ  投稿日 2013/09/10(火) 20:48:28  削除
ふくちょう様
はい、紫外線(太陽直射)によって黄変が透明化する話題は以前から気になっていました。
しかし手持ちの眞っ黄色ペンタK35/2を1ヶ月窓際で晒してもほとんど改善しません。
何故か疑問に思っていましたら、どちらかのサイトで、レンズを分解して黄変したエレメント単独で
直射日光暴露を行うと透明になるが、組んだ状態では変化がないとレポートされていました。
確かに、光学ガラスは紫外線をほとんど透過しませんので、十分量が肝心のガラスに到達する前に
減衰してしまうのでしょう。
私はばらして組み直した時に元の性能が出せる自信がないので、黄色いままで仕方ないなと思っています。
色目を気にする時に使うレンズは他にしこたま持っていますので。
返信 27 スポック  投稿日 2013/09/08(日) 22:23:45  削除
れんずの神様

> 今となっては透明な方が良いに決まってます。
いやいや、今のとなっては、
ホワイトバランスの調整でどうにでもなりますから。

レンズの黄変は、強い紫外線を長時間当ててやると、
ほとんど透明になるらしいです。
透明になった後は、時間が経つとまた少しずつ黄変しますが、
そのとき紫外線を当ててやると、また透明になるそうです。

> 金属鏡胴マイクロニッコールは,
> 開放絞り以外で繰り出しに応じて絞りが開いていきますね。
> 露出倍数を補正するためかと思います。
はい、その通りです。

> 実はそれに惚れ込み、
> Ais55/2.8,New55/3.5を持っていながら3本目を求めました。
私も惚れたクチです。

でも、画質は55mm/2.8が一番好きです。
相当黒い黒でも潰れずに諧調を繊細に表現してくれるので、
蒸気機関車を撮るには最適です。

> 同じ事をコンタレックスもやっています。
> コンタレックスは外部露出計なので合理的です。
おぉ、さすがは大ツァイスですね。

ニコンもニコンメーターや初代フォトミックにおいて、
露出計(外光式)の完全連動を謳っていましたから、
このようなカラクリを考え出したのでしょう。

ところが、フォトミックT(TTL測光)になると、
このカラクリがかえって邪魔になりますので、
絞りの連動機構を持たないマイクロニッコールPオートを発売しました。

> 多分Ai機では絞り込み測光になるから、
> その場合も問題ないのではないでしょうか。
絞り込み測光なら、当然、何の問題もありません。
返信 26 れんずまにあ  投稿日 2013/09/08(日) 20:43:28  削除
ふくちょうさま。
ほとんどの場合AFを使いませんので気にしていませんでしたが、401では確かにレンズ内モーターには対応しておりませんね。
以前スピードライトコマンダーとマクロライトセットを入手していますので、それが使えるF100は最近1万円前後までこなれて食指が伸びそうです。
ただ、マクロは多数枚消費するのでD700の出物とどっちが良いか思案中。
差額で十分フィルムが買える、とも。

ニューニッコールで設計が変わったのですか。黄変硝材は、それなりに高屈折率なので色目以外は悪くないと認識しています。なので、性能を落とさずにホットグラスを排除するのは苦労したかなと。
でもふくちょう様の評価としてはAi良いのですから、今となっては透明な方が良いに決まってます。
私がこれ持っているのは激安だったのと、クラシック好きのシャレなので。

金属鏡胴マイクロニッコールは,開放絞り以外で繰り出しに応じて絞りが開いていきますね。露出倍数を補正するためかと思います。実はそれに惚れ込み、Ais55/2.8,New55/3.5を持っていながら3本目を求めました。
同じ事をコンタレックスもやっています。コンタレックスは外部露出計なので合理的です。
私はこの辺のニッコールで撮影する時はF2とか、F401などフルマニュアルで使いますので問題ありません。
爪連動の機種を持っていないのです。
多分Ai機では絞り込み測光になるから、その場合も問題ないのではないでしょうか。
返信 25 スポック  投稿日 2013/09/07(土) 21:53:27  削除
れんずの神様

> 同時代の金属鏡胴非Aiニッコール、28/2,55/3.5,105/2.5を使ってますが、
金属鏡筒の55/3.5をお使いなのですか?
面白いレンズではあるのですが、TTL機ではちょっと使い難いでしょう?
返信 24 スポック  投稿日 2013/09/07(土) 18:50:35  削除
れんずの神様

> 先日丁度欲しかったAFナノクリスタル35/1.4の出物が有ったので購入。
元の値段がアレですから、出物でも相当したのではないでしょうか?

> 拙宅でGレンズを絞り優先で使えるのは多分F401Xのみ。
Gレンズが使えるのは良いのですが、
AF-Sレンズ(AFモーター内臓レンズ)だとAFが効かないところが、
痛し痒しですね。

> 画質面でも、驚いた事に初代35/1.4もなかなかやるじゃないかと見直しました。
おぉ、そうだったんですか!
40年近く前のレンズなのに頑張りますね!

MFの35mm/1.4は、金属鏡筒からゴム巻き(ニューニッコール)になるときに、
光学設計の手直しが入り、黄色く変色しないガラス材に変更されました。
私はニューニッコールの次のバージョンであるAiニッコールの35mm/1.4を所持して、
結婚式お呼ばれ写真係を仰せつかったときの定番レンズとして使っていましたが、
画質で期待を裏切られたことはありませんでした。

最近の単焦点ニッコールは、
値段はともかく、やたらに大きいのが困りものです。
35mm/1.4を新旧で比較すると、たとえばフィルター口径が52mm→77mmです。
ズームレンズの画質が良くなった昨今、
単焦点レンズの画質が悪ければ話にならないという事情は判るのですが、
単焦点レンズを使いたければ、どうしても何本も携行せざるを得なくなるので、、
小型軽量化についても、もっと真面目に取り組んで欲しいと思います。
返信 23 れんずまにあ  投稿日 2013/08/25(日) 00:17:12  削除
ご無沙汰です。先日丁度欲しかったAFナノクリスタル35/1.4の出物が有ったので購入。
拙宅でGレンズを絞り優先で使えるのは多分F401Xのみ。ありがたく装着使用しました。
初級機にはヘビーなレンズですが、F401Xは大柄でバランスがとれます。
とてもよい使い心地でした。
さて、金属フォーカスリング、非Aiの35/1.4をこれまで使ってきましたので
開放絞りで同じ被写体を撮影してみました。
F401はAiカプラーがないためか、非Aiレンズでも問題なく装着出来、マニュアル露光なら
何のストレスもありません。
画質面でも、驚いた事に初代35/1.4もなかなかやるじゃないかと見直しました。
夜景で若干ふわっとフレアが掛かるのは時代を思わせますが、これとて球面ズミルックスを
もてはやす風潮では控え目でクラシックなよい雰囲気と言えます。
気軽に使える球面ニッコール35/1.4はまだまだ引退させられません。
同時代の金属鏡胴非Aiニッコール、28/2,55/3.5,105/2.5を使ってますが、
ニッコールらしさと洗練がうまく融合していて使って楽しいです。
返信 22 スポック  投稿日 2012/04/30(月) 12:31:22  削除
れんずの神様
> AFカメラでスクリーン精度を求めなくなったのは、
> 廉価版ズームがバリフォーカル化し、
> 焦点移動も機械補正しないため、
> 妙に開放で焦点合わせすると焦点外す可能性が出てくるし、
> 肉眼で外れてるのは見ていてキモチ悪い、てのがあるそうです。
なるほろ、それはそうなのかも知れませんね。

ところれ、
「焦点移動も機械補正しない」というのは、
最近はどうも、廉価版ズームに限ったことでは無いみたいですよ。
たとえば、AIズームニッコール80-200mmF4.5の前から覗きつつ、
ズームさせてみると、何群目かは知りませんが、内部のレンズが、
前に出たり後ろに引っ込んだり、複雑な動きをしているのが判ります。
それが、AI-AFズームニッコールED80-200mmF2.8Sを観察すると、
内部のレンズの動きが非常に単調になっています。
最近のレンズはやたらにEDガラスや非球面を多用していますが、
おそらく、機械補正をしなくて済むような設計をするためじゃないか?
と推察しています。もちろん、廉価版レンズとは次元の違う話ですが。
要するに、EDガラスや非球面を多用する方が安くなる???

余談ながら、
ニコンレンズシリーズE75-150mmF3.5というレンズがありました。
かなり小型軽量で、そこそこ明るいし、使いやすいレンズで、
しかも、光学特性が非常に優れた、知る人ぞ知る良レンズでした。
このレンズも、しっかりとS字カムを使って機械補正をしていました。
廉価版こそ優れた物にするというのがニコンの方針らしいのですが、
たいして安くない廉価版など、市場での存在意味が無いじゃないですか。
ニッコールとさほど値段が変わらないなら、何のためのシリーズEだったのか?
このあたりが、ニコンの商売下手なところだと思います。
キヤノンに負けるワケです。
返信 21 スポック  投稿日 2012/04/30(月) 12:31:01  削除
さらに調べて判ったことですが、
スプリットイメージはF4〜F5.6あたり、
マイクロプリズムはF5.6〜F8あたりの光を「素通し」で見ており、
球面収差の大きなレンズの場合では合焦位置がズレます。
球面収差の大きなレンズを開放で使う場合は、
マット面が最も鮮明に見えるように調節する方が確実です。
返信 20 スポック  投稿日 2012/04/30(月) 12:30:33  削除
以上のことを踏まえた上で、再度、ニコンサービスに乗り込みました。
そして「AI-EDニッコール180mmF2.8Sを開放で使う」ことを前提に、
前述の調整を依頼しました。前提条件を決めた理由は、
もし、正確に調整されたAFカメラに(狭義の)球面収差が無いレンズを装着したなら、
フィルムの最良像面の位置と、ファインダースクリーンが最も鮮明に見える位置と、
AFモジュールが認識する合焦は、すべて一致するはずだ。というものです。
このレンズを選んだ理由は、被写界深度が浅く、諸収差が非常に少ないこと、
そして、AF(AI=Pも)レンズで無ければ、レンズから読み出す情報は無いので、
AFモジュールが合焦位置の補正を掛けることも無いだろう、という判断です。

そのF5の調整が仕上がってから使ってみると、予想通りの結果になりました。
1.特性の良いレンズを装着すると(AFレンズでもMFレンズでも)
  スクリーンの鮮明さとインジケータの合焦表示は見事に一致します。
  そして、絞り値を変更しても、その状態はほとんど変わりません。
2.特性の宜しくないAFレンズを装着すると、
  スクリーンの鮮明さと合焦インジケータの合焦表示は、
  絞り値によって、一致したりしなかったりします。

結論としては、
正しく調整された個体で、AFモジュールにそこそこの精度があれば、
ファインダースクリーンよりもフォーカスインジケータの方がアテになる。
ただし、特性の良いレンズを開放近くで使う場合は、
スクリーンで合わせる方が精度が良い。ということです。
返信 19 スポック  投稿日 2012/04/30(月) 12:30:16  削除
幸運なことに、そのときの勤務先に元ミノルタ社員がいて、
しかも、その人はα7000のフォーカスモジュールを開発した人だったので、
ニコンサービスでの件を説明しました。すると、
「ニコンの人が言っていることは正しい」と答えて、
その理由を説明してくれました。そして、
「要するに、君の勉強不足だよ」と結論付けられました。

それで、AFの原理についてはその人に付きまとって教えを請い、
レンズの収差については、文献資料を徹底的に調べました。
判ったことは、
1.(狭義の)球面収差が零でない(ほとんどのレンズ)場合は、
  レンズの中心付近を通ってきた光の合焦位置(近軸焦点)と、
  レンズの外周部分を通ってきた光の合焦位置にはズレがある。
2.ファインダースクリーンが最も鮮明に見えるのは、
  絞り開放における最良像面に合致したときである。
3.AFモジュールは使用可能限界のF値に相当する光で測距する。
  (たとえばF5.6のレンズまで使用可能ならF5.6に絞ったときの最外周の光)
4.絞りによる焦点位置(最良像面)の移動は、
  データベースあるいは、レンズ内のROMから読み出して補正する。
返信 18 スポック  投稿日 2012/04/30(月) 12:29:19  削除
その後、F5を購入したときに、
ファインダースクリーンの合焦と、フォーカスエイドの合焦表示にずれがあったので、
また「有償で」厳密な調整をやってもらうことにしました。私の要望は、
1.ファインダースクリーンの合焦位置とフィルムの合焦位置を揃えて欲しい。
2.ファインダースクリーンの合焦位置とAFモジュールの認識を揃えて欲しい。
というものでした。もちろん、F2のときのことも説明しました。すると、
「『1』については、F2のときと同様の調整はできます。
 『2』については、合わせるべきレンズと絞り値を指定して下さい」
と言うのです。レンズと絞り値を指定???
「正しい合焦位置は、
 フィルム面とスクリーン面とAFモジュールが一致するべきでしょ?
 それを揃えてくれればいいんです。」
と食い下がったのですが、
「いや、レンズと絞り値を指定しないと厳密な調整はできません」
と押し戻されるのです。
私は納得できませんでしたが、いったんその場を引き取りました。 
返信 17 スポック  投稿日 2012/04/30(月) 12:28:15  削除
むかしむかし、
私が使っていたニコンF2が、何となく前ピン気味になっているような気がして、
サービスへ持ち込んで調べてもらったんですね。そうしたら、やはり、
「僅かにに前ピンですね」とな。
で、「良品として合格できる範囲内の誤差です」と。
しかし、前ピンであることが認識できているのなら、
ピタリの位置に合わせ込むこともできるはずだと食い下がると、
「不良品とは言えませんので」と、つれない返事。
わかりました。わかりました。ただでやれとは言いません。
「有償でいいから、焦点位置を測定限界まで追い込んで欲しい」
と頼み込むと、窓口のおねえさんが奥へ行って、しばらくして戻って来て、
「東京送りになりますので、一ヶ月ほどお時間をいただきますが」
と交渉が成立して、調整してもらうことになりました。

後日、仕上がりを受け取るときに、何を調整したのか尋ねると、
「フィルムレールを僅かに削りました」とのことでした。
前ピンを補正するのですから、たしかに理に適っているのですが、
もし、後ピンを補正するのなら、どうするつもりだったのでしょう?
調整後のF2は、開放から安心して使える個体になりました。
今でも、気持ちよく使えるカメラとして残しています。
返信 16 スポック  投稿日 2012/04/30(月) 12:27:40  削除
れんずの神様
> 私がスプリットを入れているのはRTで、先日導入した620にも入れようかと。
> まだ620-630と、EOS1シリーズだけは、一応TSレンズてのもラインにありますから、
> 精度を保っていると信じています。
たしかに「スクリーン交換可能」な機種であれば、
ファインダースクリーンでピント合わせを行うことも視野に入れているはずですから、
「まったくアテにならない」ということは無いはずですよね。
大変失礼しました。m(__)m
返信 15 れんずまにあ  投稿日 2012/04/29(日) 10:25:58  削除
ふくちょうさま、ご指導をありがとうございます。
そういえば、以前お聞きしたことがありましたね。
私がスプリットを入れているのはRTで、先日導入した620にも入れようかと。
まだ620-630と、EOS1シリーズだけは、一応TSレンズてのもラインにありますから、
精度を保っていると信じています。
EOSが精度管理を放棄したのはKissあたりからじゃないかなと思います。
10でマルチフォーカスポイントになり、この辺からも怪しいのではありますが、
一応10や5はスクリーン交換が出来るから、建前上は合致させてると思いたい。

AFカメラでスクリーン精度を求めなくなったのは、廉価版ズームがバリフォーカル化し、
焦点移動も機械補正しないため、妙に開放で焦点合わせすると焦点外す可能性が出てくる
し、肉眼で外れてるのは見ていてキモチ悪い、てのがあるそうです。

Kissクラス用スプリットてのもサードパーティで存在するそうですね。笑止ですが...
返信 14 スポック  投稿日 2012/04/29(日) 02:26:42  削除
れんずの神様
> 特にKiss系は単なる透視ファインダーに過ぎず、
> 焦点合わせは不可能といってよろしいでしょう。
> EOSは昔から中級機でも素通しで、
ピントの山が判り辛いファインダースクリーンも困りものなのですが、
私が問題視しているのはスクリーンの位置精度です。

一眼レフカメラの場合は、
マウント面から見た、ファインダースクリーンまでの距離と、
フィルム面(撮像素子面)までの距離が等しくなければ、
目視による焦点合わせが成立しません。

MF時代の一眼レフでは、きちんと焦点合わせをするには、
目視に頼るしかありませんから、廉価機でもそこそこの位置精度を確保していました。
ところが、AF化された一眼レフでは、フォーカスモジュールが合焦を検出しますから、
スクリーンの機械的位置精度など、本当にいい加減になってしまいました。
さらに、どうせピント合わせをしないのなら、(やっても無駄だし)
素通しスクリーンで十分じゃないか?と相成りました。(その方が明るいし)

ですから、
> アダプタを付ける予定のEOSにはスプリットイメージを入れています。
ピントの山が見え易いスクリーンに入れ替えても、
あまり、意味が無いように思います。

廉価版AF一眼レフのユーザーから、
「スクリーンが最も鮮明に見えるピント位置と、
 フォーカスエイドが示すピント位置がかなり違うのだが、
 どちらを信用すれば良いのか?」
という内容の質問が発せられることがよくあるのですが、
「機械より自分の目を信用しろ」
などと答えてあげるるのは間違いなのです。
廉価機はフォーカスモジュールの精度も良くありませんが、
スクリーンの精度は、それよりもアテになりません。
返信 13 れんずまにあ  投稿日 2012/04/22(日) 07:56:28  削除
ふくちょうさま、絞り操作マウントのご紹介ありがとうございます。
実はディスカバーフォト経由ではありませんが、持っています。
ただメディカル120に使うことはまったく思いつきませんでした。
試しに使ってみます。
実はEF-penFアダプタ二重重ねで、小型軽量のGズームをペンFで使う目的で所持しています。
フィルムで使う限り、廉価版の標準ズームでも異次元と言っていいほど高性能ですね。最近のズームは凄い。

昨今のAF初級機のファインダーの酷さはふくちょうさまのご指摘の通りであります。
特にKiss系は単なる透視ファインダーに過ぎず、焦点合わせは不可能といってよろしいでしょう。
EOSは昔から中級機でも素通しで、例えば昔EOS10にノクトニッコール58/1.2、135/2を付けて知人の結婚式撮影したことがありましたが、f1.2でも半身ポートレートで5m以上離れた背景がファインダー上くっきり見えるのに戦慄しました。少々ピントリングをずらしても睫毛の鮮明さがずれません。これを信じて撮影したら、全部ピンぼけです。静音だからEOS10を持参したのですが、失敗でした。F4でサイレントモードを使えば良かった。
その後、アダプタを付ける予定のEOSにはスプリットイメージを入れています。

マクロ撮影には自動絞りが圧倒的に便利なので、できるものなら自動絞り、瞬間絞り込みAEが実現できればいいなあと思っていますが、なかなか取りかかれません。
返信 12 スポック  投稿日 2012/04/21(土) 15:32:07  削除
れんずの神様
> メディカルニッコール120/4の絞り制御も出来るかもしれない。マニュアルですが。

↓こんな物を見つけました。

ディスカバーフォト ニコン(G)-キャノンEos電子アダプター(絞り開閉レバー付き) 
http://www.ne.jp/asahi/discoverphoto/co/dpc/Foradapter/forNikonEosad.htm

本来は絞り環の無いGレンズを使うためのアダプタですが、
もちろん、メディカルニッコールにも使えます。(使えるはずです。)

老婆心ながら追記させていただくと、
もし、EOSボディをお求めになられるなら、
たとえ古くとも、上級機を選ばれることを強くお勧めします。
もし、廉価機を選ばれた場合は、
スクリーンのボケ具合を見ながらピントを合わせようなど思わず、
フォーカスエイドに頼ることを強くお勧めいたします。
そのためにも、マウントアダプタは電気接点の付いた物がお勧めです。

C社に限りませんが、廉価版AF機のファインダースクリーンは、
「構図が見えればそれで良い」程度の精度でしかありません。
ファインダースクリーンでピント合わせを行わないことが前提なら、
フィルムカメラでも電亀でも、ファインダーの機械的精度は要求されず、
AFモジュールの調節は自動化できるので、大幅なコストダウンを実現できます。
MF時代よりAF化された方が一眼レフの値段が下がったのは、そういう理由です。
そのあたりの「割り切り」が特に強烈なのがC社で、鱚がその典型です。
返信 11 MATIA  投稿日 2012/03/06(火) 21:02:14  削除
れんず神様,レポートありがとうございます。

F-401XのAF合焦速度等については,意識したことがなかったですね。
こんど,確かめてみようと思います。

F-401シリーズは,フラッシュ内蔵ながら単3乾電池4本駆動というところが魅力的ではあるのですが,いかんせん重い・・・・(^^;
返信 10 れんずまにあ  投稿日 2012/03/05(月) 18:37:44  削除
皆様方、誠に申し訳ございません。わたくしはF-401X様を侮っておりました。
初期AFカメラの認識の基で、MFレンズを付けることばかり考えておりましたが、
先日非常に有り難い価格のAFDC135/2Sを確保し戯れにF-401Xに装着してみると
目を見張るような機敏な合焦を見せてくれました。
これは当家のニコンAFカメラの中でも最速の部類です。(F-501,F4s,F-801s,F-401X)
特にF4よりも迅速確実なのは驚きで、さすがはF-401兄弟の末弟だけありまする。
中央一点、クロスでもないセンサーは、マシンのCPUが拙くともきびきび動作するのです。
拙宅にはマルチフォーカスポイントのニコンAF機は無いのであります。
(F100がそろそろ1万円台なのでちょっとぐらっと来るのではありますが)
そしTTLフラッシュ内蔵のニコンもF-401X一台のみ。
俄然、活躍の場が広がったのであります。
内蔵フラッシュとは関係ありませんが、2000円のSB-21(マクロフラッシュ)との組み合わせも
良好で、非常にコストパフォーマンスのよいニコン生活を送れそうであります。
返信 9 スポック  投稿日 2011/11/08(火) 00:49:11  削除
れんずの神様
> Gレンズでは絞りのボディ制御ができるということなら、
> このレバーを中途で止める制御機構があるはずなのですが、
> 開放絞り値情報がない(あるいは最小絞り固定情報がない)状況では
> ボディ側は絞り込みレバーのストローク制御をしないのでしょう
私が知っている情報では、

FA等におけるAi-Sレンズの絞り制御では、
機械的に止める位置が決まっていて、
(たとえばF5.6なら真ん中、F8なら真ん中から少し行き過ぎたところ・・・)
その止め位置は、ボディ側だけでストローク制御をするのですが、

電気接点を持つレンズにおける絞り制御では、
現在どこまで絞られたかを、レンズからボディにリアルタイムで伝えて、
ボディは、そのフィードバック情報に基づいてレバーを止める。

と聞いております。
返信 8 れんずまにあ  投稿日 2011/11/07(月) 23:52:39  削除
事後報告。
F-401Xにメディカルニッコール120/4をつけてみたところ、
ボディの絞りダイヤルにはレンズ側が対応せず、ダイヤル位置如何に関わらず
絞り込みレバーは常時フルレングスで作動していることが判明

Gレンズでは絞りのボディ制御ができるということなら、このレバーを中途で止める
制御機構があるはずなのですが、

開放絞り値情報がない(あるいは最小絞り固定情報がない)状況では
ボディ側は絞り込みレバーのストローク制御をしないのでしょう

非ROMなので当然AEはシャッター、絞り、Pとも作動せず、シャッター切れません。

メディカルニッコールは周知の通りフラッシュマチックで距離に応じて絞りが決定され
最短1:1ではf32に絞られます。自然光では暗すぎるので事実上フラッシュ専用に。

これを絞り込みレバー制御で自然光下でも使えるようにしようと目論見中
AiS相当のマウントに換装してFAをだまくらかす計画なのですが、

やっぱしD700かD3の超高感度に頼るしかないのかなあ....
返信 7 スポック  投稿日 2011/11/07(月) 23:22:05  削除
↓あれ? 投稿者名が化けた。
返信 6 ツスツポツッツク  投稿日 2011/11/07(月) 23:20:23  削除
れんずの神様
> 時に写真会館近傍のホテルへは昨日今日とおいでになれましたか。
土曜日の朝一に入りました。
いえ、気合いを入れたのはなく、午後から出勤でしたので。
私が買えそうなもので、欲しいものはありませんでした。

> よく考えると、メディカルニッコール120/4の絞り制御も出来るかもしれない。
残念ながら、これはちょっと無理っぽいです。

> また0.8野口様で大切にF501を救助しております。
> AF用としては出動機会に乏しいですが。
私は「小型軽量な自動巻き機」として買いました。
(その当時、私はAFレンズを一本も持っていませんでした。)
それなら、F-301でも良さそうなのものですが、
ファインダースクリーンを交換できる点を高く評価しました。
私が最も多用するのが「J」(マイクロプリズム)次が「B」(全面マット)
F-501AFには、その両方が用意されていました。
それに対してF-301は「K」(スプリット+マイクロプリズム)でした。
また、AFに備えて、単三ホルダーが標準装備であったことも有難かったです。
AFを使わない限りは、非常に電池の持ちが良く、
バンバン使い倒していたのに、単三4本で、2年くらいは平気でした。

> 実際FM使ってみて、うーんあんまし低ショックかどうかわからない...経年変化だろうか...
FM系、FE系は、ニコンの一眼レフとしては、あまり低ショックではありません。
ニコマート系より少しましな程度です。
F2はシャッター音が甲高くはあるのですが、ショックはずっと少ないです。
F3は音がまろやかになり、ショックはさらに少なくなりました。
F4は賑やかな音を立てますが、ショックは最も少ないです。
F5は音が大きく、ショックもF4よりはずっと大きいです。
F6は音が少しまろやかになり、ショックも少し軽減されました。

ついでながら、
ファインダーが最も見やすいのは、圧倒的にF6で、
明るい上に、ピントの山が非常に判りやすいです。それに次ぐのがF4です。
F5もEC-B(液晶みたいなやつ)が無いスクリーンなら、さほど遜色はありません。
F3も決して悪くありません。F2に比べて、スクリーンに一日の長があります。
ハイアイポイントは倍率が低いので、少し割り引く必要があります。

> とまれ今後ともご鞭撻の程よろしくお願い致します。
れんずの神様お噂は、第2ビルのMカメラで伺って常々おります。
こちらこそ、よろしくお願い申し上げます。
返信 5 ツスツポツッツク  投稿日 2011/11/07(月) 23:19:57  削除
MATIA大元帥閣下

> 仰せのとおり,F-401系のユーザインタフェースには,大いに好感が持てます。
ダイヤルに刻印してあるのも嬉しいですね。
何の設定に使うのか?どちらの方向へ回すべきか?が一目瞭然です。
私は「ボタン+多目的ダイヤル+液晶表示」の操作系が大嫌いです。

> F-401系に不満があるとすれば,やはりその重さでしょうか。
私的には大きさですね。
サブで使うには、ちと大きい。
返信 4 れんずまにあ  投稿日 2011/11/07(月) 00:05:18  削除
ふくちょうさま、久方ぶりにお言葉頂戴できて幸甚でございまする。
時に写真会館近傍のホテルへは昨日今日とおいでになれましたか。私は無理でしたが。

さて401Xへの賛辞肝に銘じておきます。
なるほどGレンズでも自在に使えるのですね。
よく考えると、メディカルニッコール120/4の絞り制御も出来るかもしれない。マニュアルですが。

この辺りのエントリ機は整備して後輩に寄付することが多いのですが、適合するレンズ在庫がなく、幸いながら手元にまだあります。AF28-85/3.5-4.5はよく写るので、只で譲渡するの惜しくなってしまい。

また0.8野口様で大切にF501を救助しております。F3用のAF80/2.8や200/3.5もよく動いています。
これに関してはF4のほうが快適なので、AF用としては出動機会に乏しいですが。

ご指導通りAEならFE、FA,FG、FG20辺りを楽しんでいます。最近ネガが多いのでFMを6野口様で入れました。
FM2になりショックが増え巻き上げも重くなったように感じ、FMを探しましたが、実際FM使ってみて、うーんあんまし低ショックかどうかわからない...経年変化だろうか...

とまれ今後ともご鞭撻の程よろしくお願い致します。
返信 3 MATIA  投稿日 2011/11/06(日) 22:30:50  削除
副長さま,ごぶさたしております。

仰せのとおり,F-401系のユーザインタフェースには,大いに好感が持てます。
F-401系に不満があるとすれば,やはりその重さでしょうか。
あれで後継のエントリーモデルのように軽量なボディであれば,もっと高く評価されたのではないかと。
もっとも,あの重さは,頑丈なという雰囲気にもつながりますので,一概に悪とも言いがたいところですが。

返信 2 スポック  投稿日 2011/11/05(土) 22:43:34  削除
ご無沙汰いたしております。

F-401御兄弟様は究極の操作性を実現した一眼レフカメラです。
シャッター速度を先に決めて、絞りをカメラ任せにしたいときは、
シャッターダイヤルを任意に設定して、絞りダイヤルはオートに。
絞りを先に決めて、シャッター速度をカメラ任せにしたいときは、
絞りダイヤルを任意に設定して、シャッターダイヤルはオートに。
もちろん、シャッター速度も絞りも「良きに計らえ」とすることも、
両方とも撮影者の意思で任意に設定することも可能です。
撮影者の意図を直接ダイヤルに反映させれば良いだけのことです。
そして、それらの操作をするときに「モード切替」などという、
混乱の元になるよう設定は一切必要ありません。
シャッター速度優先オート、絞り優先オート、プログラムオート、
マニュアル露出、そんなことを意識する必要すら無いのです。

電気接点のあるニッコール様しか露出計が働かない難点はあるのですが、
その代わり、古いカメラであるにも関わらず、Gレンズも難無く使えます。
液晶板を使っていない(デートを除く)ので、劣化を心配する必要は無いし、
単三電池だけで動きますから、電池の入手も極めて容易です。
ニコン様御一族のローエンド機種なので、不当に低く評価されていますが、
私個人としては名機中の名機と断言できると思っています。
F-401御兄弟様の中ではダイヤルが剥き出しになっている末弟のX様が好きです。

レンズの神様
> というわけで絞り優先AEでAiニッコールを使う目論みは挫折。
Aiニッコール様を絞り優先AEで軽快にお使いになりたいなら、
EM様、FG様、FG20様がお勧めです。
自動巻きがご所望ならF-301様、F-501様がよろしいかと。
いずれも、福沢様や樋口様にお出ましいただく必要も無いです。

以前に書き込んだかも知れませんが、
小湊鉄道へ撮影に出かけて、帰りの気動車の車中で、
向かい側に座っていたねぇちゃんの首からぶら下がっていたのが、
Ai改造されたニッコールオート35mmを装着したEM様。
どうやら、撮影機材はそれで全ての様子。渋杉。
私のリュックの中にはF5様やらAF-Sズームニッコール様等がどっさり。
外に出ていなかったのが幸いだったのですが、
あまりの格好悪さに逃げ出したくなってしまいました。
返信 1 MATIA  投稿日 2011/05/23(月) 18:35:56  削除
いつも,貴重な文化財の保護活動に貢献いただき,厚く御礼申し上げます。

F-401X様は,仰せのとおり,マニュアル機としてもご活躍いただけるすばらしいカメラでありますが,少々重いのが難点かと。それでも,モードラつきのF2様にくらべればはるかに軽快ですよね。また,単3乾電池4本でフラッシュも使えるというのは,ほかにあまり例がないかと。

露出計が使えないのは残念ですが,フルマニュアルでなら使えるというのは,ありがたい仕様であります。それに対してペンタックスのMZ-60などは,Kマウントのレンズを装着できるものの,AF対応のレンズでなければまったく動作しないようになっているようです。せっかくレンズが装着できるのに,まったく動作しないのはもったいない,と考えたいところですが,そのカメラが初心者向けに企画されたものだと考えれば,オートが使えないレンズを誤って装着したときに,まったく動作しないことで撮影のミスを防ぐことができる,という面を重視したというのもうなずけるところ。

返信する

パスワード

一覧へ戻る】 ※最新の画面を表示するには再読み込みしてください.

以下は広告です。