中間リング (extension tube)

●この製品について

 マミヤプレス用の接写用中間リング。No.1〜No.5の,5つのリングを組みあわせて使うようになっている。すべて接続したとき,100mm F3.5レンズを使用すると,およそ等倍の撮影が可能である。
 中間リングを使うとき,ボディの構造上,画面がケラレることがある。これは,中間リングの取扱説明書にも「6×9判に接写する場合は,レンズの種類によっては,リングを数多く取り付けたときに,画面の四すみが多少ケラレることがあります。」と明記されている。6×7判による撮影時には,ケラレは生じないとされている。

 75mm F5.6レンズ,250mm F5レンズは,マウント部に小さなピンがねじ込まれているので,中間リングに取り付けができない。中間リングを使用する場合は,これを取り外す必要がある。私の場合,これを取り外しても,現在,とくに支障は感じていない(ただし,このピンをはずす場合は,各自の自己責任においておこなうこと)。

250mm F5レンズと,中間リングすべてをつけた状態。

●使用例

MAMIYA UNIVERSAL PRESS, MAMIYA-SEKOR 250mm F5, Extension Tube No.1+No.3+No.4+No.5+No.2, E100VS

 この中間リングを使用するときの露出表こちら

(by MATIA)


もどる